*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 51話>

王妃チャン氏(=オクチョン)は淑媛ユ氏の豪華な部屋を見てヨロヨロと倒れました。
その後、部屋をメチャクチャにぶっ壊してユ氏と尚宮をボコボコにしたようで、
おわたりしてそれを見た粛宗が内殿へすっとんでいくと、
オクチョンは世子・(ユン)とほのぼの団欒中。その手前、強く出れません。
高慢な側室を王妃の威厳で懲らしめましたわオホホ~と悪びれないオクチョンに、
ワナワナと怒りをたぎらせる粛宗でした。

粛宗はここのところ側室を立て続けに迎えており、
王妃が嫉妬深いと噂が広まったことや世子の将来が心配だと東平君が話します。
しかし、大丈夫大丈夫!と気楽な御営大将チャン・ヒジェ(オクチョン兄)。
(今回ヒジェの側妻スクジョンが初登場でーす)
流刑中のチョ・サソクはそんな噂を知りなにやら深く考え込んでいるよう。
そんな折、廃妃のことを描いたのでは?という話題の本をオ尚宮が手に入れます。
その廃妃ミン氏は身体が弱っているのに湯薬も拒み、ひどい暮らしぶりで、
内侍に様子を探らせた粛宗が報告を聞いて胸を痛めています。

そして、寵愛薄れる一方で荒れまくりのオクチョンが、例の本を手にしました。
町では“菜の花とセリ”の歌が流行っていると聞き、不安に駆られています。
側室ユ氏とカン尚宮もそのベストセラー「謝氏南征記」に夢中で、粛宗もゲット。
子供のいないユ・ハンリムという翰林学士が正室サ氏のすすめでキョ氏を迎え
息子を産んだキョ氏に陥れられるという物語を読んだ粛宗は、お忍びで出かけます。
スポンサード リンク
<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 52話>  | HOME | <「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 50話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント