*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 7話>

南人派と西人派の政争は、王室の弔事の喪服論争に端を発していました。
このため、粛宗5年の頃は、礼論の上奏は厳禁とされていたそうです。

ホ・ギョン(ホ・ジョクの庶子)に辱めを受けたチャオク(ソ通訳官の妻)は
あの日以来実家で寝込み続け、ホ・ギョンはチャオクを側女にと望んでいました。
光城府院君キム・マンギ(王妃父)とキム・ソクジュ兵判(大王大妃従兄)は、
ソ・ヨナム(チャオクの舅)に暴行事件を告発するようすすめます。
しかし嫁をこれ以上傷つけたくないソ・ヨナムは事件を公にすることを拒みました。
50年前の丁卯胡乱で両班の子女が女真族に乱暴されたとき、
女を守れるのは国の過ちで女の罪ではないと仁祖大王も命じました・・・という
ソ・ヨナムの立派な主張の前に二人は何も言い返せません。

王妃(仁敬王后)が王室に伝わる産児浴(サナソク)にすがる一方、
チャン淑媛(=オクチョン)は民に伝わる俗説をかたっぱしから実行しまくり。
スプーンで片目を隠して太陽を見るオクチョンの姿は視力検査にしか見えません。
王妃がおまじないに励んでも粛宗がおわたりしていないと知った大妃は、
オクチョンが母を駕籠で入宮させていることを粛宗にチクります。
その現場をみた粛宗は、王の寵愛を笠に高慢に振舞うのか!とオクチョンを怒鳴り、
オヨヨ~とすがるオクチョンを振り切って大殿へ戻ります。
しかし粛宗は、妖艶(?)で愛しいオクチョンの姿を思い出しては後悔しまくり。
なのにオクチョンから詫びの連絡がまったくないことを怒って中宮殿へ行くと、
ちょうど王妃がおまじないから戻ったところで、粛宗を感動させました。

ヒジェ(オクチョン兄)はチャン・ヒョン(叔父)のもとで働いています。
ある日、ソ・ヨナムから事件にまつわる西人派の動きを打ち明けられたヒョンは、
すぐさまチョ・サソク参判(大王大妃従弟)に報告。
サソクは大王大妃(荘烈王后)とオクチョンにしらせに走りました。
スポンサード リンク
<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 8話>  | HOME | <「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじの合間に>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント