*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「クィーンズ ―長安、後宮の乱―」あらすじ 33話(最終回)>

第33話「頂点の先に」 (最終回)

成帝は命をかけて私を愛した!あなたは夫の愛も息子の愛も得られなかった!
あなたは妖女の私より劣るのよ!と高笑いした後、趙合徳は身投げして自害。
姉の飛燕は黒幕である定陶王太后(傅瑤)に怒鳴り込んで小刀を振り上げ、
待機していた舎人によって追い出され、皇太后・王政君に悪事をぶちまけました。

傅瑤の想像を超える周到な策略に王政君は驚愕し、大司空・簫育に相談します。
簫育は定陶王(欣=傅瑤孫)を太子の座から廃位するために、
大司馬・王莽(王政君甥)と傅瑤側についている王根(王政君兄)と会合。
そんなことはお見通しの傅瑤は王莽と王根を誘拐して監禁しちゃいました。

太子の祖母として絶大な権力を握りつつある傅瑤を前に立場の危うい王政君場を
必死で守ろうとする簫育を見て、公孫夫人は彼の思慕と忠誠心を初めて知ります。
帝位奪取は自分一人が企てたことだと自首した簫育が投獄されると、
傅瑤は牢に行って抱きつき(白髪頭になっても愛憎はしつこいものなのですね)
今の私に足りないのは愛だけ・・・と愛を求めました。
そんな傅瑤を全く相手にせず、王政君のためなら死ねる・・・と言い返す簫育。
永遠に憎んでやる!とヒステリックに叫びながら傅瑤が出て行きます。
続いて王政君も牢にやってきて、簫育感動!お酒を酌み交わしながら
ずっと持っていた簪@鬼やらいの日のブツを取り出し、想いを告白するのでした。

処刑の日、黒幕(王政君)の自白を求め続ける傅瑤の前で、
臣下として男として責任をとる、どこかの腹黒い女とは違う・・・と簫育が断言。
思い出すたび吐き気がすると傅瑤を罵り、処刑台へと歩き、命を断たれます。
この刑場をみた大臣たちがどちらが悪かを悟ったことで(たぶん自分の身を案じて)、
傅瑤は王政君を皇太后の座から引き摺り下ろすことができなかったそうです。

いよいよ傅瑤の孫が哀帝に即位。満願叶った傅瑤に思わぬ発表がなされます。
先の帝(成帝)は世継ぎを決めた際に哀帝をわが子と認めていたので
祖母・傅瑤とは縁が切れることになるため領地に戻れというものでした。
大臣たちも口をそろえて傅瑤の出立を急かし始めます。
哀帝と傅瑤が反論しても、じゃあ皇帝にならずに二人で定陶に戻れと言われ、
傅瑤は憎まれ口を叩きながらしぶしぶ宮殿を後にしました。

この瞬間から王政君は権力をめざす非情な女となったそうで(今後への言い訳?)、
あっさりドラマが終わっちゃいました!!!びっくり!


―― 完 ――

※即位した哀帝(男色の噂あり)は王政君の一族を追放しますが数年で崩御。
次に即位したのは、王政君一族が擁立した幼い平帝@馮媛の孫でした。
※ところが王莽(王政君甥)が平帝を毒殺し、漢をほろぼし(前漢終了)、
みずからが王と名乗って「新」王朝を開きます。
※このとき王政君は玉璽を投げつけ王莽をさんざんに罵倒したそうです。

※登場人物の整理やつぶやきなどがあれば今後こちらで記事にしていきます。
スポンサード リンク
<「宮廷女官キム尚宮」あらすじ 14話>  | HOME | <「クィーンズ ―長安、後宮の乱―」あらすじ 32話>

スポンサード リンク


もう少し長いドラマかと…趙姉妹の抗争がメインなのでしょうか?台湾でなく本土ドラマなら検閲で削られまくったのでしょうか(*_*)
[ 2010/06/07 19:25 ] [ 編集 ]
黄梅さま、コメントありがとうございます。

> もう少し長いドラマかと…趙姉妹の抗争がメインなのでしょうか?台湾でなく本土ドラマなら検閲で削られまくったのでしょうか(*_*)

そうなんですよ。短いんです。
なのであらすじを書こうという気になったという
不純な理由もあったりするわけですが・・・。

メインは趙姉妹の抗争というよりはどちらかというと
王政君と側室たちの人生と彼女らによる世継ぎ抗争かなと思いました。
みんなが一人ずつ息子や孫を世継ぎにするので。
[ 2010/11/14 20:27 ] [ 編集 ]
メインはどう考えても、王政君と蕭育のロマンスですよ‼
美しく、ラストもよく纏まっていて、泣きました。
[ 2012/03/21 22:02 ] [ 編集 ]
Reissさま、はじめまして!コメントいただきありがとうございます。

そうなんですよね。
今思うと王政君のラブストーリーがよみがえるのですが
ひねくれーず道を邁進中の私には
陰謀や権力争いばかり頭に入ってきちゃうようです。

それにしてもこのドラマに登場した三人の血筋が
順番に後を継いだと思うとそれもおもしろいですよね。

またお気軽にいらしてくださいませ。お待ちしております!
[ 2012/03/23 20:11 ] [ 編集 ]
突然コメントしてすみません

今BSジャパンで、再放送されているんです
私は初見です。

なので、うめ子さんのブログ楽しく読まさせて頂いています

>>成帝は命をかけて私を愛した!あなたは夫の愛も息子の愛も得られなかった!
あなたは妖女の私より劣るのよ!と高笑いした後、趙合徳は身投げして自害。

合徳は誰に向かって言ったんですか?
最終回まで待てなくて、思わず聞いちゃいました(笑)
[ 2013/02/01 13:01 ] [ 編集 ]
えみんこさま、はじめまして。コメントありがとうございます。

あらすじがわかりにくくて申し訳ありません。
合徳の暴言は王政君に向かって、です。

読み返してみたら主語が抜けていますね・・・
ちょっと前に視聴したドラマなので記憶が定かではないのですが
前話のおわりの言い争いの続きなのかもしれません。

このドラマ、おもしろいですよね♪
ぜひ最終回までお楽しみくださいませ。
[ 2013/02/02 01:56 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント