*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「イ・サン(正祖)」あらすじ 3話>

イサン第3話「王への第一歩」

え?世孫(セソン=王の孫)様を捕まえるんですか?と臣下がひるんでいると、
それなら自分で捕まえる!と英祖(ヨンジョ)はイ・サンに相当おかんむり。
そこへ思悼世子(サドセジャ)の訃報が届き、英祖はイ・サンを不問に付します。
イ・サンの逃亡を助けたソン・ソンヨンとパク・テスは宮殿から追い出され、
嬪宮(世子妃でイ・サン母)の実家で過ごすイ・サンには英祖から呼び出しが。
戻らない!王になんかなりたくない!と抵抗するイ・サンに嬪宮がこう話します。
「権力や家門のためではなく、生き残るために王になってほしいのです」。
宮殿へ戻るイ・サンの行列を見送る民衆の中に、ソンヨンとテスの姿が・・・!
また宮中で必ず会おう・・・と初めてできた友達と約束を交わすイ・サンでした。

世孫の廃位を願うたくさんの上奏文を前にした英祖がイ・サンの意志を問うと、
生き延びるために王になります!資質を見せます!とイ・サンが答えました。
そんな孫に厳しい態度の英祖でしたが、イ・サンを東宮にすると公式に発表。
臣下たちは李氏朝鮮名物の集団座り込みで猛烈な抗議の意を示します。
イ・サンは勉学に励むも「王が最初にすべきこと」が何かを英祖に答えられず、
さらに東宮殿の割当金三千両を使い果たしたのが発覚してまさかの「東宮失格」。
しかし貧しい子供が清国に売られるのを救うためにお金を使ったと知った英祖は、
それこそ王がすべきことだ!と認めてくれイ・サンを東宮の座にとどめました。

ムカつく反イ・サン派(老論派)は英祖の前でイ・サンをおとしめようと計画。
全国各地から秀才を集め、書の暗誦と解釈をさせるという席を設けました。
「周書は問題に出ない」とイ・サンには嘘の情報を教えておいて、周書から出題。
口ごもるイ・サンに代わり、チョン・フギョムという少年がすらすらと答えます。

難局は続き、今度はイ・サンが住んでいた世孫宮から銃と刀が見つかりました。
父の思悼世子(サドセジャ)と謀反を企てていたのか!?と英祖は激怒。
その銃はおそらく、ソンヨンが世話になっている商団で目撃したものですよね。
スポンサード リンク
<「王と私」あらすじ 35話>  | HOME | <「王と私」あらすじ 34話>

スポンサード リンク


英祖はやっぱり思悼世子を殺したことを後悔してますよね!
ずっと後にドラマでも後悔するシーンが出てきますが…。
実際英祖は、息子を死なせたことを後悔していた…と歴史では語られているそうですが、
実録など、歴史書にはそういう記述はないそうです。
でも息子を死なせて悲しまない親って、絶対いないと思うんですよね…。

>英祖は世孫の資質を問うたくさんの上奏文を前に、孫の意志を問います。
英祖はイ・サンに厳しい態度しか見せませんが、
やっぱり孫に、将来ちゃんとした王様になってほしいんですよね?
民のために国を収めてほしいというか…。
でも、難題さえも解決出来ないならそれまでの人間だと考えているのだろうと、
私は思いました。(そう思いたい(笑))
英祖役は、やっぱりイ・スンジェさんにピッタリな役ですね(^^)

>答えに詰まったイ・サンに変わり、他の生徒ががすらすらと解答しました。
チョン・フギョムですね。
この先の、イ・サンのライバルであり敵。
このチョン・フギョムが今後憎たらしくて憎たらしくて…。

既に3話まで見て気付きますが、
本当に次から次へとサンに試練が向かってきます。
私は、これがどうも苦手なんですよね(^_^;A
「チャングム」も十分試練だらけでしたが、
「イ・サン」の場合事件が解決したかと思ったら、休まる暇もなくすぐに次の事件。
しかも始めの数話はピンチばっかりだし、
悪役はムカツキ続けるしで、見ているうちに疲れてしまって…。
「イ・サン」もガス抜きはあるのですが、
あまりにすぐにピンチなのであれだけのガス抜きじゃ足りません。
だから本当は「もう見ないぞ!」と思ったんですが…見てしまってます(汗)
結局面白いと認めてますf^_^;
[ 2009/08/16 23:36 ] [ 編集 ]
かよさま、いらっしゃいませ~♪

> 実際英祖は、息子を死なせたことを後悔していた…と歴史では語られているそうですが、
> 実録など、歴史書にはそういう記述はないそうです。
> でも息子を死なせて悲しまない親って、絶対いないと思うんですよね…。

私もそう思いたいです・・・
しかし王位がからむと親子でも非情になりますよね。
「王の女」の宣祖もなんだか・・・だったし。


> やっぱり孫に、将来ちゃんとした王様になってほしいんですよね?

結局イサンに王位を継がせましたし、息子はアレだったけど、
イサンを王位にはつけたかったのだろうと私も思いました。


> チョン・フギョムですね。
> この先の、イ・サンのライバルであり敵。

そうなんですね!ビデオにとらずに見ているので
名前見逃してしまっていて・・・
教えていただいて助かりました。ありがとうございます♪


> 「チャングム」も十分試練だらけでしたが、
> 「イ・サン」の場合事件が解決したかと思ったら、休まる暇もなくすぐに次の事件。

たしかに~
乗り切った後で束の間の「スカッ」がほしくなるときがありますね。

掃除のおばさんをしている女社長の正体がわかって
みんなが「えー!(ひれ伏す)」とか(中村玉緒ドラマ)、
行き遅れのツアーコンダクターが財閥の娘とわかって
「えーー!」と驚かれて「ふんっ」とか(名取祐子)・・・
あれ、ちょっと違いますかね(爆
[ 2009/09/11 01:15 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント