*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「クィーンズ ―長安、後宮の乱―」あらすじ 32話>

第32話「生きる意義」

成帝に剣を向けた班恬をなだめ、息子の罪を母として謝る王政君。
興奮した班恬が振り上げた剣を素手で止め、私を殺しなさいと静かに話します。
しかし班恬は王政君と成帝の目の前で命を絶ちました・・・。

時は過ぎ・・・世継ぎのない成帝の後を継ぐ太子を選ぶことになりました。
候補は、定陶の定陶王(劉欣=傅瑤孫)と中山王(劉興=馮媛息子)の二人。
傅瑤は久しぶりに会った馮媛を思いっきりガン無視して対抗心をあらわにします。
成帝は亡き異母弟・康にそっくりの賢い定陶王に心を惹かれたもよう。
中山王は純朴で大らか、悪くいえばちょっと鈍そうに育っています。
皇帝の愛を競った傅瑤と馮媛は、すっかり白髪まじりの老婆に変貌。
欲深だのなんだのと相変わらず憎まれ口を叩きながらごはんを食べてまーす。

傅瑤は太子選びについて重臣たちに手をまわし味方につける一方、
いまだ成帝の寵愛を集め続ける合徳にも“花を添えろ”とプチヘルプを命令。
もちろん皇太后・王政君は馮媛の息子を太子の座につけたがっており、
趙姉妹も傅瑤が送り込んだのだと成帝に打ち明けて納得させます。
ところが傅瑤にとりこまれ済みの重臣たち(簫育のぞく)が口々に反対。
さらに合徳も、成帝の母への対抗心を煽りながら、傅瑤の恩を訴え、
傅瑤の息子が即位すれば自分が庇護を受け続けられるらと説得しました。
こうして成帝は定陶王を跡継ぎに選び、その判断に王政君はショックを受けます。

成帝は怪しげなお薬を飲んで合徳との夜を楽しんでいるもよう・・・♪
10粒のめばもっと楽しめるかしら?という合徳の言葉にのせられた成帝は、
一瓶ぜんぶ飲んでハッスルした後で意識不明に陥っちゃいました。
目覚めた成帝は、康との仲を引き裂いたのに大切にしなかったと飛燕に詫び、
生まれ変わってもそなたと会いたいと合徳に愛の言葉をかけます。
冷たい態度の王政君には、合徳のことを頼むと、厳しかった母にちょい恨み言。
最期に王政君の腕に抱かれた成帝は、反抗ばかりしてきたことを謝り、
許娥と班恬にひどいことをしたと悔やみながら亡くなりました。

成帝が崩御してすぐに、解光という官吏が王政君に趙姉妹の悪事を上奏しました。
許娥と班恬の謀殺から皇子殺害までごっそり訴えられたというのに、
真の敵は定陶王太后で解光も定陶王太后の駒にすぎない・・・と冷静な合徳。
上奏は事実だけど姉は無関係!!愚かな姉など足手まとい!!
妃になったのに寵愛を得られなければ意味がない!と王政君の前で高笑いします。
スポンサード リンク
<「クィーンズ ―長安、後宮の乱―」あらすじ 33話(最終回)>  | HOME | <「クィーンズ ―長安、後宮の乱―」あらすじ 31話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント