*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「女人天下」あらすじ簡易版 91~100話>

「女人天下」あらすじ詳細版(各話版)はこちら→1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話 51話 52話 53話 54話 55話 56話 57話 58話 59話 60話 61話 62話 63話 64話 65話 66話 67話 68話 69話 70話 71話 72話 73話 74話 75話 76話 77話 78話 79話 80話 81話 82話 83話 84話 85話 86話 87話 88話 89話 90話 91話 92話 93話 94話 95話 96話 97話 98話 99話 100話 101話 102話 103話 104話 105話 106話 107話 108話 109話 110話 111話 112話 113話 114話 115話 116話 117話 118話 119話 120話 121話 122話 123話 124話 125話 126話 127話 128話 129話 130話 131話 132話 133話 134話 135話 136話 137話 138 139話 140話 141話 142話 143話 144話 145話 146話 147話 148話 149話 150話 Columns

ウォンヒョンは流産を望んだナンジョンを許せなかったが、ユン家の子供を生めと正妻キム氏がナンジョンに命じ、子の扱いを約束してもらったナンジョンはユン家に同居する。王妃(文定王后)の叱責にもかかわらず、ウォンロは左議政ナム・ゴンやシム・ジョン(華川君)の配下パク・ヒリャンと行動を共にするようになる。

捕らえられたアン・ダン(ヨンモ堂)親子は親族やヒリャンの偽証で窮地に陥る。済州島から都へ戻った巴陵君(パルングン)による訴えもむなしく、中宗はヨンモ堂らをはじめとする大勢の粛清(辛巳誣獄・シンサムオク)を行った。ところが中宗は腐敗した朝廷の一新も検討しており、殺生簿(人事名簿)の作成をパルングンに依頼する。

重臣を後ろ盾とする後宮たちは、殺生簿に強く抗議。中宗にも重臣にも怖れられるパルングンの存在を脅威に感じた王妃は、中宗に反発を示す。殺生簿に載りたくない重臣たちはパルングンに賄賂を届け始め、それが中宗に知られたホン・ギョンジュ(南陽君)は地位を失う。残る重臣たちも中宗から辞職を迫られ、追い詰められる。

ナンジョンの命を受けたウォンヒョンは、臣下の挙兵の噂をほのめかし、中宗をおびえさせる。ナンジョンは敬嬪を通じてチャン・デインに資金を提供させ、キム・アンロ(希楽堂)の協力も得て、パルングンの部屋に手形を隠し、事件の証拠を整えた。
スポンサード リンク
<ソウル旅行 お墓?編>  | HOME | <「イ・サン(正祖)」あらすじ 11話>

スポンサード リンク


こんばんは^^お邪魔します。

あらすじ拝見しますと中宗の改革、だんだんモノになってくるんですか?
それはすばらしい!

別ドラマで申し訳ないんですが、今「妖婦 張禧嬪」で、チャングムで中宗
だったイム・ホさんが粛宗です。見てるとこんがらかってきます。

95年のドラマなので微妙にお若いですよー。
グアンリョル粛宗がずっと40代に見えたのとは対照的♪
[ 2009/10/20 02:21 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは~♪


> あらすじ拝見しますと中宗の改革、だんだんモノになってくるんですか?
> それはすばらしい!

いや・・・・・・・・
それが・・・・・・・・
うーん・・・・・・・

です(爆) モノになりそうになるときもあり
一部はモノになったのかもしれませんが
最後まであんな感じは変わりません・・・・


> 別ドラマで申し訳ないんですが、今「妖婦 張禧嬪」で、チャングムで中宗
> だったイム・ホさんが粛宗です。見てるとこんがらかってきます。

チャングム中宗の方が粛宗ですか!
それは見てみたいかも~~~
強気なチャンヒビンに引っ張られる感じが浮かんできます。
[ 2009/12/20 18:04 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント