*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「イ・サン(正祖)」あらすじ 30話>

イサン第30話「王の慈悲」

イ・サン(後の正祖)を狙った黒幕が貞純(チョンスン)王妃だとわかり、
英祖(ヨンジョ)は大ショックを受けつつもキム・ギジュ(王妃兄)を投獄。
恵嬪ホン氏(イサン母)をはじめとしてほぼ全員がびっくりしてますけど、
ギジュをあんなに怪しんでいたのに王妃を疑ってなかったのが不思議です。

ファワン(和緩)翁主と養子チョン・フギョムは、関係ないふりをすると決定。
コトが発覚したときはその者が罪をかぶると決めたのは王妃様ですよね?と
フギョムが宮殿に行って王妃にわざわざ面と向かって言っちゃいました。
兄は捕まるわ孤立無援だわで、いつもは冷静な王妃が焦りまくっています。

ところが、オロオロしている重臣たちを集めた英祖が、意外な発表をしました。
「調査をしたところ、あの爆発事件は単なる事故であったことがわかった。
だが大切な王室の行事を滞らせたのでキム・ギジュたち関連役人を罷免する」。
どうなっているのか?王は何を考えているのか?と皆は考えをめぐらせます。
英祖はイ・サンにこのたびの措置を詫びると、その理由を説明しました。
「王妃を追放しようと思ったが、15歳で嫁いできた王妃を思うとできなかった。
今後は一切会わないし、死んだように生きろと申し渡したから従ってくれ」。

王を描く絵師タク・チスに随行して、ソン・ソンヨンが宮殿に入りました。
緊張でぶるぶる手が震えるタク・チスに代わり、ソンヨンが下絵を担当します。
その夜、ソンヨンは英祖に呼ばれ、身を清めて英祖の寝所に入りました。
すわ“おてつき”か!な状況ですが、「梅の花を描いてくれ」と言われます。
ソンヨンの梅花図を見た英祖は「亡き息子(思悼世子)の絵にそっくり」と喜び、
亡き父が図画署(トファソ)の画員でした・・・とソンヨンが思い出を話します。
それを聞いた英祖は、自分と息子や孫との関係を思い起こして涙ぐむのでした。
その頃、イ・サンは一人で宮殿を出て馬を走らせており、皆が行方を捜します。
スポンサード リンク
<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 61話>  | HOME | <「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 60話>

スポンサード リンク


>冷静な王妃がかなり焦りまくります

数々のドラマでこれほど憎たらしい(笑)、好意的に解釈しようのない王妃
さまを見たことがないので、チョンスン王妃と聞いただけでちょっといらっと
してしまう私(笑)。

このシーンだけでも見てみたいです。。(くだらない感想ですみません)。
女人天下の文定王后と違いチョンスン王后はどうも腹が立って仕方ない
んですよね。敵役が多いからかな?主人公にしたドラマがあれば感情
移入できるのかな?

「明成皇后」も従来、チョンスン王妃なみにあくどい扱いだったみたいですし。
それで2001年のドラマで主人公にすえ新解釈でヒット。
しかしチョンスン王妃主役のドラマ・・書いておいてどうなんだろう(笑)。

少し耳に挟みましたが明宗王妃の仁順王后も閔氏出身だとか?
閔氏(本貫の字、忘れてしまいました。すみません)は名門ですね!
[ 2010/03/07 23:30 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは~


> このシーンだけでも見てみたいです。。

このシーンはかなり気持ちよいです。スカッとしますよ~


> 女人天下の文定王后と違いチョンスン王后はどうも腹が立って仕方ない
> んですよね。

私も、本でざっと読んだだけにすぎませんが、
文定王后よりチョンスン王后のほうが極悪に思えます。
子供がいないのに後々まで垂簾政治して権勢を振るうなんて
よほど根性がないとできないと思います♪
文定王后は遅まきながらも息子を生んで王にしたので
(李氏朝鮮ドラマを見ているうちに←染まってきた自分が怖い)
あの振る舞いもアリなのかなと思ってきたのですが。


> 少し耳に挟みましたが明宗王妃の仁順王后も閔氏出身だとか?
> 閔氏(本貫の字、忘れてしまいました。すみません)は名門ですね!

仁順王后はたしか青松沈氏ではなかったでしたっけ?
世宗の昭憲王后と、禧嬪息子の嫁と同じ家門だったような?
(禧嬪息子の嫁が面接のときにそう答えていた記憶があります)
間違ってたらすみません!
[ 2010/05/01 21:27 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント