*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 21話>

忠寧大君(後の世宗)の妻シム氏は、孝寧大君と誠寧大君に願い出ていました。
「夫ばかり注目されて標的になるから、奴婢弁正都監を一緒に手伝ってください」。
事なかれ主義の孝寧大君は断るも、民に恩返しをするのだと幼い誠寧大君が主張。
二人の王子が弁正都監に行くと、側室・孝嬪(ヒョビン)息子の敬寧君も現れました。
敬寧君は、“敵の敵は味方”と考えているので、今は忠寧大君に協力したいのです。
忠寧大君を遠地へ・・・と元敬(ウォンギョン)王后に頼まれた太宗(テジョン)は、
王子らの執務姿を二人で見学。全員を遠地に送らねばならないな~と言います。

忠寧大君に天性の資質を認めた領議政ハ・リュンは、大君と対決。
狙いは世子の座ですか?とストレートに聞くと、不正の証拠を突きつけられ、
こんな些細な不正で辞職しろと?大君は若いですな~と笑い飛ばしちゃいます。
太宗は世子(後の譲寧大君)と将棋をさして、兵(民)の心を掴まねばならぬと教え、
長男を世子にしたいが他に民の心を掴むものがあればそのときは・・・と警告。
尚膳ノ・ヒボンが、今日くらい世子様にやさしくしてあげてもいいのでは?と言うと、
普通の父親ならそうしただろう・・・と太宗が答えます。

世子は、何かと自分を叱咤してくれていた礼曹判書ファン・ヒに弟子入りを決意。
世子の師となったファン・ヒは、まずは現実を知りなさいと町へ連れ出しました。
講武(カンム)場の建設現場の惨状を見た世子は、日程を遅らせましょうと提案。
前もってファン・ヒに頼まれていたハ・リュンも、講武の延期を認めます。
吏曹判書パク・ウンは、ハ・リュンやミン兄弟の不正を見つけられず、苛立ちまくり。
ハ・リュンが自らの政策であった講武を取り下げたと聞き、
不正の証拠を消したから講武がどうでもよくなったのだと悟ります。
そこへ、ハ・リュンの庶子ハ・ジャンの養父が官奴婢を数十名入手したという情報が。
そんな身分でも不正してるんだからハ・リュンはさぞや・・・と論じます。

忠寧大君の言葉に感銘を受けました!と、ハ・リュンが辞表を出します。
純粋な儒生たちは、忠寧大君のおかげ!と喜んでいますが、それは甘すぎです。
庶子の養父のこの程度の不正で辞職なんて!と重臣らが座り込みを始めました。
その中にはファン・ヒも含まれており、見損なったぞ!と罵る世子派の面々。
結局太宗は辞表を差し戻し、忠寧大君は汚い政治に失望するのでした。
世子は忠寧大君に話します。「お前が王材と騒がれるのは気に食わないが
頑張って働け。そんなお前を配下におけば皆が俺を王材と認める」。

さて、貢物として集められた娘たちを見て、明の使臣ヘ・スは明らかに不満げ。
美は心、皇帝はおわかりなるでしょう・・・と王妃が苦しい言い訳をしています。
進献色提調ハン・ヨンノは、うちのダヨンを捧げます!と王妃のご機嫌取り。
ヨンシルの命と引き換えにダヨンは受け入れ、ヨンシルは牢から解放されました。
孝嬪はセギ婆に、19年前に我が家から消えた乳母を捜せと依頼。
放火して賊に手を貸したその乳母が王妃の手先に違いないと思っているのです。

パク・ウンは商団のボス(と思っている)オク・ファンを呼び、
上王・定宗(チョンジョン)の愛妾・楚宮粧(チョグンジャン)を捜せと命令。
知申事チョ・マルセンはその動きをハ・リュンに報告します。
“朝鮮の設計図はすべて自分がつくった”と豪語するハ・リュンの言葉を
マルセンはそのまま太宗に報告。では一番の弱点はどこだ?と考えた太宗は、
ハ・リュンの故郷・慶尚道(キョンサンド)高霊(コリョン)を調査させます。

高麗復興勢力一味である内侍チョン・イルチは、
楚宮粧を確保したら忠寧大君を殺せと命じられ、気が進まないようです。
そのうえ大君とオム・ジャチらに誕生日祝いまで開いてもらい、複雑な表情。
楚宮粧がセギ婆の家に匿われていると知ると、何やら伝言の文を用意しました。

執務室に“汝守王材乎”の文が再び届き、慌てふためくファン・ヒ。
その頃、世子と太宗は、講武場に貼られたみだらな絵を見て驚愕していました。
スポンサード リンク
<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 22話>  | HOME | <「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 20話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント