*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ52話のその後に>

もたもたしていたら「王と妃」のレンタルが始まってしまう!という
不順な動機により急ピッチであらすじ作成を急ぎ、
先ほど全52話分のアップを終えた「宮廷女官キム尚宮(西宮)」ですが、
おもしろくなかったわけではなく、けっこうおもしろかったです!
それから「女人天下」ファンの私としては、
いろんな役者さんの若かりし頃が見れるのもよかったです。
その他の時代劇でおなじみのあの方々の若いお姿もたっぷり拝見できました。

同じ時代を描いたドラマとしては「王の女」がありますが、
テレビドラマとしてのおもしろさや華やかさは断然「王の女」のほうが上。
ですが、「王の女」は謀反に至るまでの流れがいまひとつ詳しくなくて、
最後のほうであれよあれよという間に謀反になっちゃうんですよね。

その点、「宮廷女官キム尚宮」のほうは、
人々がどのような理由から光海君を下ろそうと思ったか、
どのような経緯があったのかなどがちゃんと描かれています。
同じキム・ジェヒョンさん演出の「女人天下」のような
側室同士の争いや度重なるトンチョカヨチュシオプソソ攻撃などの
楽しい盛り上がり感は欠けますが、
「王の女」より政治ドラマとしてはおもしろいと思いました。
でも最初のほうのケシの子供時代とか寺の生活とかはまったく不要で、
だんだんとおもしろくなっていくような気がします。

気になっていた“光海君とケシの関係”ですが、
たぶん「宮廷女官キム尚宮」では“なかった”設定なのではと。
理由としては色々あるのですが、最後にそう思ったのは、
「こんな夜更けに呼び出して何ですか?」とケシが聞くシーンがあり、
身体の関係があるならそんなこと聞かないよね?と思ったからです。

個人的に楽しみにしていたのが、(先に謝ります、下品ですみません・・・)
イ・イチョムが妙にあだっぽい妻の姪にいつ手を出すのかということでした。
だって妻も姪も、やけに現代風な大作りな色っぽいお顔で、
いつもその二人にイチョムが囲まれていて、
“きっとそのうち姪に手を出すんだわ、むふふー”と楽しみだったのです。
でも妻と姪は途中からまったく出演しなくなり、
私の下劣なお楽しみは露と消えました。

あと、重箱の隅的にチェックしていたのは、
シーンが変わってケシや大妃がアップで登場するときの
カメラワーク(というか編集かも?)。
だいたい画面左を向いていた顔を正面にふりながら
「なんですって!」的なシーンに入るのですが、
顔を正面に動かす前の左向きのときからしっかり写っていることが多いんです。
本来ドラマでは写らない(であろう)ポージングが
ばっちり!と写っているのですごーく不自然なんです。
皆さまも、機会があればチェックしてみてください♪
スポンサード リンク
<「王と妃」あらすじ、はじめます>  | HOME | <「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 52話(最終回)>

スポンサード リンク


キム尚宮あらすじお疲れ様でした!

馬の絵エピソードは「王の女」とだぶってたから、きっと有名な話なんですね…ウォンピョ、きっとそーくるよなーと思っていたらやっぱりのラストで、終わったなあ…と思ったのを覚えています。

大妃やケシのどアップ、違和感を感じ「なんか変~」と笑ってたんですが、態勢が変だったんですねえ。気になります(笑)ホン氏がチョンミョン姫の末裔というのも勉強になりました。

今更ながら、これ、原題の西宮=インモク王后が主人公で、キム尚宮は準主役かライバルにしても、キムヨンエ人気あての売り方は内容とあわないなあと思いました…ケシが主役でもいいけど、チャングムと重ねたタイトルやジャケットはどうかな(笑)

キムジェヒョン監督は寺での出会いがお好きなんでしょうか…女人天下でもナンジョン、お寺好きだったし。私も幼少期のお寺での出会いは不要でした。
[ 2010/07/28 17:15 ] [ 編集 ]
黄梅さま、いらっしゃいませ♪


> 馬の絵エピソードは「王の女」とだぶってたから、きっと有名な話なんですね…ウォンピョ、きっとそーくるよなーと思っていたらやっぱりのラストで、終わったなあ…と思ったのを覚えています。

馬の絵は、そうなんです!きっと有名なんでしょうね。
って、「王朝史」を読んだらどっかに書いているかも?しれませんね。


> 大妃やケシのどアップ、違和感を感じ「なんか変~」と笑ってたんですが、態勢が変だったんですねえ。気になります(笑)ホン氏がチョンミョン姫の末裔というのも勉強になりました。

そうなんです、態勢というかカメラのタイミングがとってもヘンなんです。
言葉で書くのは難しいのですが、ぜひ一度検証してみてください。


> 今更ながら、これ、原題の西宮=インモク王后が主人公で、キム尚宮は準主役かライバルにしても、キムヨンエ人気あての売り方は内容とあわないなあと思いました…ケシが主役でもいいけど、チャングムと重ねたタイトルやジャケットはどうかな(笑)

イ・ヨンエさんにとっては消したい過去作品かな?と・・・
[ 2011/01/31 02:59 ] [ 編集 ]
お邪魔します♪
キム尚宮・・前に鑑賞しました。このドラマもいろいろと突っ込みがありましたが楽しませてもらいました。
>でも最初のほうのケシの子供時代とか寺の生活とかはまったく不要で、
だんだんとおもしろくなっていくような気がします。
そうですよね・・子供時代は必要なかったのではとおもいます。 
ウォンピョ・・大人役よりもなんとなく子役の方がいいなぁ~と思っていましたが・・(はっきりいってこのドラマの子役たちの中で一番演技がさえているといいますか・・存在感あるなぁ~と思いました)
御存じでしたら・・この子役の子供・・なんと!!! 女人天下の仁宗王を初め史劇では大体出演されている あのチョン・テウさんでした♪ その事実を最近になって知りビックリしています。
王子役ばかりかと思っていましたが・・庶民の役もされていたのですね
本当にびっくりしました



 



[ 2012/03/24 22:51 ] [ 編集 ]
リンリンさま、こんにちはー!コメントありがとうございます。

> その事実を最近になって知りビックリしています。
王子役ばかりかと思っていましたが・・庶民の役もされていたのですね

たしかに、世子役か王様役の印象が強いので
庶民役のこのドラマは貴重かもしれません!

もう一度ウォンピョの画像が見たいーーと思って検索したのですが
子役のお写真は見つからず、ざんねん・・・
[ 2013/02/02 02:11 ] [ 編集 ]
キム尚宮役の子役昨年12月にガンで亡くなられたそうです。
『妖婦 張ヒビン』のイニョン王后の少女時代役は小さすぎて無理がありましたね。
『絆』というドラマでもイ·ヨンエさんの少女時代役を演じたそうです。
関係ないですけど『『王の顔』というドラマのキム尚宮女官上がりという設定を完全無視しています。
イ·ヨンエさんのキム尚宮の方がやはり魅力的。
[ 2017/05/15 21:47 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント