*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「クィーンズ ―長安、後宮の乱―」あらすじ 14話>

第14話「骨肉の争い」

傅瑤は、嫌がる兄(傅子元)を淮南(わいなん)の郡守にして都を離れさせます。
そして皇女・平都公主を出産。元帝は見舞いにも来ません。

獣苑の熊事件以来、元帝の寵愛を一身に集める馮媛には髪飾りがたまりまくり。
昭儀に昇進し、父・馮奉世も右将軍・光禄勲に、長兄・野王も左馮翊になります。

皇太子・驁(王政君息子)は勉強をするようになり、暗誦も上達♪
元帝は太傅(簫育)に感謝を示しつつ、折り合いの悪い父との仲を尋ねます。

傅瑤の兄が、妹のそばにいるためにとブツを切って宦官になっちゃいました。
傅瑤は泣いて責め、裏庭の管理を命じ、殿に入れず自分のそばに近づけません。
それでも雷が鳴る夜、怖がる傅瑤のそばに駆けつけ、そっと抱きしめる兄でした。
ところで傅瑤は簫育を失ったのが悔しくてたまらないらしく、漪蘭殿へ呼びつけます。
簫育は傅瑤の兄が宦官になったのに気づいてびっくらこいてます。
愛を打ち明けても拒絶して去って行く簫育に愛憎入り混じる思いの傅瑤でした。

元帝は、朝廷に復帰した簫望之(簫育父・元帝の昔の太傅)を招いてパーティー♪
厳格一筋の簫望之は料理(何かの丸焼き)に箸がないのに怒って出て行きました。
これを題材に元帝は皇太子に臣下の扱い方を教えつつ、
簫望之を位は高いけれど権力のない関内侯に昇進させることにしました。
そこへ、簫望之を嫌う石顕が投獄を提言。元帝はこれを受け入れ投獄を命じます。
その極秘の令を公孫夫人から聞いた王政君は、承明殿にいる簫育にしらせます。
スポンサード リンク
<王の女な雑談 まとめ>  | HOME | <「クィーンズ ―長安、後宮の乱―」あらすじ 13話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント