*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 27話>

第27話「キム尚宮暗殺」

慶運宮(きょんうんぐん)と呼ばれる行宮の改築は財政的に厳しかったものの、
活気を取り戻すために敢行されます。これが後に「西宮」と呼ばれるそうです。
改修なんかよりも都近くに追放されたユ・ヨンギョンを始末すべき!と
苛立つイ・イチョムはケシに手紙を送りました。

宮殿では新王クァンヘ君(光海君)がケシを訪ねるかどうかで
女官が賭けをして遊んでいました(もうすでに二人はデキちゃったのか?)。
ヨンギョン始末とイチョム出世をケシが進言して以来二人はご無沙汰とか・・・

ケシは母に会うための外出許可を王妃ユ氏から得ると、まずはイチョム宅へ行き、
キム・ジェナム(大妃父)とヨンギョンが会う機会をつくれば弾劾できると提案。
その後、母カン氏と9年ぶりに再会し、亡き父の恨みを晴らすという約束を確かめ、
自分に好意があるウォンピョを遠くへやると話しました。
このとき気づいたのですが、ケシの地毛と付け毛の色が違いすぎて変です~

帰り道、ケシの乗った輿が府夫人(大妃母)の輿と道を争う事件が起きます。
私は王の聖恩を受けた!とケシが偉ぶってましたが、どっちの王のことでしょうね?
ソンジョ付きだったハム内官はケシの振る舞いに怒りまくり、ケシ殺害を決意。
しかしケシに反抗されて殺害に失敗すると、自害してしまいました。
事態を憂慮した領議政イ・ウォニクは辞任を申し出るも、クァンヘ君は強く慰留。
このままではハム内官以外の者に殺されてしまう!とケシがクァンヘ君に泣きつき、
ケシを失いたくないクァンヘ君はイチョムの再登用を決めました。

キム・ジェナムが危篤と聞いたユ・ヨンギョンとユ・グンが見舞いに行きます。
罠にかかりやがったな~イッヒッヒとイチョムがほくそ笑んでいますよ。
内侍になってケシのそばにいたいウォンピョは、イチョムに後ろ盾を依頼。
横たわったウォンピョの大事な部分に凶器が振り下ろされます・・・
(割った器を刀代わりにするなど、「王と私」とは演出がかなり違っていますよ)
スポンサード リンク
<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 28話>  | HOME | <「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 26話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント