*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 35話>

第35話「癸丑(ケチュク)年の悲劇」

「真の龍が目覚める前に偽の狐が先に泣く」というソ・ヤンガプの書を見せられ、
お前の母親を問いただそうか?と脅されたパク・ウンソがウソの自白をしました。
「大妃父キム・ジェナムに会いました!ヨンチャン大君の擁立も考えました!」

北方のヌルハチと明のはざまでただでさえ悩んでいたクァンヘ君(光海君)に
大妃の親族が関わる謀反事件はさらなる苦しみを与えることになりました。
冷静な大臣らの提案ですぐには処分を下さず一応は取調べをすることになり、
すぐに始末しちゃいたいイ・イチョムが頬をピクピクさせてます。
キム家の執事ファンさんがハクチョンという占い師を訪ねていたと知ったケシは、
謀反決行の日を占ってもらった(ことにする)のですよ!とイ・イチョムを誘導。
(本当は、先王ソンジョの墓参りの日を聞きに行っただけなのですが)
やがて提出されたキム・ジェナム弾劾の上訴に過去の罪が含まれていたため、
クァンヘ君はこれ幸いと謀反ではなく官職の罷免でコトを済ませようとします。

義禁府に移されたパク・ウンソは自白を翻して罪を否定しはじめますが、
頑として罪を認めなかったソ・ヤンガプが母を目の前に連れてこられて陥落。
自白のついでに、クァンヘ君を「父や兄を殺した極悪人」と罵って怒らせます。
光海5年(1613年)に起きたこの「癸丑禍獄(ケチュクファオク)」は、
半分が事実で半分が仕組まれた奇妙な事件だったということです。

そしてケシに関するナレーションも流れます。正史にはケシの記録はなく、
正祖までの歴史を記録した 『朝野輯要(チョヤチビョ)』に 記されているとか。
それによるとキム尚宮の姓はキム、名はケシ。王の寵愛を受けたが狡猾な性格で
ソンジョがヨンチャン大君を皇太子にしようとしたことをクァンヘ君に密告。
ケシのおかげで即位できたクァンヘ君は全てをケシに聞いて決めていたそうです。
スポンサード リンク
<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 36話>  | HOME | <「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 34話>

スポンサード リンク


こんにちは(^O^)

そういえば、ケシ、チャンヒビンやノクスやナンジョンと入れ替わりで朝鮮三大悪女に入ったりするのに、情報が各段に少ないですね~

インモク王后侍女(が書いたとされる)発丑日記には「金尚宮」で登場してたんですが…、宮廷文学は正史にカウントされないのかな?

疑問です!あと、ケシの表情筋はすごいですね。他の時代劇でも女優さんの「片眉あげ」演技が誉められてましたが、韓国芸能界では名誉なことなのかな(笑)韓国演歌のエンディング、好きですが、あまりの渋さに見終わるとクラクラしました。オープニングは雷だし…
[ 2010/07/25 07:54 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは~!

> そういえば、ケシ、チャンヒビンやノクスやナンジョンと入れ替わりで朝鮮三大悪女に入ったりするのに、情報が各段に少ないですね~

やはり尚宮だったからでしょうかね。
ナンジョンは一応トチョングァンの娘で
王妃弟の妻だったから記録もあるのでしょうね。


> 宮廷文学は正史にカウントされないのかな?

やはり実録というすごいものがありますからね~。
恵慶宮の書いたものは実際とは違うってなことも
何かで読んだことがあります。


> 疑問です!あと、ケシの表情筋はすごいですね。

そうなんですよ~~顔筋すごいです。
私も試しに片眉だけあげられるかやってみたのですが(アホです)
まったくもって無理でしたよ~~。
[ 2011/01/31 02:45 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント