*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「イ・サン(正祖)」あらすじ 10話>

イサン第10話「武官の墓場」

パク・テスがイ・サン(後の正祖)を図画署(トファソ)に案内し、
短い再会でしたが旧交を温めた3人。ナム・サチョがよき理解者となりそうです。

朝廷では、例の偽造された通達文のことでイ・サンへの風当たりが強くなる一方。
厳しい処分を望む臣下たちに、英祖(ヨンジョ)は世孫への敬意の欠如を指摘し、
ゆでたじゃがいもで印を偽造できると示し、押印が変色するか待つと言います。
こりゃまずい!と、ファワン(和緩)翁主(英祖の娘)のもとに
老論(ノロン)派チェ・ソクチュやチョン・フギョム(ファワン養子)が集合。
サドセジャ死亡事件を蒸し返して王と世孫の仲を裂こうとフギョムが提案します。

流罪を解かれたチェ・ジェゴン(サドセジャ忠臣)が、イ・サンの護衛部隊長に。
しかしイ・サンの護衛部は“窓際” として知られており、武官たちはやる気なし。
弓がド下手なことが英祖にバレ、彼らのできが悪いのはお前のせいだと叱られます。
イ・サンは武官をしごき始め、町で愚痴をこぼす護衛官とテスが大喧嘩。
厳しい訓練が続く中、武官宿舎が放火により出火し、勝手に異動しろ!とイ・サン。
イ・サンを非難し矢の射すぎで身体が痛いとこぼす武官でしたが、
実はイ・サンが1000本もの矢を射っていたと知り、訓練に励むようになりました。

貞純(チョンスン)王后が、恵嬪(ヘビン=イ・サン母)、嬪宮(イ・サン妃)、
ファワン翁主を招いてプチお茶会。イ・サンを批判する毒舌ファワンに
恵嬪さまがさらにうわ手な嫌味で受けて立ってまーーす♪

テスが武官の試験勉強を教わるのは、かなりいい加減そうな師ホン・グギョン。
合格する“裏”の手を聞くテスに、兵曹判書ハン・ジュノの書状を奪えと指示。
テスは兵曹判書家の執事に春画(イ・チョン作)で取り入り、書状をくすねます。
そのイ・チョンは、もと図画署員のチョ・スニョンが落とした手紙を拾いました。

そして武官試験の日、ある答案が提出され、大騒ぎになります。
英祖の正当性を疑うその文には、イ・サンが王にふさわしいと書かれていました。
(下女出身の側室を母に持つ英祖はチャン・ヒビンの息子・景宗を毒殺したという
疑惑がもたれているそうです。系図はこちらをどうぞ)
スポンサード リンク
<「イ・サン(正祖)」あらすじ 11話>  | HOME | <「イ・サン(正祖)」あらすじ 9話>

スポンサード リンク


>イ・サンは武官をしごき始め、町で愚痴をこぼす護衛官とテスが大喧嘩。
この時、テスと大喧嘩したあの二人、後にテスと一緒に大きな存在となります♪
その三人の結束も好きです。

>チェ・ジェゴン(サドセジャ忠臣)
あの方、「女人天下」のタンチュ和尚ですよね…って、前言いましたっけ??
しかし吹き替えが納谷六郎さんとは…!
声が近いといえば近いですね。
でもハン・インスさんの方がもう少し声が低いから…。
感覚としては「チャングムの誓い」のハン尚宮の感覚です。
近いといえば、近いけど演じてる本人の声の方が低いという点が。。。

>ホン・グギョン
ハン・サンジンさん、本当に色が白いですよね!(注目する点はそっちか!)
「イ・サン」の後、「ソル薬局の息子たち」を見るので、
続けてサンジンさんを見ることになるのでちょっと笑っちゃいます(笑)

>恵嬪さまがさらにうわ手な嫌味で受けて立ってまーーす♪
恵嬪宮って、何だか弱弱しいイメージがあったのですが、
こんなシーンを見て「実はそうではない」と思い知らされました(笑)
さすがキョン・ミリさん演じる役!
以前の「チャングム」のチェ尚宮の勢いを少し感じましたw(チェ尚宮も好き☆)
この先も似たような勢いの恵嬪宮が見れるのですが、私にはこれがワクワクします(^^)
ただでは起きない恵嬪宮さまww
私にとっては注目人物です(出番少ないのが悲しいケド(T_T))
[ 2009/10/11 23:43 ] [ 編集 ]
お邪魔します^^

>貞純(チョンスン)王后が、恵嬪(ヘビン=イ・サン母)、嬪宮(イ・サン妃)、
>ファワン翁主を招いてプチお茶会。イ・サンを批判する毒舌ファワンに
>恵嬪さまがさらにうわ手な嫌味で受けて立ってまーーす♪

祖母、姑、媳が勢ぞろいですね!見てみたーい!
かよさまのように私も恵嬪て弱いイメージがあったんですが、後から
「恨中録」残したくらいだし(自筆で・・ほかの王后のは侍女が書いた
ものだから)、意外に強いのかもしれませんね。

にしてもキョンミリさんが演じていたとは!ノーマークでした。
そしてチョンスン王后、やっぱりむかっ腹(笑)。

イ・サンには私がひそかなファンのチョ・ヨヌさんが出てくる
ので、あらすじにいつ登場するか楽しみです♪
[ 2009/10/19 07:27 ] [ 編集 ]
>かよさま

> >チェ・ジェゴン(サドセジャ忠臣)
> あの方、「女人天下」のタンチュ和尚ですよね…って、前言いましたっけ??
> しかし吹き替えが納谷六郎さんとは…!
> 声が近いといえば近いですね。

そうですね!タンチュ和尚です~。
歴史ドラマによく出てらっしゃるみたいですよね。
そういえばこの方の吹き替えはあまり気にならずに聞けました。
声が近いのかもしれません!


> >ホン・グギョン
> ハン・サンジンさん、本当に色が白いですよね!(注目する点はそっちか!)

あはは、確かに白いです!
“ぬぼーーっと白い感じの人”ですよね。


> 恵嬪宮って、何だか弱弱しいイメージがあったのですが、
> こんなシーンを見て「実はそうではない」と思い知らされました(笑)
> この先も似たような勢いの恵嬪宮が見れるのですが、私にはこれがワクワクします(^^)

私もこのシーンはスカッとしました。
これからも強い恵嬪さまのお姿が楽しみです!


>黄梅さま

> そしてチョンスン王后、やっぱりむかっ腹(笑)。

チャングムの医女役とは打って変わって・・・ですよね。
演じがいがありそうだなあと思いながら見ています♪


> イ・サンには私がひそかなファンのチョ・ヨヌさんが出てくる

チョ・ヨヌさんのことがよくわからなくて調べたのですが
(16歳年下と結婚!という記事がまっさきに・・・でした・笑)
フギョム役の方でしょうか?
いつもながら黄梅さまの趣味は渋いですうーー
[ 2009/12/20 03:30 ] [ 編集 ]
おはようございます^^

説明不足でお手数をおかけしました、悪役フギョムの方がヨヌさんです
(ここ、名字で「チョさん」と呼びたいけど、ドリフチックでやめました・・)

現代劇「キツネちゃん何してるの?」で見て、ドラマは面白くなかった
けど、チョ・ヨヌさんのプチファンになったドラマです。

日本の俳優さんだと毛ほども動かない心が韓国俳優さん♂だとときに
いいなーと思ったりするんですよね。なぜだろう・・
ただ、ヨヌさんの場合、役柄もあるかも。悪役姿を見たら別にーかもしれ
ません。すみません^^

確かにチョン・ジュノといい、アラフォーくらいが好きなのかもしれません・・
あと書籍「韓国時代劇101の真実」面白そうですね!買います。
[ 2009/12/20 09:05 ] [ 編集 ]
黄梅さま、いらっしゃいませ~


> 日本の俳優さんだと毛ほども動かない心が韓国俳優さん♂だとときに
> いいなーと思ったりするんですよね。なぜだろう・・

すごくわかる気がします!
でも、なんのバックボーンも韓国での人気度合いやとらわれ方もしらずに見て
いいなと思ったり気になったりするってことは、
役者さんとしてのオーラがあるってことですよね、きっと。
[ 2010/01/14 01:58 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント