*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と私」あらすじ 62話>

護衛部のイ・ゴンシンは目に余るキム・ジャウォンを独断で捕らえますが、
小宦がキム・チョソン(内侍府長)に報告してジャウォンは一命をとりとめます。
権力など儚いものだとチョソンが諭しても、ジャウォンは聞く耳持たずです。

キム・ジャミン(チョソン実父)を自害させたのも睿宗(イェジョン)の毒殺も
振り返ってみればチギョムは野心ではなく内侍の務めを果たしただけなのだ・・・。
ある日ヤン尚薬はチョソンに語りました。

オム&チョン貴人の遺体を捨てさせ、安陽君ら(チョン息子)を流刑に処した燕山君。
さらに、母上(廃妃ユン氏)の死刑に賛成した者を処分せよと命じました。
インス大王大妃と言い争い、王妃シン氏の気遣いも理解しません。
この隙に中宮になっては?とジャウォンからそそのかされたチャン・ノクスが
いそいそと大王大妃に差し入れを持って行くと拒絶され、尚宮たちが嘲笑します。
私を追放してください!とさっそく燕山君に泣きつくチャン・ノクス。
ただちに尚宮たちが捕らえられ、目と耳を潰して舌を抜かれます。
そして燕山君は大王大妃殿に押し入り、ホン尚宮を引きずり出すのでした。

大王大妃が倒れたと聞いたチャスン大妃は覚悟を決めて大殿へ行きました。
行いを改めぬなら母として鞭打つ!と叱る大妃の言葉に燕山君は涙を流し、
実の息子のように叱ってくれず寂しかったと打ち明けます。
大王大妃は、晋城大君擁立の声があがっても立場を揺らがすなと大妃に助言。
その後、危篤になると、仲たがいしていた燕山君も駆けつけてきました。
廃妃のことは後悔していない、燕山君の賢さを信じたから世子にしたのだと話し、
これ以上血の雨を降らしてはならないという言葉を最後に大王大妃が逝去しました。

その後も燕山君の宴好きは治らず、王妃兄(シン・スグン)は王に追従しているよう。
臣下たちは「忠」という文字を帽子に貼ったおマヌケな姿で朝廷会議してます。
要人の夫人たちを同席させた宴で王が醜態をさらすシーンもありましたが
月山君夫人に手をつけた話は出てきませんでした。残念!
(考えてみたら、子持ちチャン・ノクスといい、そうか燕山君はマザコンなのですね)

ユ・ジャグァン(武霊君)は謀反の兆しがあることをチョソンに告げ、協力を要請。
チョソンは養母ウォラにこれまで育ててくれた礼と退職の決心を伝え、
止めるケヒャンには生涯の想い人(ソファ)との約束を破れないと言い、
ゴンシンに後を頼むと“最後の忠言”をしに六根壷を持って宴の場へ向かいました。
スポンサード リンク
<「王と私」の豊川尉って誰?>  | HOME | <「王と私」あらすじ 61話>

スポンサード リンク


>その後、危篤になると、仲たがいしていた燕山君も駆けつけてきました。
やっぱりどんなに憎くても燕山君にとってはインス大妃はおばあちゃんなんですよね…。
ほんとはもう遅いけど、燕山君に少しでも
おばあちゃんを思う心があったことに少しホッとしました。
大王大妃も別に晋城大君ばかりを可愛がっていたわけではなく、
たまたまそんな場面ばかりを燕山君は見ただけなんだと思います。
大王大妃も孫を思っていろいろ注意をしてましたしねw

>月山君夫人に手をつけた話は出てきませんでした。残念!
その辺は、来月あたりにDVDが出る「王妃チャン・ノクス」では詳しく描いてるようですね。
その月山君夫人役が「王と私」でチョンヒ大妃をやったミギョンさんなんですよね~…f^_^;
そういえば「王妃チャン・ノクス」のミギョンさんが出ている部分だけ見たのですが、
月山君夫人が死ぬシーンはたまたままだ見てないんですよね(笑)
(自殺未遂したシーンは見ましたけど…。ちょっとショックでした(汗))
「チャン・ノクス」いつかDVDを借りてみようかな?
ちなみに「チャン・ノクス」での燕山君はインファさんの旦那ユ・ドングンさんです♪
[ 2009/09/22 19:44 ] [ 編集 ]
うめ子さま、お邪魔します!
しばらく家をあけてチェックしたないうちに「私」がクライマックスに・・!

>チギョムは野心ではなく内侍の務めを果たしただけなのだ

このへん、レトリックがよく理解できず「???」と見た記憶が・・
「私」は個人的に迷言集作りたいくらいに特に変わった(?)表現
が多くて面白いです。

>ホン尚宮を引きずり出すのでした

祖母に手出しできなければそのサングンを!大変ですね。
どの燕山君ドラマにもサングンを身代わりにするシーンはあるので、
史実なのかなと思ってみていました。

>大王大妃が逝去しました

燕山君が突き飛ばしてインス大妃が死んだ、というエピソードはあまり
採用されないのかな?かろうじて映画「王の男」がそれに近かった気が
しますが・・。

>かよさま

>>王妃チャン・ノクス

それは見たいです!ましてやミギョンさん出演となれば^^
余談ですが「王と妃」でも月山夫人は陵辱されず、ほかの
宗室夫人複数が被害にあっていました。

月山夫人は養母がわりで、燕山君の子供が厄除けに
月山君邸で養育されたためそういったうわさがたった、
とナレーションされておりました・・。

「妃」でも「王の男」でも燕山君赤ちゃんプレイしていますよね!
そういうイメージなんでしょうか・・



[ 2009/09/23 10:58 ] [ 編集 ]
>かよさま

> 大王大妃も孫を思っていろいろ注意をしてましたしねw

でもこの二人は間が悪いというかなんというか
どっちも強情なのでああなっちゃうんでしょうねえ・・・


> その辺は、来月あたりにDVDが出る「王妃チャン・ノクス」では詳しく描いてるようですね。
> その月山君夫人役が「王と私」でチョンヒ大妃をやったミギョンさんなんですよね~…f^_^;

そうなんですか!ワクワクしてきました(不謹慎?)


> ちなみに「チャン・ノクス」での燕山君はインファさんの旦那ユ・ドングンさんです♪

これもまた魅惑的な顔ぶれですね。
インファさんも出てたらよかったけど
そうしたら「王と私」大移動になっちゃうのでそれは望めませんね。


>黄梅さま

> このへん、レトリックがよく理解できず「???」と見た記憶が・・

なんか最終回にいくにつれて
チギョムのことをキレイにまとめようとしている風情がしてきません?


> 燕山君が突き飛ばしてインス大妃が死んだ、

これは残酷すぎますもんね~
ちょっとドラマにしづらいのかも?
しかしこれがホントなら(民でもそうですが)王にあるまじき行為ですね~
[ 2009/10/27 09:34 ] [ 編集 ]
側室でも、官位を貰い王室の一員となるにしても、王妃イコール正室という固定概念があるので、ピンときませんね。

でも、豪華メンバーですね。DVDは是非見なくっちゃ!ちなみに「チャン・ヒビン」とノクスは同族なのでしょうか?チャンは張ですよね?

「明成皇后」見たら、この皇后閔氏はは「ヒビン」に廃妃に追い込まれた仁顕王后の子孫だったとあって驚きました。つながりめっけ~の楽しさです。

燕山君とノクスの踊り、ちょっと可愛くって好きです。雅楽の原型のような宮廷楽士(?)たちの演奏も格調高くて好みです。CDとか欲しい私です。宮中音楽という範疇でしょうか。

うめ子さまも少し書かれてましたが、このドラマの挿入歌が現代メロドラマ調で甘ったるくってずっと苦手でした。歌詞は字幕で出ませんでしたね。

歴史ドラマにおける音楽は、私の中では重要なのでーす。
[ 2009/10/30 15:23 ] [ 編集 ]
>アヤさま

仁顕王后の子孫だったのですか!驚きですー
でも仁顕王后のときはそれなりに見えたのに
明成皇后のときは「没落」両班だった、と聞きましたが・・
その間にいったい何が(><)

チャンヒビンは玉山張氏ですが、私の知ってるソースで
チャンノクスの本貫が出てきません・・・同族なんだろうか・・
ちなみに父親が成宗のときに科挙(文科)に受かったという
情報はゲットしました(笑)。本人は妓生でも出身家庭は
卑民ではなかったんですね・・と一人で納得しました。

友人から「王妃チャン・ノクス」の録画を借りたんですが、
途中話までで、見る気力が(笑)。全話揃わないとエンジン
かからないんですよね・・
[ 2009/11/03 05:59 ] [ 編集 ]
アヤさま、こんにちは~♪今年もよろしくお願いいたします!


> でも、豪華メンバーですね。DVDは是非見なくっちゃ!ちなみに「チャン・ヒビン」とノクスは同族なのでしょうか?チャンは張ですよね?

黄梅さまおっしゃるよに中国語サイトに本貫が出ていません~
で、ハングルでもざっくり調べたところ「未詳」のようです。
残念です~


> 「明成皇后」見たら、この皇后閔氏はは「ヒビン」に廃妃に追い込まれた仁顕王后の子孫だったとあって驚きました。つながりめっけ~の楽しさです。

そういうの見つけると楽しいですよね♪


> うめ子さまも少し書かれてましたが、このドラマの挿入歌が現代メロドラマ調で甘ったるくってずっと苦手でした。

その点「女人天下」(もう視聴スタートされましたか?)は
いかにも!なかんじの昭和音楽で秀逸だと思います。
あ~あ~という冒頭を聞くとなんともいえない気持ちになれます♪
[ 2010/01/10 03:48 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント