*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 74話>

チャン・ヨンシル以外の朝鮮の技術者を拉致しろと明のヨ・ジンがヘ・スに命令。
東廠を侮るなとチョ・マルセンにいわれたキム・ジョンソは技術者に護衛をつけ、
見当ちがい!情報を渡して得をする者が狙われる!とマルセンに嘲笑されます。
それでもピンとこない純粋な(ニブい?)キム・ジョンソは妓生房へ連れて行かれ
「翰林院留学を持ち出されたら、チェ・マルリだって断れないだろ~?」と
集賢殿副校理キム・ムンとチョン・チャンソンが話している現場を聞かせました。

世子は持っていた「銃筒謄録」を出すと、世宗と一緒に破棄したいと申し出ます。
明に中断されるよりみずから中断するほうがいいのでは?と兵器開発中断を求め、
情報を漏らしているチェ・マルリのもとへ急ぐ世宗を止めて謹慎を命じられます。
明のファン・チャンがチェ・マルリから「銃筒謄録」を受け取ったその途端、
ご苦労さん!あらよっ!とばかりにヘ・スが奪って明へ向かおうとしました。
ところがチョ・マルセンやキム・ジョンソに包囲されており、捕らえられます。
所持品検査をされたヘ・スが持っていた「銃筒謄録」の中身はなんと白紙!
チェ・マルリはファン・チャンたちに「明の知識で埋めれば?」と反撃しました。

翰林学士の座を断って惜しくない?とチョ・マルセンがチェ・マルリに聞くと、
「心置きなく反対したいから、出世のために国家機密を売ったりしません!」。
マルセンに色々突っ込まれると「いつまで私を若造扱いするのか!」とキレます。
その後マルリは、情報提供に失敗して自信をなくす弟子(世子)を力づけました。

チェ・マルリ&キム・ムン&チョン・チャンソンの罷免を求めるキム・ジョンソに
領議政ファン・ヒと芸文館大提学ユン・フェは「新兵器の存在を認めるに等しい」。
でも世宗はファン・ヒに人事異動を命じ、チョン・インジが副提学に昇進します。
イ・スンジが素直に喜ぶ一方、例の三人は複雑な表情で祝いの言葉をかけました。
さらに世宗は、世子だけでなく晋陽大君(後の世祖)や安平大君を集賢殿へ派遣。
昭憲王后は、兄弟間の争いが起きるかも・・・と王子の集賢殿入りに反対します。
それだけでなく集賢殿(=チェ・マルリ)が世子の師匠を外されてしまったので、
ムカついた世子が申聞鼓(シンムンゴ)を叩いて人事への反対を表明しました。

父上は町へ行ってるし「農事直説」も配ってます!と父王をかばう晋陽大君に、
世宗の失政について調査してまとめていた世子がその結果を渡しました。
世宗は初心に戻って私服巡察に出ることにし、ユン・フェや晋陽大君がお供♪
すると、血まみれの男が飛び出てきて、巡察に出ていた世宗を人質にとります。

宮殿では、久々におわたりした世子が、下着姿の世子妃ポン氏と女官を目撃!
「廃妃しないのが精一杯、三日以内に始末をつけて体面を保て」と命じられ、
なぜ怒らないの?普通なら大声で怒るはず!と世子妃ポン氏が泣き叫ぶのでした。
スポンサード リンク
<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 75話>  | HOME | <「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 73話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント