*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と私」あらすじ 43話>

毒薬を見つけただって?そんなの証拠にならないよーーん!と
チョン・ハンスとソリョンはキム・チョソンを全く相手にしません。
養父チョ・チギョムもチョソンの軽率さを指摘します。

チョ・チギョムとの仲を打ち明け、チョソンを実の子のように思いたいと言うオ氏。
正室を悲しませるべきではないとチョソンは拒みます。
チギョムのほうは、オ氏が縫った上着を妻がズタズタに切り裂いているのを見て、
妻を突き放してオ氏の家へ行ってます。チギョム、あんたは冷たいよ・・・

内子院からケドチが姿を消しました。
ウォラは貧しい村に暮らすケドチを見つけ、一生そばにいてと泣いて連れ戻します。
というかこの二人、まだそんな仲になっていなかったのですか?

内侍府を廃止してくれと朝廷の面々から求められた成宗は、
上党君(ハン・ミョンフェ)の背後にいるインス大妃に抗議。
チョンヒ大王大妃は、インス大妃が間違っているとして内侍府の維持を望みます。
おまけに大妃はソファ(王妃ユン氏)との面会を拒み、二人の対立は深まる一方。
二人はチョンヒ大王大妃から叱り付けられます。
しかしチョソンの口止めにも関わらず、ソファが流産事件でハンスを問い詰めると、
早速ハンスは大妃に報告。ソファはまたまたインス大妃から怒られるのでした。

内侍府の廃止を防ぎたいチギョム。オウドンの引渡しと中宮変更を求める上党君。
二人は己の利益のために再び取引します。
オウドンがチギョム宅から出ると、ちょうどやってきた義禁府に捕らえられました。
取調べの場にはインス大妃がお出まし。人払いをしてオウドンと話します。
成宗との仲をきっぱりと否定し、自分の誠の夫はイ・センウォン様のみと答え、
女としての人生を楽しんだというオウドンに、大妃は冷たい言葉を吐き捨てました。
こうして牢に入れられてしまったオウドンをチョソンが訪ねます。
死ぬ前に一度成宗の顔を見たいというオウドンとの約束を守るために
チョソンは成宗を連れて牢へ。牢に入る王の姿なんて、初めて見ましたよ~!
ハンスはそれをソファにバラし、二人が手を握り合う牢へソファがやってきま~す。
スポンサード リンク
<「王と私」あらすじ 44話>  | HOME | <「王と私」あらすじ 42話>

スポンサード リンク


>養父チョ・チギョム(内侍府長)もチョソンの軽率さを指摘

昭和攻撃不発につぎ、人格者だけど権謀は向いてない
チョソンの性格がよく出てますね。マジメ一本じゃあ生き残れ
ないしソファを守れないよっとつい思ってしまいますー

>正室を悲しませるべきではないとチョソンは拒みます
>チギョム、あんたは冷たいよ・・・

そしてまたチョソン正論!このへん、ちょっといらいらしな
がら見た記憶が(笑)。チギョムとチョソン親子のマイナス
面がおもてに出まくってて。

>まだそんな仲になっていなかったのですか

ウォラがなかなかなびかなかったけど、ここでついに♪
ですね。ケドチ出て行ったときはなきそうになりましたよ!
ケドチは本当に名・名わき役に思えます^^

>二人はチョンヒ大王大妃から叱り付けられます

なんかもー理屈というよりソファをひたすらたたく仁粹
大妃、「強情な女」対決ですね。泥仕合でチョンヒさま
から怒られても収まらないし、そして見ていてもどーも
のってきませんでした。つい「女人天下」と比べてしまう!

>大妃は冷たい言葉を吐き捨てました。

(余計なお世話ですが)仁粹大妃は比較的はやく夫と死別
してますもんね。その後、寡婦生活でいらっしゃるから、余計
にオウドンみたいな奔放さは嫌いそう・・・。

お下品な推測ですが・・汗。

>牢に入る王の姿なんて、初めて見ました
>二人が手を握り合う牢へソファがやってきま~す。

成宗の真剣さがよくわかりますね(でも感心しないけど)。
酔ってる場合じゃないのよアナタ!!ってなもんです。
ソファ・・ナイスタイミング!このへんの夫婦喧嘩はいつも
タイミングがよくって二人の因縁を感じます。

幼馴染から始まって、王妃と王様だとここまで尾行したり
ありえませんもんね・・・(お忍びしすぎ)。


[ 2009/08/24 23:21 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは~♪

> チョソンの性格がよく出てますね。マジメ一本じゃあ生き残れ
> ないしソファを守れないよっとつい思ってしまいますー

チョソンの武器は正義と真面目さなんでしょうね~
ハンスのしたたかさが1%でもあれば・・・
ま、なくてもいいですけど。


> ウォラがなかなかなびかなかったけど、ここでついに♪
> ですね。ケドチ出て行ったときはなきそうになりましたよ!
> ケドチは本当に名・名わき役に思えます^^

ソファとチョソンの仲も、オウドンと成宗のこともどうでもいいのに、
ウォラとケドチはなんだか応援したくなっちゃいますねー


> (余計なお世話ですが)仁粹大妃は比較的はやく夫と死別
> してますもんね。その後、寡婦生活でいらっしゃるから、余計
> にオウドンみたいな奔放さは嫌いそう・・・。
> お下品な推測ですが・・汗。

いやいや、そういう心理もあっておかしくないかもしれないですよね。
そして息子をトリコにしたことへの嫉妬も・・・・こわっ
[ 2009/10/13 02:24 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント