*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 1話>

オープニングシーンはお金がかかってなさそうで音楽もインパクトないです♪
ドラマの舞台は李氏朝鮮第19代国王・粛宗の時代。
ある女官が化粧の濃い大妃(明聖王后)に密告する場面から始まります。
サンオプという女官が男と通じています・・・と証拠の手紙を差し出され、
その相手が粛宗の叔父にあたる福昌(ポクチャン)君で
先王・孝宗の弟・麟坪(インビョン)大君の長男であると知った大妃はワナワナ。
しかも先王の見舞いや供養を利用して情交したと聞いて信じられないようすです。

その頃の朝廷は、大王大妃(荘烈王后=仁祖の継妃)が喪服を何年着るかなど、
おもに王室の弔事をめぐって南人派と西人派が論争を繰り広げていました。
西人派の領袖は士林の巨頭・宋時烈(ソン・シヨル)。
粛宗の外祖父(大妃の父)・清風府院君の金佑明(キム・ウミョン)は
もともと西人でしたが西人を牽制しつつ南人を助けていた立場。
ですが南人派が政権を握ると福昌君への警戒を強めていた矢先でした。
まだ子のいない粛宗に何かあれば王位が福昌君に移るからです。

大妃から手紙を見せて相談された父の府院君は処罰をすすめるも、
若き粛宗は叔父の処罰に消極的。それでも府院君は上奏してコトを荒立てます。

ここで女官オクチョンが登場します。彼女が主役ですが、全く妖婦に見えません!
実家の生活は苦しく、母は針子をしながら書生をしている兄の面倒をみています。
母を楽にしてやる日を夢見るオクチョンは休暇を利用して叔父に会いに行きました。
オクチョンの家門は、今は没落して叔父は通訳官になったそうです。
商売は繁盛しているようで、叔父は久々に会った姪の美貌に目をつけました。

王族と女官の禁断のカンケイが昼ドラ感あふれる展開で描かれます。
「ダメです!」「いけません!」→でもすぐにねんごろ→妊娠しちゃってさあ大変!
妊娠をしらせても福昌君は来てくれず、サンオプは堕胎しようと階段から転げ落ち、
それは尚宮の知るところとなり、朝廷でも公となり、王命を待つばかりとなりました。

女官一人に手を出して問題にされるなんて!と憤る大王大妃。
大王大妃と対立する大妃は、泣き落としで息子・粛宗を丸め込むつもりのようです。
スポンサード リンク
<「妖婦 張禧嬪(チャンヒビン)」あらすじ 2話>  | HOME | <「妖婦 張禧嬪(チャン・ヒビン)」あらすじ、はじめます>

スポンサード リンク


こんばんは!

私もオープニングは安いと(笑)あとは禁断ラブのテンションについてゆけず、オクチョン美貌か?とハテナがいっぱいでした…。
[ 2010/04/14 23:00 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは~

> 私もオープニングは安いと(笑)あとは禁断ラブのテンションについてゆけず、オクチョン美貌か?とハテナがいっぱいでした…。

いやはや、ほんとに・・・。
オクチョンも王妃もなんだか脇役っぽい容貌で驚きました。
この当時はこの方たちがイケてる女優さんだったのでしょうか。
全体的に進行もトロイ感じがしますね。
[ 2010/05/02 20:44 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント