*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 31話>

ミン・ジヌ(王妃兄)が高潔な人柄で知られるパク・テボ(罷免中)を訪問。
ミン・ユジュン(王妃父)&ジョンジュン(王妃叔父)は辞表を粛宗に突き返され、
そんな西人派の動きを南人派の左議政チョ・サソクが見つめています。

オクチョン、王妃(仁顕王后)、貴人キム氏、大王大妃(荘烈王后)らは、
オクチョンの子が男か女かを占い師にみてもらいまくり。
きっと都中の占い師がウハウハ好景気状態だったのでしょうね♪
いてもたってもいられない王妃とキム氏は、調子はどう?胎夢は?と探りを入れ、
初めての懐妊なのでよくわかりませーーん♪♪とオクチョンが煙に巻きます。
品行正しい王妃は、みっともない行動をした・・・と後で反省していました。

オクチョンが王子を産んでも世子にならないよう西人派が画策をすすめる中、
大提学キム・マンジュン(故仁敬王后叔父)が上奏を提出。
チョ・サソク家の針子をしていたオクチョン母がサソクの情人だと批判しました。
マンジュンは「九雲夢」などの作家としても有名で外戚のうえ高位な官職にあり、
その彼による上奏は大きな問題となったそうです。
生まれてくる息子に刃を向けた!と憤りつつも、その噂に弱りまくる粛宗。
王室の威厳に傷がついてはならない・・・と大王大妃はサソクの罷免を提案し、
30歳のオクチョンが懐妊したのだから王妃だって大丈夫と説得します。

悩みぬいた粛宗がチソンダンにいくと、胎教にはげむオクチョンがいました。
夫を亡くした女が針子をして必死に働いたのを非難するなんて!と涙ぐみ、
サソクが吏曹判書になったときでなく私が懐妊した途端噂が出たのは変!と
わりとまともな主張をして粛宗をハッとさせました。
キム・マンジュンは罷免&宣川に流刑され、人々に大きな衝撃を与えます。

ある日、まだ子のいないキム・テボに、若くて金持ちで美人の未亡人を側室に♪
という話が舞い込み、テボの正妻がそれを聞いてしまいました。
スポンサード リンク
<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 32話>  | HOME | <「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 30話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント