*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「クィーンズ ―長安、後宮の乱―」あらすじ 13話>

第13話「母親として」

諍い続ける母親たちと違って皇子は大変仲がよろしいようで、
皇太子・驁(王政君息子)の模写を康(傅瑤息子)が手伝っています。
そんなことは王政君はお見通しで、自分で模写してないでしょ!と叱責。
皇太子は甘い傅瑤と手作り饅頭に手なずけられ、漪蘭殿へ逃げ込んで反抗します。
そしていたずら好きで、承明殿で勉強を始めてから3人の太傅を辞めさせたそう。
で、退職した太傅に変わって新しく赴任してきたのが、簫育でした。
飴と鞭を上手に使い分けて皇子たちを勉強させています。

簫育は傅瑤に、董美人は28歳の花盛りで夏の牡丹とは比べ物にならないとチクリ。
かつての親しい関係が嘘のような冷たい振る舞いで去り、傅瑤がムカついてます。

墓参りを終えて椒房庵(皇后)のもとへ帰ろうとする元帝。
傅瑤お付きの瓊(けい)が手紙を差し出して漪蘭殿に行きますが、
董美人が病気と知ると傅瑤の引き止めも空しく飛翔殿へ飛んで行きました。
しかしその短い逢瀬で傅瑤は幸運にも身ごもっちゃってます。

獣たちのショーが開かれます。(元帝の横に董美人が座るのは変ですよね?)
元帝と董美人お気に入りの熊(傅瑤が薬を飲ませ済み)が突然暴れ出し、
その場は騒然。簫育は王政君と皇太子の手を引いてすぐに逃げ出させ、
馮媛だけが元帝をかばって身を投げ出しました。
私が身重でなければあなたに代わって陛下を助けたのに!と白々しい傅瑤。
彼女の計画とは結果が違っていたようで、ヒスを起こした末に寝込みますが、
もう元帝はお見舞いには来てくれないのでした。
スポンサード リンク
<「クィーンズ ―長安、後宮の乱―」あらすじ 14話>  | HOME | <「クィーンズ ―長安、後宮の乱―」あらすじ 12話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント