*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 37話>

司憲府持平のイ・イクスは学友パク・テボに、上奏文を見せて意見を聞きました。
宣祖時代に輿で入宮した乳母の輿を燃やしたことはあるが母親にはやりすぎかも?
とパク・テボ。それが正しいことでも王妃様に害が及ぶのが心配だと話します。

30歳で初産のオクチョンは難産で、命が危ぶまれる状態でした。
これまでの悔しさや輿から引きずり出された辱めを耳元で話すオクチョン母。
オクチョンは朦朧とした意識の中で数々の恥辱を思い出し、見事に復活♪
めでたく王子(後の景宗)を産み落とし、粛宗は涙を浮かべて歓喜すると、
産室庁の前に用意された鐘を叩き鳴らして王子の誕生をしらしめました。

王妃(仁顕王后)は王室の慶事を大王大妃(荘烈王后)の祭壇に静かに報告し、
貴人(キイン)キム氏とともに粛宗に祝いの挨拶に行きました。
(ユン)と名づけた王子の誕生を粛宗は手放しで喜びつつ、王妃の対応に感謝。
キム氏は「ケッ」という態度で、就善堂(チソンダン)にお祝いも伝えません。
聖人な王妃は、これまでのふるまいにオクチョンへの嫉妬もあったことを反省し、
オクチョン母の輿事件を丸く治めるよう実家の母親に依頼。
王子の処遇は粛宗の判断に従うから党争をしないでほしいとも話しました。

しか~し、チャン・ヒジェ(オクチョン兄)に輿事件を許すつもりはありません。
引きずり出された母は全身あざだらけで、投獄された輿担ぎにも会えないと憤慨。
敵は墓穴を掘ったのだ・・・と左議政チョ・サソクと東平君が諌めます。
西人派の領袖ソン・シヨルも王妃の希望を承諾してはくれず、
オクチョンの息子を元子とは認めない!と強固な意志を伝えてきました。

イ・イクスが提出した上奏文を読んだ後、粛宗は就善堂へ向かっていました。
輿事件を知ったオクチョンは、粛宗が到着した瞬間、赤子を放り投げちゃいます。
スポンサード リンク
<「クィーンズ ―長安、後宮の乱―」あらすじ 19話>  | HOME | <「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 36話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント