*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 79話>

時は進んで世宗23年(1441年)、世宗は密かに文字創製に励んでいました。
明では東廠の長ワン・ジンが皇帝に「朝鮮に独自の暦がある」とチクり済み。
時計の技術の見返りに何を渡したんだ?とファン・チャンが拷問されており、
それを担当しているのはヘ・ス、その横には複雑な表情のプンゲがいます。

明の勅使が学士から宦官に変わり、ワン・ジンが皇帝の信頼を集めていました。
偵察が必要!と領中枢院事チョ・マルセンが冬至使(トンジサ)に任じられます。
さらに世宗から密命を受けているマルセンは「翰林院との交流」を口実にして
安平大君と若手シン・スクチュとソン・サムムンを同行メンバーに加えました。
集賢殿応教チェ・マルリは若造の派遣に反対しますが、マルセンが丸め込みます。
亥の刻になり、シン・スクチュ&ソン・サムスンがそそくさと集賢殿を出て帰宅。
あいつら文字創製に関わってるんじゃ?と疑うチョン・チャンソンが尾行するも、
二人は妓生房に飲みに行くフリをしてごまかした後、こっそり宮殿に戻りました。
そして、明で言語学の権威ファン・チャンと会ってこいと世宗に命じられます。

完璧な治水体系をつくりたい世子は、全国の役所での雨量計測を集賢殿に命令。
そんな折、町をお忍びで歩いていた世子が桶におしっこする子供を見てピンッ☆
世子の考案により、三段筒の測雨器がイタリアより早く開発されたそうです。

東廠ワン・ジンは、痛めつけられたファン・チャンの姿をヨ・ジンに見せます。
気弱になったヨ・ジンはあっさりチャン・ヨンシルの名前を吐いちゃいました。
さあ大変!明の皇帝が怒りまくり「チャン・ヨンシルを捕らえろ!」と命じます。
当のヨンシルは、天竺から買った瑠璃で世宗のために何かを工作してまーす。

慶事の兆しとされる太子星が輝いているのが簡儀台で観測されている頃・・・、
クォン承徽(スンフィ)=後の顕徳(ヒョンドク)王后の陣痛が始まりました。
昭憲(ソホン)王后も嬉しそう!ハン尚宮がすっかり白髪頭になっていますよ。
クォン承徽は難産の末に王子(後の端宗)をご出産。王室が喜びに包まれます。
ですがクォン承徽は出産で力尽き、幼いわが子を残して亡くなってしまいました。
そのまま気丈に政務をつづける世子に皆は驚き、集賢殿の若き学士が気遣います。
その夜、世子は測雨器の前で泣き続け、駆け寄ろうとするヨンシルを世宗が制止。
測雨器は雨ではなく王の涙を測るのかもしれない・・・とつぶやくのでした。
スポンサード リンク
<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 80話>  | HOME | <「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 78話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント