*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「イ・サン(正祖)」あらすじ 46話>

イサン第46話「断罪の決意」

その夜、手薄になった警護を目にしたホン・グギョンが敵の狙いに気づきます。
同時にパク・テスも「塗装工が妙だった」とソン・ソンヨンから聞きました。
そして寝所では、死闘の末にイ・サン(正祖)が刺客を倒しちゃってます。
スゴいふれこみの刺客だったのに今回もたいしたことなかったですね・・・。
つづいて刺客とは別部隊(チョン・フギョム手下軍団)もいっせいに捕獲され、
黒幕である老論(ノロン)派の主要メンバーが次々に捕らえられ始めました。

チョン・フギョムは養母ファワン(和緩)翁主を清国に逃がそうとしますが、
「やさしい母にはなれなかったが、そなたは私の子だ。一緒に行くのだ」。
しかしイ・サンに逃亡先を推測された結果、揚花津の船着場で拘束されました。
命を賭けて戦うフギョム部下チョンホや、やがて観念する二人の姿が見ものです。

「これが権力を欲した者のなれの果てだ。そなたもやがてこうなるのだ・・・」。
義禁府にぶちこまれたチョン・フギョムが、やってきたホン・グギョンに警告。
私は手にした権力は手放したりしませんとグギョンが強く答えるのでした。

イ・サンはみずから取り調べにあたり、過去の罪をすべて明らかにすると宣言。
100人以上に厳しい拷問を容赦なく与え、次々と悪事を自白させていきます。
その中には恵慶宮(ヘギョングン)の叔父で刑曹判書のホン・イナンもいたので
恵慶宮の父ホン・ボンハンが娘に救命を頼んでいましたが恵慶宮は無言です。
“逆賊の首領”としてホン・グギョンに審問された貞純(チョンスン)大妃は、
王妃として過ごした華やかな日々を思い出した後、みずから命を絶ちました。
スポンサード リンク
<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 26話>  | HOME | <「イ・サン(正祖)」あらすじ 45話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント