*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 48話>

チョ・サソクを懐柔しようとする禧嬪(=オクチョン)に、
殿下と禧嬪様と元子様のために王妃昇進を阻止しますとサソクがきっぱり。
廃妃ミン氏は何の害もない陰のような人だったのに追放したのが間違いでした、
口実ができた老論派は党をあげて追放しようとするでしょう、墓穴を掘ったのです、
廃妃が追い出された日に大王大妃の意図がわかりました、
王妃の座を狙うのは欲が過ぎます、元子を思うなら復位させるべきです・・・と
切々と述べるサソクを前に、オクチョンはずした簪をで耳をほじくり、大あくび。
領議政経験者しかなれない領中枢府事の位を与えて追い返しました。

さて、廃妃したことを宗廟と孝思殿に報告する行事がとりおこなわれますが、
その王命を書くのを拒否した知製教カン・ヒョンが罷免されたそうです。
廃妃となったミン氏(仁顕王后)は、罪人の身だからと家族の面会も拒否。
遠い伯父宅から運ばれてきていた食事を食材で届けさせる気遣いをし、
チェオクという8歳になる姪をそばにおいて本を読み聞かせたりしています

で、また唐突に雷・・・と思ったら、パク・テボシリーズ最終回?です。
跡継ぎは甥の中から選んでください、葬式は質素に・・・と父に頼み、
あの一晩限りの若い女・ホン氏を思い出すと、廃妃の夢の中に現れた後、ご臨終。
パク・セダンの息子であるパク・テボは粛宗3年に分科に合格し、
典籍や礼曹佐郎を経て弘文館応教に任じられました。
清く正しく追従しない性格のため妬む人もいましたが、王の寵愛を受けており、
吏曹佐郎となり暗行御史として湖南を巡回して悪習を摘発し、
民からは真の御史だと称えられていたとか。
しかし廃妃反対の上奏で珍島に流刑される途中に果川で死去。36歳でした。
彼の死を後悔した粛宗は吏曹判書に任じ、死六臣のそばに埋めさせたそうです。

粛宗が禁婚令を出して揀擇(かんてく)で王妃を選ぶと言い出し、焦るオクチョン。
その新王妃は31歳の子持ちだと言われ、冗談だとわかり粛宗に抱きつきます。
女官時代の無欲なオクチョンのことをいまだに評価している粛宗は、
オクチョンの曾祖父や父にも官位を与えると約束しました。

廃妃を別宮に住まわせては?と領議政クォン・デウンが上奏。
怒った粛宗は大臣を招集し、オクチョンを王妃に任命したいと告げます。
大王大妃(荘烈王后)の喪明けまで待つべきですと提言するチョ・サソク。
サソクがオクチョンの味方と思っている粛宗は、一理あるかなと納得しかけ、
あれほど脅したのに!サソクめ~!とオクチョンがワナワナ震えるのでした。
スポンサード リンク
<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 49話>  | HOME | <「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 47話>

スポンサード リンク


パクさんそんな偉人?だったんですね。粛宗に30年仕えるキム尚宮に、悪巧みがすごいチョン尚宮、世子付きになったハン尚宮(そしてオクチョンに微妙な目(笑))、尚宮がなかなか楽しみ…でありますが、簪で耳掻きのオクチョン下品すぎます(-_-#)ちょっとびっくりしました。

廃妃ユン氏ごっこといい悪のりが過ぎますね。でも粛宗の気の変わりやすさを心配するのが哀れ。

イニョンワンフは…水はあげようよ!無茶しすぎだよ!とひきました。はじめタイトルに「妖婦」としたのは先発日本デビューのキムへス版と区別の為かと思いましたが、なんだか意図せずともしなくても根性悪い感じが(-_-#)妖婦って感じです。
[ 2010/05/21 20:34 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは!

> パクさんそんな偉人?だったんですね。

そうなんですよー。なんだかよくわからないパクテポシリーズでしたけど
歴史を知るうえではちょっぴり役立ちましたね。

その一方で簪で耳掻きとか廃妃ユン氏ごっことか
なんだかもうメロドラマ丸出しのくだらなさで、そこがまたお茶目です(爆
[ 2010/08/18 23:36 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント