*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「イ・サン(正祖)」あらすじ 5話>

イサン第5話「毒が残した手がかり」

旧友の夢で目を覚ました世孫イ・サン(後の正祖)が、刺客の侵入に気づきます。
刺客は黒幕を自白せずに毒を飲んで自害し、イ・サンの報告で宮中は大騒ぎに。
しかし遺体は消えうせており、イ・サンが心の病だという噂がたちました。

英祖が可愛がっている娘ファワン(和緩)翁主が宮殿に訪ねてきました。
このファワンも思悼世子(サドセジャ)も側室・映嬪李氏から生まれており、
ファワンはイ・サンの実の叔母。なので本来ならイ・サンを可愛がるはずなのに、
反イ・サン派である老論(ノロン)派のチェ・ソクチュと結託しています。
それにしてもこの王女さまったら、賭け事なぞして男まさりなご様子ですよ。

護衛官が敵と内通していると睨むイ・サンは、厳しい態度で挑み、何人も罷免に。
そんなある日、幼い宮女を助け、ソン・ソンヨンのことを懐かしく思い出します。
実はソンヨン&パク・テス&パク・タルホ(テス叔父)は1年前に都に戻り、
ソンヨンは図画署(トファソ=絵画を司る官庁)の茶母(タモ=下働き)に、
パク・テスは賭け相撲に興じる明るいごろつきになっていました。
ソンヨンはいつか宮殿に行くこと、テスは勉強して武官になることが目標。
友達だったイ・サンが自分たちを忘れていたとしても、もう一度会いたいのです。

噂されているような“乱心”でないことを示せと英祖から命じられたイ・サンは、
まずは刺客が用いた毒薬を内侍府のナム・サチョに調べさせました。
すると、図画署だけが使う顔料の雄黄であることがわかり、図画署へ向かいます。
外で洗濯をしていたソンヨンが急いで図画署へ戻ると、イ・サンは帰った後。
宮殿に帰っていく華やかな列を、ソンヨンが悲しく見つめるのでした。
その夜、イ・サンを思い出しながら、余った顔料と紙で絵を描くソンヨン・・・。
茶母のくせに何をしてる!?と上司タク・チスに咎められ、倉に閉じ込められます。

一方、ナム・サチョは、毒を盗んだ犯人をハン内官が見つけたとイ・サンに報告。
その翌朝、今日こそは敵の証拠を手に入れてやる!とイ・サンが張り切ります。
スポンサード リンク
<「王と私」あらすじ 53話>  | HOME | <「王と私」あらすじ 52話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント