*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 9話>

倭人間者の首をはねて倭国へ送り返せ!と命じる太宗(テジョン)に、
そんなことをしたら戦争になります!と礼曹判書ファン・ヒが辞表を提出。
倭人らが次々と処刑される中、ファン・ヒは間者ピョン・ドジョンを救います。
それを知った高麗復興勢力首長オク・ファンは悪巧みを思いついてニヤリ。
朝鮮が倭と密かに通じてまっせ~と、ヘ・ス(明の使臣)に吹き込みます。

太宗は、間者事件でイラついて経筵(お勉強)に身が入りません。
吏曹判書パク・ウンは、民を管理するための号牌法(ホッペボプ)を提案します。
領議政府事ハ・リュンは猛反対するも意が通らず、王を選んだのは我々だからと、
兵曹判書イ・スクボンらと択君(てっくん)を議論し始めました。
右軍同知総制ミン・ムヒュルと漢城府尹ミン・ムフェは、世子の出番!と喜びます。

重臣たちから意見を求められると、火筒軍がほしい!と世子(後の譲寧大君)。
敬承府(キョンスンプ=世子を補佐する官庁)や恭安府(コンアンプ)、
仁寧府(イニョンプ=上王を補佐する官庁)、中宮殿の予算を削ってでも!と
世子さまは主張し、さすがなミリオタっぷりをご披露してくれました。 
重臣たちは世子の賢さをほめたたえ、キム・ハルロ(世子妃父)は自宅へ招待。
世子は、今夜は世子妃と過ごすからと招待を断りますが、弓を打ってます。

敬寧君(キョンニョングン)の後ろ盾を頼んでいたのに!と
世子派とつるむイ・スクボン&イ・ジョンムを責める側室・孝嬪(ヒョビン)。
重臣&世子の会議を知った太宗は敬寧君と習射(スプサ)。孝嬪うれしそう!
それを尚膳ノ・ヒボンが元敬(ウォンギョン)王后にご注進。王妃は冷静を装いつつ
孝嬪の行動を女官に監視させろと尚宮に命じました。(すでに実行済じゃないの?)

太宗は火筒軍の設置を却下し、号牌法(ホペポプ)の施行を急がせます。
新しい制度の施行のために、上王・定宗に充てた予算も削られることに。
世子と太宗は政策について言い争い、太宗はついにハ・リュンに引退を促します。
お前のせいで世子は書筵(ソヨン)もうけないんだよ!と太宗。
ハ・リュンは世子の叔父・驪山君(ヨサングン)ミン・ムフェを書筵官に推薦しますが
外戚だからだめ!と王妃が退け、王が警戒しない人間をつけなさいとニタリ。
こうしてハ・リュンの門下生である芸文館提学ピョン・ゲリャンが書筵官に。
でも初めての講義の日、世子はピョン・ゲリャンをおちょくって相手にしません。

忠寧大君(チュンニョンテグン=後の世宗)は倭の情報が載った書物を知りたがり、
飲んだくれユン・フェは(まだ身分を明かしていない)大君の正体を疑い始めます。
俺は朝鮮人だ!役人以外は朝鮮人じゃないのか?といつかのように応酬する大君。
その書が宮中にあると知ると、世子に頼み、貸し出し禁止の蔵書閣から借ります。
ピョン・ゲリャンが反対するも、じゃあ規則を変えればいーじゃんっと世子。
忠寧大君義父シム・オンは政務への関心を捨てて書を返してださい!と忠告し、
有能だと世子の敵とみなされるだろ!師イ・スに文句を言います。

世子は上王・定宗の見舞いに行き、愛妾・楚宮粧(チョグンジャン)をナンパ。
誘いに乗った楚宮粧が、いそいそと夜の東宮殿へやってきました。
その情報を掴んだ孝嬪は、チャ~ンス!とばかりに太宗を東宮殿へ向かわせます。

約束の3日間に間に合わない!と、忠寧大君は妻シム氏の手も借りて資料を作り、
オム・ジャチと一緒に内侍に化けて東宮殿へ向かっていました。
そこでなんと、東宮殿へ向かう王様ご一行様と出会ってしまいま~す。
スポンサード リンク
<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 10話>  | HOME | <趙光祖(チョ・グァンジョ)と士林派について その5 士林派の系譜>

スポンサード リンク


>世子は上王・定宗の見舞いに行き、愛妾・楚宮粧(チョグンジャン)をナンパ。
>誘いに乗った楚宮粧が、いそいそと夜の東宮殿へやってきました。
>孝嬪は、チャ~ンス!とばかりに太宗を東宮殿へ向かわせます。
>そこでなんと、東宮殿へ向かう王様ご一行様と出会ってしまいま~す。

ここだけ見るとお昼のドラマもかくやの愛憎劇ですね、密通に加え、
叔父さんの側妻とって・・・

中国時代劇でもよくあるけど(笑)。そこにいあわせる忠寧大君も
すごいタイミングなら、燃える孝嬪もナイス!ヒッヒッヒって感じで
しょうか・・・

見たい!!見直したいです!!ソフト借りちゃおうかな♪
[ 2010/01/31 21:00 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは~~♪


> 見たい!!見直したいです!!ソフト借りちゃおうかな♪

黄梅さまが見直したいと思うポイントはそこですか!笑
しかし世子は野史によるとお盛んだったみたいですし
王位についた世宗も子沢山でしたし
血の気の多い太宗と王后の子だけあって
いろんなパワーやら生殖力が豊かだったようですね(爆)
[ 2010/02/09 23:56 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント