*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「イ・サン(正祖)」あらすじ 32話>

イサン第32話「突然の別れ」

ソン・ソンヨンがファワン(和緩)翁主とつながっていると聞いた恵嬪ホン氏は
嬪宮キム氏(イ・サン正室)のとりなしも無視してソン・ソンヨンを叱り付け、
茶母ごときが世孫(=イ・サン/後の正祖)に近づくな!と言い渡しました。

画員イ・チョンはどうしても清の使節団に加わって小銭稼ぎをしたいらしく、
同じ動機のパク・タルホ(テス叔父)も賄賂代200両を食堂の女将に頼みます。
結局はホン・グギョンに直訴して清国行きをあっさり叶えてしまいました。
(イ・サンのためにいろいろと協力してくれたから当然!と簡単に決定)
チョビは水刺間最高尚宮の力添えで清国行きが決まったというお遊び設定つき♪
そしてソンヨンは恵嬪にもう一度呼ばれ、清国行きを手配したと言われました。。
イ・サンに協力した礼を言われ、芸府司(イェーブサ)での留学を命じられます。

10年も朝鮮を離れることになり、とぼとぼと歩くソンヨンがイ・サンとばったり。
ソンヨンの涙を見たイ・サンが肩を抱き寄せたところをたまたま嬪宮が目撃し、
ソンヨンが清国へ行くことになった裏事情をイ・サンに打ち明けませんでした。
その夜、イ・サンは幼い頃に一緒に行った市場へソンヨンを連れ出しておデート。
「『サン』と名前で呼べ」とこっちがムズ痒くなるようなラブラブぶりですよ。
そのうち一人になったソンヨンは泥棒騒ぎに逢って足を捻挫してしまい、
高貴な男性が女性の足の手当てをする、どこかで見たようなシーンになります。

冷遇されて誕生祝も開かれないことになった貞純(チョンスン)王妃ですが、
身を守るため清国へ一時逃避するチョン・フギョムを「小さい男め!」と嘲笑。
カン尚宮に調査を命じて巻き返しの機会を虎視眈々と狙っているようです。

ソンヨンが描いた梅の絵を英祖(ヨンジョ)がイ・サンに見せました。
英祖とイ・サンはソンヨンが清国へ発ったことをそのとき初めて内侍に聞きます。
イ・サンがパク・テスに確かめると、ソンヨンから託された手紙をもらいます。
その手紙には画員になれるチャンスをくれたイ・サンへの感謝の気持ちが綴られ、
小さな瑪瑙(メノウ)の冠留め(風簪/プンジャム)が添えられていました。
イ・サンが船着場へ急ぐも、清国へ向かう一行が乗る船はもう発った後でした。
スポンサード リンク
<連休は「The OC」で息抜き>  | HOME | <「イ・サン(正祖)」あらすじ 31話>

スポンサード リンク


>ソン・ソンヨンがファワン(和緩)翁主とつながっているという噂も知った恵嬪は
>嬪宮(イ・サン正室)のとりなしも無視してソン・ソンヨンを叱り付け、
>茶母ごときがイ・サン(後の正祖)に近づくな!と言い渡しました。
王室のことを考えてるからこう言うのもわかるのですが、
(次期王様候補が身分の低い女と何かあるなんて噂だけで付けこまれかねないですし)
やっぱり私達もサンやソンヨン視点で見てるので、
どうしてもここの恵嬪には腹が立ちますヽ(`□´)/≡3
だから王室の人(大妃とか)って気に入らなかったりします。
(「王と私」の貞熹大妃やら仁粋大妃やらで痛感(笑))
…でもそんなこと当たり前なので仕方ないですよね(^_^;A

>チョビはスラッカン最高尚宮の力添えで清国行きが決まったというお遊びつき♪
水刺間の最高尚宮って…(^_^;)
最高尚宮ってドラマの空想職位なのに「イ・サン」でも名前が出てこようとは…(笑)
衛劇で見た時は字幕だったのですが、その時のことを覚えてないのが悔やまれます。
ホントに原語でも「水刺間、最高尚宮」と言ってたのか…。
(吹き替えでああ言ってたのに原語で言ってないわけないか(^_^;))
しかし、なぜ茶母のチョビが水刺間の最高尚宮と繋がりがあるのか疑問ですね♪
ちなみに、「イ・サン」最後の話の方で少し水刺間が出てきます。
そこでチョビと(現在の嬪宮付きの)キム尚宮が意味深なセリフを…(笑)
ただ「チャングム」と同じ場所ではなかった気がしますが。
[ 2010/03/22 07:16 ] [ 編集 ]
かよさま、うめ子さま

ソンヨン(呼び捨て笑)、そんなことになってたんですか。
ドラマチックですねー。ムスリと茶母だとどっちがいいんだろう?
茶母だと官奴婢だから最下層なのは確実だけど、ムスリは・・?
チェ氏のお父さんは農民だからたぶん庶民として、茶母のほうが
下だったりして(でもナンジョン母のようにリャンバン出身だったり
する人もいたりして←ドラマで多い設定ではないですか?)

ところで、「堤調尚書」と「至密尚書」っていますよね。両者の違いが
よくわかっていない黄梅です。「最高尚書」はチャングムでの創作なん
でしたっけ。でもスッラカンの最高尚書・・は?最高尚書って尚書の
トップかと思っていたんですが(完全に混乱。すみません。)

お手つきで尚書だと「特別尚書」なんですよね。
でも側室として正式じゃない感じで(ですよね?)変な感じだなあ・・。
[ 2010/03/23 20:01 ] [ 編集 ]
>黄梅さん
ご説明しもぁ~す(^o^)

>「提調尚宮」
「チャングムの誓い」で説明するのが早いかな。
そのドラマ吹き替え&字幕では「女官長」と言われてましたね。
と、いうことでつまりは、女官全体を束ねる女官長を指します。
ちなみに、日本語吹き替え&字幕で「女官長」という言い方になったのは
「最高尚宮」との区別をつけるためです。
「提調尚宮(チェジョサングン)」「最高尚宮(チュゴサングン)」
発音似てますもんね。
どっちがどっちなのかわからなくならないようにする配慮だそうです。

>「至密尚宮」
これは何だっけ?
王様とか王妃とか提調尚宮とかのお付の尚宮とかではありませんでしたっけ?
ヨンノが、提調尚宮になったチェ尚宮に付いていましたが、
確か「提調尚宮の至密尚宮、ユン尚宮が…」とかいうセリフをどこかで聞いたような…。

>「最高尚宮」
ドラマの創作上の職位ですね。書いて字の如くです。
が!女官の中心という意味ではなく(中心なら提調尚宮ですから)、
各部署の中心の尚宮ですね。
焼厨房なら焼厨房の最高尚宮、針房なら針房の最高尚宮という風に
部署によって最高尚宮がいるのかと思われます。
だから「水刺間の最高尚宮」と言ったら、焼厨房全体の中心となるわけで、
「チャングム」22話で厨房の尚宮や他の部署の尚宮たちがハン尚宮ボイコットを行った理由がソレ。
「厨房全体の中心に、身分の低い私婢出身の娘だなんてとんでもない!」
と、言うわけです。(何と頭の堅い…(ーー;)あの時代だから仕方ないけど)
[ 2010/03/24 07:48 ] [ 編集 ]
最高尚書と至密尚書、勉強になりました。ありがとうございます!堤調尚書は用語集に出てきたりしたけれど、至密尚書は髪型の話でしか聞いたことがなく(手持ちの装身具の本に「王妃や至密尚書のみに許された髪型…」とあったので)どういう役職?とずっと疑問でした。えらい人のおつきの尚書なんですね♪またチャングムの吹き替えでそんな工夫があったとは。面白いです!
[ 2010/03/25 12:02 ] [ 編集 ]
かよさま、いらっしゃいませ~

たしかにチェゴ尚宮と言ってた気がします~
「スラッカンの」と出てきたのでチェジョ尚宮ではないはず・・・。
ああ、遊びだな♪って思いました。
後からもまたお遊びシーンが出てくるのですね。楽しみです。

「至密」は、ミン尚宮が不遇時代にトバされましたよね。
本来至密は王の機密事項を扱ったりするはずで
カッチョイイ部署な感じだと思うのですが、
だからミン尚宮もイエーイ♪と喜んだら
中宗のう☆ち(便)のチェックを担当させられて文句たれてました。


> どうしてもここの恵嬪には腹が立ちますヽ(`□´)/≡3

そうそう、恵嬪さま、ここで急にいじわるになっちゃいました!

[ 2010/05/01 21:40 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント