*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 26話>

今回は軍器監少監チェ・ヘサン大活躍の巻~~です。

朝鮮に必要のない手だ!とチャン・ヨンシルに鎌を振る忠寧大君(後の世宗)を
師イ・スが制止。そのとき、窓からのぞいていた高麗復興勢力ムビが見つかります。
すかさず放たれた矢から大君をかばおうと、チェ・ヘサンが身代わりに!
それでもヘサンは笛を吹いて侵入者の存在をしらせ、捜索が始まります。
間抜けにもムビは(亡くなった)チャン・チルサンの号牌を落としてしまい、
こいつ怪しい!と追っかけられた末、傷を負ったまま崖から飛び降りました。

ヨンシルのことを怒りまくっている忠寧大君をイ・スはなだめ、
金以外を信じようとしない彼を察せないからあのような者が生まれると論破。
芸文館応教ユン・フェも、ヤツの自白がないと世子やミン兄弟を救えないと主張。
ヘサンのほうは、職人の敵は空腹だ・・・とヨンシルにご飯を与えると、
自分こそ逆徒だ、王子よりあいつを守りたいと思った、あの技術がほしい、
軍器監で育った私も及ばないほどすばらしい技術・・・と必死に救命を求めます。
そこで忠寧大君は、軍器監に入れてやるから犯人を話せとヨンシルに交渉。
取引をするのは卑しい商人だけでは?と言い返すヨンシルでしたが、
兄上(世子)は無実なんだ!と懸命な大君の姿に心打たれたのか
人相書きに協力するから絵師を呼んでくれと言い出しました。
礼をいう大君に、ここで高い飯をもらったからその飯代だ・・・とヨンシルが口答え。
いやはや、数話前から突然雄弁キャラに変貌したヨンシルが不思議です。

完成した似顔絵はまさしくチョン行首~!オク・ファンの商団に兵士が向かいます。
それを見たムビはオリのもとへ。(この商団の家ってよく見ますけど、使いまわし?)
チョン行首は“ここに一緒に残る”と言い張ったオク・ファンを無理矢理逃がし、
自分がオク・ファンの服を着てボスになりすまして兵を迎えました。
その甲斐むなしく、ファン・ヒがそれに気づき、都に検問が敷かれます。
オク・ファンはオリの主人の号牌を手に入れ、オリと一緒に検問を通過して逃亡。
商団の屋敷からは玉璽まで見つかり、太宗はそれを叩き割るのでした。

チョン行首はもちろん口を割らず、イ・バンウォン(太宗)を侮蔑します。
叔父が拷問されるのを見た内侍(尚燭)チョン・イルチは辛そうで、
10年間、蝋燭を納めてきた商団がこんなことに・・・とオム・ジャチに言い訳します。

チョンとオクの姓を持つものを捕らえましょう!と世子(後の譲寧大君)が提案。
「王」という字に点や線を加えれば、「玉」「全」「田」になるからです。
そのようすを元敬(ウォンギョン)王后やミン兄弟が頼もしそうに見つめます。
こうして、反乱軍あぶりだしのために罪なき民が捕らえられ始めました。
世子は、擲石戯(チョクソッキ)でスカウトした人材を兵士に育ててご満悦。
高麗ごときにこだわるとは・・・と反乱軍のことを嘲笑する世子に、
朝鮮に不満があるのでしょう・・・と忠寧大君がちょっぴり反論気味です。

チョン・イルチは牢の見張りを倒し、投獄されている叔父・チョン行首のもとへ。
拷問を受けて息も絶え絶えの行首は、私を助けようとするな、
息子を失ったがお前がいてくれてよかった、お前だけは生き残れと言い聞かせます。
牢から戻ったイルチは、待ち構えていた忠寧大君と兵に囲まれました。
スポンサード リンク
<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 27話>  | HOME | <「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 25話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント