*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじ 2話>

実は黒幕であるオク・ファンやチョン行首に助けられた忠寧大君(後の世宗)は、
今回の件を隠せば褒美に私の心を与えよう・・・と王子のカリスマたっぷり。
騙されて乗った船で皆殺しにされた高麗王室の生き残りであるオク・ファンは、
ワン氏の姓を捨てて生きのびてきました。(船の火が合成丸出し♪でしたね)
忠寧大君を王の器に育てて世子と争わせ、李氏朝鮮王室を混乱させるつもりです。

イ・スは知申事ファン・ヒやシム・オン(忠寧大君夫人シム氏の父)の前で、
教え子・忠寧大君のことを「うぬぼれが強く口ばかり達者な愚か者」と評します。
以前イ・スが帝王学の書を燃やし「他人の言葉を真似る盗人!」と大君に指摘、
書物でしか知らない民のことを美化している大君を「世間知らず」とけなし、
じゃあ世間を知る!と大君が言うと、世間を知れば学ぶ気が失せるからダメ!と、
ちょっぴり意地悪な屁理屈で教え子をやりこめたエピソードが回想されました。

さて、助けられた忠寧大君は屋敷に帰らずに町の居酒屋で民の料理を食し中。
お付きの内侍チャンウォンが両親と離れてから10年と97日経つと知ると、
病気の父親を心配してあげつつ、父王・太宗と疎遠である寂しさを吐露しました。

太平館前での露店を禁じられた商人パクが、自爆テロばりに火だるまの馬で突撃~。
明に汚いところは見せられない!と太宗が露天撤退を命じたと大君が知ります。
太平館の前で起きたこの騒ぎに怒っている明の勅使ファン・オムへの謝罪文を、
刷巻色提調パク・ウンの提案により世子(後の譲寧大君)が持参することになり、
必要ならひざまずけ!それが政治だ!と太宗が世子に持論を披露しています。
父上の時代は終わるし明の後ろ盾が必要だとミン・ムグ(元敬王后弟)に囁かれ、
やっと重い腰を上げた世子の前で、ファン・オムは出されたお茶をわざとこぼし、
この無礼に怒る前に国民を監督しろ!とわりとごもっともな抗議をなさいます。
ムカつきまくった世子は宮殿に戻ると部屋の中で荒れまくるのでした・・・。

パク・ウンが朝鮮建国時の血のついた刀でファン・オムを刺激して会談が実現。
世子を人質に求められた太宗は鄭和(明の有名な武将)のことを持ち出すと、
この刀を持ち帰れば皇帝の右腕となって富と権力を得られると説得しました。
こうしてファン・オムはたっぷりの銀や皇后への土産を明へ持ち帰ります。

太平館の前では、死んだ商人パクの露店の場所を商人が奪い合っていました。
民のみにくい姿に忠寧大君は驚き、そのうち騒ぎが大きくなってみんなで投獄~。
商人への立ち退き補償料を役人がネコババしているのを知った忠寧大君は、
それを解決できたら王を侮辱したことを詫びるか?と露天商たちに迫ります。
父上がきっと解決してくださる・・・と父王を信じている純粋な忠寧大君は、
不満を持っている民が叩く「申聞鼓(シンムンゴ)」 を叩き鳴らしました。
もちろん大問題となり、血の雨が降るかもしれないとハ・リュンが予測します。
スポンサード リンク
<「大王世宗(テワンセジョン)」あらすじの合間に その1>  | HOME | <「王と私」の“三能三無”の意味を復習>

スポンサード リンク


>不満をもつ民が叩く“申聞鼓(シンムンゴ)” を

これ、「王の女」でならしてましたね?永昌大君殺害を訴えるときに。
この時代からあったものなんでしょうかー?びっくりです。

目安箱みたいな消極的なのではなくて、ド音響の鐘(というかドラという
か・・・)ってところが派手でいいですよね♪

それから、過去のメモを見たら、オクチョン息子・景宗の初代嬪宮や、こ
こでの将来の王妃シム氏とともに、文定王后様のご子息・明宗の王妃
である仁順王后も青松シム氏と書いてあったのですが、そうだったかな?
と今調べ中です・・
[ 2009/09/29 07:16 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは!

> これ、「王の女」でならしてましたね?永昌大君殺害を訴えるときに。
> この時代からあったものなんでしょうかー?びっくりです。

そうですそうです!ありましたよねえ~
しかし、せっかく設置されているものなのに、
叩けば「けしからん」と大騒ぎされるとはややこしい存在ですね。

ところで、これにお答えしたかったのでとりいそぎ!

> それから、過去のメモを見たら、オクチョン息子・景宗の初代嬪宮や、こ
> こでの将来の王妃シム氏とともに、文定王后様のご子息・明宗の王妃
> である仁順王后も青松シム氏と書いてあったのですが、そうだったかな?
> と今調べ中です・・

そうです、たしか二人とも青松シム氏です。
チャンヒビンの息子の嫁のカンテクのときにそのことが出てきます。
http://r35diary.blog4.fc2.com/blog-entry-535.html
(あらすじ74話)

ちらっと書き入れた系図もありましたのでご参考に~
http://blog-imgs-31-origin.fc2.com/r/3/5/r35diary/outowatashi1.gif
[ 2009/09/29 09:40 ] [ 編集 ]
わー、調べていただいてすみません!
というか、こちらでヒビンのあらすじを拝見すればすむ問題でした(笑)。

余計なお手間をとらせてしまってすみませんでした。「女人天下」で
明宗さまの王妃様が出てくるのを楽しみにしています(出番・・ありま
したっけ?そこだけ不安です)。

でも、チャンヒビン、いくら父が役職ナシ儒生だからってそんな超名門
の嫁で文句たれるなんて彼女らしいですね・・
王妃二人も出してるなんてすごいじゃないですかっ!!

ときに本貫の名前、この「青松」とヒビンの「玉山」ひそかに気に入っています。
「青松」ってなんだか盆栽みたいだし(すみません)、「玉山」もすごくおめで
たそう(ほめ言葉です)な・・。坡平とかには反応しないのですが(笑)。あとは
マッコリ名産地と同じ本貫だったりすると、どうしても意識がそっちに・・・
[ 2009/09/29 19:17 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント