*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 38話>

第38話「ヨンチャン大君の危機」

医女を引き連れたウムドク(ケシ付き女官)は王命を盾に大妃殿へ入りました。
大妃(仁穆王后)が毅然と言い返すも、ケシは大妃殿の女官を兵士に痛めつけさせ、
なんと死に至らしめてしまい、これにはクァンヘ君(光海君)も王妃ユ氏も引きまくり。
ついに大妃は王命を受けに行くために自分から大妃殿を出ますが、
ケシの命令を受けた女官たちがすかさず大妃と大君を力づくで引き離しました。
どこまでも意地悪そうな目でニヤリと大妃を見つめるケシがコワいです。

ヨンチャン大君(永昌大君)と仲のよかった皇太子が王妃ユ氏に泣きつくと、
謀反に関わったとされた以上罪人だから関わってはだめと言い聞かせられます。

町では大君や大妃まで狙うクァンヘ君に反感を持つ者が目立ち始めていますが、
後にインジョ(仁祖)を擁立したイ・グィはホ・ギュンを理想主義だと評し、
手を組むつもりはないようです。(ホン・ギルトンという判書の庶子が義賊になり
理想国をつくる小説『稗官小品』を書いたのがホ・ギュンだそうです)

先王ソンジョ(宣祖)の側室インビン(仁嬪)は大君の悲劇を涙で受け止め、
自分たちが“王気説”の噂の的になっていると知るとおののき、
息子チャンウォン君(定遠君)と孫ヤンヌン君(綾陽君)=後の仁祖の身を案じます。

息子を奪われた大妃の嘆きは深く、豆の粉を水で溶き1日に一度だけ飲んでいたと
『癸丑(ケチュク)日記』には記されているそうです。

追放を決めたとはいえ、異母弟ヨンチャン大君はまだ8歳。
江華での暮らしには特別に配慮せよとクァンヘ君が指示を下します。
宮殿を出されたヨンチャン大君は都の民家に置かれた後、江華に移されました。
スポンサード リンク
<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 39話>  | HOME | <「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 37話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント