*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「イ・サン(正祖)」あらすじ 33話>

イサン第33話「初めての異国」

イ・サン(後の正祖)が動揺してソン・ソンヨンを追うも、使節団は発った後。
息子のイ・サンに早く世継ぎをつくってほしい恵嬪(ヘビン)ホン氏は
イ・サンと嬪宮キム氏を連れて温陽(オニャン)へ行幸する計画を立てます。
行幸の話を持ち出されたイ・サンがソンヨンの清国行きのことを母に尋ねると、
「茶母がお前を助けてきたと聞いて推薦しました。彼女も喜んでいましたよ」。
でもイ・サンは納得できず、宮殿を離れたくないので行幸にも気が進みません。

六曹の判書や承政院の役人も行幸に随行させましょう!とホン・グギョンが提案。
イ・サンは行幸先の温陽でも政務報告会議を開いて不正追及の手をゆるめません。
この行幸は休暇じゃないんですか?と老論派の重臣がイ・サンに聞きますが、
お前らいつも休んでるよね~と痛烈な皮肉を浴びせられて煙に巻かれちゃいます。

ある日、英祖(ヨンジョ)がこれまでのことを忘れたかのように中宮殿を訪問。
貞純(チョンスン)王妃と菊花茶でゴキゲンにティータイムを楽しみながら
「この頃キム・ギジュ(王妃兄)が姿を見せないから呼べ」などと話します。
次に王妃が英祖を訪ねると激怒して追い返されました。あ~、痴呆症ですね。

清へ向かう途中のソンヨンは、イ・サンを思い出して涙ぐんでいました。
チョン・フギョムはソンヨンを呼んで世孫イ・サンとの関係をそれとなく質問し
「困ったことがあればいつでも相談に乗ってあげる♪」とやさしい笑顔全開。
やがて一行は清国に到着。芸府司(イェーブサ)は女性を受け入れないようです。

ソンヨンに旅立たれた寂しさを行幸地の酒場で紛らわせていたパク・テスは、
「酒を飲んでさぼる護衛官は税金泥棒」と二人組に罵られてケンカして負けます。
つづいて酒場に乗り込んだソ・ジャンボとカン・ソッキもあえなくノックダウン。
護衛官より腕が立つツワモノの正体をイ・サンとホン・グギョンは知りたがり、
「負けたほうが土下座」を賭けた勝負をナゾの二人組とすることになりました。
スポンサード リンク
<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 68話>  | HOME | <世宗の息子・文宗の世子時代の廃妃事件>

スポンサード リンク


こんばんは、お久しぶりです!
こちらはv-279ですね。

ソンヨンは命からがら生き延びましたね。元々、本人が清国に絵画の勉強に行きたいと
望んだのではなく、思いを寄せていた世孫(後の正祖)の母・恵嬪宮が息子である世孫
と引き離したいがために無理矢理、清国に追いやったという感じですね。清国では「女
性に絵画を教えることはない。」と言われましたが、「挑戦に連れて帰るわけにはいか
ない。」ということで、無理矢理、清国に置いてきた感じですしね。

考えてみれば、「イ・サン」のソンヨン(宜嬪 成氏)と「同伊」の同伊(淑嬪 崔氏)
って同じ境遇ですよね。下っ端の地位から、苦労しながらも国王に見初められて、内命
婦の最高位、嬪まで上り詰めたわけですか
らね。

恵嬪宮を見ると「大長今」のチェ尚宮を思い出してしまうのは俺だけでしょうか?さす
がキョン・ミリさん、存在感ありますわ。

しかし、この流れで行くとBS⇒地上波という事になるので、「イ・サン」の後は「同伊」
ということになるんでしょうか??「大長今」は逆の流れでしたけど。

また、お邪魔しま~すv-237
[ 2012/01/16 23:39 ] [ 編集 ]
駿河の海老太郎さま、こんにちは♪

イサンはNHKのBS(だったと思います)で放映していたときに見ました。
なので字幕ではなく吹き替え&カットあり版でした。

考えてみたらソンヨンったら清の留学経験(?)もあって
茶母だけどお勉強もできてけっこうすごいですよね。
おっしゃるとおりトンイと同じような立場ですね。
恵嬪様も「英祖が生母のことでどれだけ苦労されたか・・・」と
ソンヨンの子を世子にすることに対して危惧してましたし。


> 恵嬪宮を見ると「大長今」のチェ尚宮を思い出してしまうのは俺だけでしょうか?さす
> がキョン・ミリさん、存在感ありますわ。

イサンのほうがチャングムのときよりも口紅の色がうすい、
というか全体にカラーレスなメイクなのですが
もともとの顔立ちがはっきりしているのですごくお綺麗で存在感ありますよね、


> しかし、この流れで行くとBS⇒地上波という事になるので、「イ・サン」の後は「同伊」
> ということになるんでしょうか??「大長今」は逆の流れでしたけど。

トンイもやがて地上派におりてきそうですね。
トンイはKNTVで見ましたが、NHKの吹き替えの動画を見ると違和感ありました。
役者さんたちがお上手なのでやっぱり字幕がいいなと感じてしまいます。
[ 2012/02/28 23:58 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント