*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 11話>

年の離れた仁祖に愛されず子もできず実家も凋落した大王大妃(荘烈王后)と、
息子は王になるも若くして寡婦となり南人派に勢力を奪われた大妃(明聖王后)。
にこやかに向き合いながら、古だぬき!女狐!とお互い心の中で罵っています。

追放の際にオクチョンが乱暴に扱われたと知った粛宗は激怒。
その尚宮らを叱りに行こうとしていると、大王大妃の使いが止めます。
この件を荒立てては不孝になるし国の問題にもなるから我慢しなさい・・・と
大王大妃に言い聞かせられて粛宗は大妃への抗議を思いとどまりました。

罪人として実家に帰されたオクチョンは、病になって寝込んでしまい、
うなされながら殿下の名を呼び続けます。(一応、恋していたようです)
それを聞いた大妃は、同じ女として可哀想なことをした・・・とちょっぴり後悔。
南人派にスパイを忍ばせたからこれを機会に倒しましょう!と
キム・ソクジュ兵判(大妃従兄)が大妃の危機感を再び煽ります。

チョ・サソク参判(大王大妃従弟)は大王大妃の命令で
オクチョンを故・崇善君(東平君の父)の別宮に住まわせることにしました。
崇善君とは、仁祖の息子(=大王大妃の継子)で孝宗(粛宗祖父)の弟。
“万一宮殿に戻ったとき純潔にケチをつけられたら困る”との配慮からでした。

大王大妃は、粛宗とオクチョンの思い出の場所・翠寒亭で偶然を装って遭遇。
かつての景福宮の慶会楼から見えるチマ岩の昔話(中宗と廃妃シン氏)を教え、
粛宗の涙腺をくすぐり、オクチョンを呼び戻すという決意へ導きます。
大王大妃はチョン尚宮らにチャン淑媛(=オクチョン)の部屋を修理させ、
それを知った大妃はワナワナと震え、キム・ソクジュに相談。
ソクジュに言い含められた大妃はニッコニコ顔で粛宗のところへ行き、
淑媛の部屋を修理しているそうですね♪どんな側室を入れるのです?
まさか母が追放した側室を再入宮させるような親不孝はしないはず♪と迫り、
粛宗たじたじ・・・・でこの回が終わります。

ちなみに今回は東平君が初登場しています。(「大王世宗」のシム・オン役の方)
そして母親の崇善君夫人シン氏は、キム・ヘス版「張禧嬪」と同じ女優さん??
スポンサード リンク
<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 12話>  | HOME | <「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 10話>

スポンサード リンク


私も思いました!東平君初登場かあ~と思っていたら、シン氏が…あれっ?と。キャストクレジットを見ても同じ女優さんのようだし。

「宮殿に戻った時の純潔保証に」預けられる、のほうが現実 的そうですね。キムヘス版でも同じだったけど、あそこではその前に東平君邸前で座り込みをするなどドラマチックだったような(^O^)

ちなみに大妃さま、少し若いようにも感じます。スクチョンも若いので微妙なところですが。
[ 2010/04/25 18:32 ] [ 編集 ]
毎週BSで月~水の放映を楽しみに見ているのですが
GWで家族がいたため(!)3話分見逃しました(T_T)
それでこちらでしっかりあらすじを勉強しました(笑)
中殿様が亡くなってオクチョンが追放されていたとは…
また来週からの12話からしっかりついていきます!(笑)
[ 2010/05/06 09:58 ] [ 編集 ]
★黄梅さま

こんにちは!やっぱり崇善君夫人シン氏は同じ方なのですね。
あんなに制作年代が違うのに同じ人って・・・
どうでもいいキャスティングだったのがよくわかります(爆)


> 「宮殿に戻った時の純潔保証に」預けられる、のほうが現実 的そうですね。

わたしもそう思いました!
キムヘス版では、最初は東平君がオクチョンを愛人に誘ってましたよね。



★すうちゃんさま

こんにちは!いらっしゃいませ。
その後視聴のほうは順調でいらっしゃいますか~?
このあらすじだけだとドラマ本来のおもしろさは伝わりませんが、
今回のすうちゃんさんのケースのように
基本は視聴ベースで見逃したときなどに活用していただけると幸いです。
今後も見逃したときはぜひお使いくださいませ♪
[ 2010/05/29 01:16 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント