*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 14話>

宮中で女官を見かけてはオクチョンを思い出し、手を出しまくる粛宗。
大妃(明聖王后)はいい子ちゃんな王妃(仁顕王后)に大満足しつつも、
(「仁敬王后とは違う!」と言ってましたけど・・・じゃあ仁敬王后の立場は?)
早く大人の女に育って(粛宗とラブラブになって)ほしいと思っています。
私も昔は王の女遊びに苦労させられ嫉妬したと大妃が話していますが、
側室はいなかったのだからまだマシですよね~
女遊びをするのは王妃が幼いからではなくオクチョンを忘れられないからだと
そんな大妃に清城府院君キム・ソクジュ兵判(大妃従兄)が忠告。
オクチョンが自殺を図り口をきけなくなったことを教えました。

実はオクチョンは話せないふりをしているだけでした。
中国の殷の紂王の側室・妲己(だっき)が王の不在中に濡れ衣の罪で捕まり
化けギツネに殺されたという昔話を思い出しながら、
昔のチャン・オクチョンは死んだ、化けギツネが憑依して生まれ変わった、
戦うためには手段をいとわない・・・!と心の中で熱く誓っています。

粛宗にお手つきされて女官から昇進したクォン尚宮とチェ尚宮が王妃を訪問。
虫けら扱いして追い返そうとするオ尚宮を王妃が止め、
一晩かぎりの寵愛で宮殿内での立場に困っている彼女らに助けを差し伸べます。
そして、オ尚宮の態度は主である私の失態・・・と自分で自分をお仕置き♪
こうして宮中での尊敬は集める王妃ですが、粛宗の夜のおわたりはなく、
領中枢府事ソン・シヨル、光城府院君キム・マンギ、左議政ミン・ジョンジュンが、
女遊びと王妃へのおわたりについて粛宗に諫言。
さらに大妃からも同じ話をされてムカつきまくった粛宗は、
靴が惜しくて素足で歩く者がいる!私も王妃を大切にしている!と屁理屈をこね、
これは嫉妬した王妃の差し金に違いない!と中宮殿へ乗り込みます。

いきなりやってきて大声で叱責する粛宗に王妃はただ謝るだけ。
粛宗は「内訓」を投げつけて去って行きました。ちょっとかわいそうです~
でも粛宗も反省しているようで、大王大妃(荘烈王后)に愚痴りに行きました。
そこでオクチョンの自殺未遂を聞いた粛宗は、東平君宅へすっとんでいきます。
やっと再会(といってもひと月ぶり)した二人は手を取り合って涙を流し、
今晩はここで一晩中淑媛をなぐさめる!と粛宗が強い口調で尚膳に断言しました。
スポンサード リンク
<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 15話>  | HOME | <「クィーンズ ―長安、後宮の乱―」あらすじ 8話>

スポンサード リンク


ここでの大妃はとことん意地悪バアサンでしたね(-_-#)うめ子さまがキムへス版を評して「根っからの悪人は出てこない」(明聖が死ぬ間際の莊烈の姿をみて)とおっしゃっていたのを思い出します。妖婦版は戯画的というか、わかりやすい(笑)

仁敬なんて若くして亡くなったばかりなのに、ひどい!と私も思いました。それと、一晩限りでもこのドラマでは尚書になれるんですね…いろいろケースがあるのかな…「王の女」ヤン尚書(女人天下オム尚書)は一回聖恩があったと言っていたから、もしかしてそれで早めに尚書になったのかな?なんて思い出しました!

とりあえずだっきなんてひいてきてテンションアップのオクチョンと、後で反省するものの女遊びで荒れるスクチョンがバ○ップルに見えてしまう…

帝王ならもっと別の荒れ方してほしい♪
[ 2010/04/28 23:13 ] [ 編集 ]
★黄梅さま

こんにちは~~!

> うめ子さまがキムへス版を評して「根っからの悪人は出てこない」(明聖が死ぬ間際の莊烈の姿をみて)とおっしゃっていたのを思い出します。

それは「女人天下」比だからというのもあるのですが(笑)
このドラマはおっしゃるとおり漫画チックかも~

一晩限りでも特別尚宮にはなれそうなイメージがありましたが
実際にはどうなのでしょうね。決まりがありそうですよね。
王子産んだら嬪だし(一般に)、女の子産んだら・・・とかありそうですし。


> とりあえずだっきなんてひいてきてテンションアップのオクチョンと、後で反省するものの女遊びで荒れるスクチョンがバ○ップルに見えてしまう…

妲己(だっき)はまた後からも出てきますよー
おかげでお勉強にはなりましたが。
[ 2010/05/29 01:38 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント