*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 22話>

上王・定宗(チョンジョン)の愛妾・楚宮粧(チョグンジャン)と
世子(後の譲寧大君)が交わるみだらな絵に、都は大騒ぎ!!!
二人が合宮している絵は艶かしくてなかなかよかったですね♪

忠寧大君派や儒生は、世子の審問を求める座り込みを開始しました。
苦しくて息が吸いたかった、だから禁じられているあの女を選んだ、と
礼曹判書ファン・ヒにまくしたてる世子。世子妃はちょっぴり安堵の表情です。

貢物候補の中からダヨンに目をとめた明の使臣ヘ・スは、
この女も世子のお手つきなのか?と元敬(ウォンギョン)王后に問います。
何のお話~?卑しい私には理解できませんわ~とすっとぼける王妃。
上王の女の次は皇帝の女だろ?噂も制止できない朝鮮王は情けないとヘ・ス。
愚かで無作法な民も許すのですから聖君でしょう~オホホと王妃にっこり。
王妃はたんまりと賄賂を贈ってこの醜聞が明へ伝わらないようヘ・スを黙らせ、
貢物として明へ旅立つダヨンらにやさしい言葉をかけて送り出しました。

楚宮粧を忠寧大君が匿っていると知申事チョ・マルセンに聞いた太宗(テジョン)は
忠寧大君の動きを知らないことにして私心があるかどうかを見極めようとします。
当の大君は、世子の審問なんてやめさせたいという主張で、
上王は醜聞を認めないし世子も口を閉ざせば事件を隠せると考え、
楚宮粧の命を助けたことを上王に明かしました。

これは謀反だ!犯人は吏曹判書パク・ウンだ!と領議政ハ・リュン。
ではパク・ウンと高麗勢力が関わっているのか?とファン・ヒは思いを巡らせます。
みだらな絵を描いた絵師が見つかり、口がきけないその絵師に人相を描かせると、
王族か妓生くらいしか着れない派手な服を着てお面をつけた女でした。
楚宮粧では?後ろ盾がいるはずだ!忠寧大君ですね~と結論を作る世子派。
でも描いたのは別の芸妓みたいで、一瞬だけ初登場しました。
そして世子派は、パク・ウンと結託した商団が犯人だ!とオク・ファン宅へ。
オク・ファンは不敵に笑って協力しますが、もちろん証拠は何も見つかりません。
忠寧大君の監視に気づいたオク・ファンは、身辺を綺麗にしていたのです。
上王が楚宮粧を殺せと命じたのは事実だが・・・と話すオク・ファンの声を、
なぜか聞き覚えがある・・・と不思議がるファン・ヒは、案外にぶいのでしょうか?
内侍チョン・イルチは楚宮粧の行方をオク・ファンに報告していないようですね。

チャン・ヨンシルが母から見送られ、ダヨンと駆け落ちするために家を出ると、
ハン・ヨンノ(ダヨン父)の刺客に襲われ、そこをチャン行首に救われました。
いつか踏み込んだ小屋で設計図を見た行首らはヨンシルを味方にしたいのです。
ヨンシルは明へ向かうダヨンらの行列をやるせない思いで見つめます。

内禁衛将カン・サンインがハ・リュンの故郷で何かを掴んだようです。
やはりそうか、さすが朝鮮の設計図をつくった男だと、太宗が感心しています。
そのハ・リュンは、楚宮粧を消してしまえばコトはバレませんと提案しました。
楚宮粧を引き渡せ、断ればお前に仕える者に危害が及ぶ、と大君に迫る太宗。
それなら王室の醜聞を暴きます、どのような命も軽んじてはなりません!と、
珍しく父と対峙する忠寧大君でした。

セギ婆のところでみたあの女は楚宮粧だと、孝嬪がやっと気づきました。
忠寧大君の内侍といたから、大君が匿っているのだ・・・と。
シム氏が楚宮粧を別の場所へ移そうとしていると、カン・サンインが踏み込みます。
スポンサード リンク
<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 23話>  | HOME | <「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 21話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント