*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と私」あらすじ 23話>

ソファ(ユン淑儀)を王妃にするのには、チョンヒ大王大妃もインス大妃も反対。
自分は前王の嫡子じゃなかったから次は嫡子に継がせたいと成宗が話します。
オム淑儀とチョン淑容は、ソファが枕元で殿下を操っていると意地悪そうに噂します。

ソファが王妃になる!と思った女官ポドゥルの態度がデカくなり、ホンビと大喧嘩。
傷だらけになったホンビが「薬を塗って~ウフ♪」とキム・チョソンに媚を売り、
それをムン・ソウンが嫉妬でムカつきながら非難しているのがおもしろいです。

パク・ドクフ(義禁府長の息子)がユン・ギヒョン(ソファ兄)に近づいて
賄賂の受け取りと暴行事件を演出します。もちろんこれはチョン・ハンスの策略。
事件に怪しいところはないのか?と内侍府長チョ・チギョムが疑っています。
「ソファが中宮になったら血の雨が降る」という予言を気にかけるチギョムに、
神の意はどうにもならない、養父のノ内侍と対立するなとソグィが忠告しました。

スクキョン(ユン淑儀)を呼び、そなたを中宮にしたいと打ち明けるインス大妃。
燕山君を実子のように育ててくれと頼むのを、部屋の外でソファが聞いてしまいます。
どうやらインス大妃はオム淑儀の人柄が気に入らないもようですね。
インス大妃と結託しているハン・ミョンフェ(やノ内侍)はオム派なのですが・・・。

ソファが好きでもスクキョンを王妃にすべきだと成宗に進言するチョ・チギョム。
しかし成宗は「中宮選びは親政の第一歩」なので自分で決めたいと考えていました。
チョソンがチギョムに抗議すると、内侍府長になるまでは父に従えと言われます。
翌日の会議で成宗はハン・ミョンフェ(上党君)とユン・ホ(スクキョン父)を牽制。
ソファの中宮即位を宣言する立派な態度を見た大王大妃は成宗の決断を認めるも、
意のままにならない息子にヘソを曲げちゃったインス大妃は面会謝絶(爆)。
母が怖いのだと打ち明けた成宗が(「王と妃」では妖怪より怖いと言ってました!)、
誠心誠意お話ください・・・とかつての乳母オ尚宮に背中を押されて会いに行くと、
オモニ・・・息子としてお願いします!とお願いしてひしと抱き合うのでした。
こうして成宗とソファが婚礼を挙げ、有名な廃妃尹氏(斉献王后)が誕生します。
スポンサード リンク
<「王と私」あらすじ 24話>  | HOME | <「王と私」あらすじ 22話>



>自分は前王の嫡子じゃなかったから嫡子を継がせたい

そういえばイエジョン亡くなってましたね(今思い出しました・・)
お兄さんには月山大君(「王と私」ではほぼ出番ないけど)が
いるし、お父さんは世子でなくなってますものね。

>女官ホンビとケンカになってますよ~
>チョン・ハンスはパク・ドクフ(義禁府長の息子)を操り、
>ユン・ギヒョンに近づかせ、手形受け取りと暴行事件

ホンビとポドルのけんかは好きです!やれやれ!って(笑)。
お前たちこどもかー!みたいな。パクドクフといい、ソファ兄
といい、「王と私」ではソファが徹底して潔白ですね。好きな
ドラマだけど、ここまで周囲だけ(ハンスだけ?)悪いというの
もなんだか違和感を感じてきました。

>大妃はオム淑儀の人柄が気に入らないもようです

私もここ、笑っちゃいました!
ハンミョンフェ派のはずが・・それにしてもオム淑儀は人選
ミスというか、これじゃ成宗の心も宮廷での地位もつかめ
なさそうというか。この人が選ばれたのもすごいですね。

仁粹大妃の書いた婦徳という本で、きっとそのへん解説
してくれてるのでしょうか(オム淑儀みたいな側室がだめな
わけ・笑)。愛知の徳川美術館(?)にあるそうですが、遠く
て見に行けない・・興味しんしんなのですが。

>内侍府長になるまでは父に従えと言われます

既成事実ではありましたが、ネシ府長は世襲なんですね。
って、チギョムがチョソンを見込んで養子にしたからですが。
特別扱いも当然だったよなーと思いました。なったら逆らっ
てもいいのか、自分もノ尚膳に逆らってますしね。

>強い態度を見た大王大妃は成宗を認めますが、
>インス大妃は面会謝絶
>オモニ・・・息子としてお願いします、と抱き合うのでした。

ここ、「こうくるのかあー」と意外でした。
「王と妃」の仁粹大妃と成宗はここまで情愛がなかったな(笑)。
「王と私」はだんだん2時間温情ドラマなのかなと思った瞬間で
す。母が怖いのは一緒だけど・笑。あんまり感動シーンを予想
してなかったので、最後で面食らいましたよ・・

余談ですが、NHKビデオ通販で「チャングムの花園」という
DVDを見つけました。性格には「チャ」でなく、濁点がついて
いるのですが、どうやらチャングムをぱくったエッチなドラマの
ようです。当然存在するだろうと思いつつ、その日本語版が
出た上に取り扱うNHKの懐の深さを感じました!

マジメなファンの方、申し訳ありません!
[ 2009/06/09 23:11 ] [ 編集 ]
…でしたね。そういえば。
ハン・ミョンフェと同じ苗字。

>大妃と結託しているはずのハン・ミョンフェはオム派なのにね?
ずっと疑問だったことですが、インス大妃とハン・ミョンフェって同じ家系の人間ですか?
誰かご存じありませんか?

実はちょっといやだなと思うのが、これ。
インス大妃とミョンフェって結託してるじゃないですか。
ミョンフェっていいイメージがない(悪党だと私的には思ってたり(^_^;))ので、
曲がったことが嫌いなインス大妃にはミョンフェと結託してほしくないなぁと、
どうしても思ってしまいます(ははは…^_^;)

>どうやら大妃はオム淑儀の人柄が気に入らないもようです・・・。
>ハンミョンフェ派のはずが・・それにしてもオム淑儀は人選ミスというか
そういえば、そんなことをインス大妃本人が言ってましたね(笑)
「何だ、オム淑儀の本来の人間性を分かってるんじゃん!」
と、思いました。
いくらミョンフェと結託してても、性悪な人間性が気に入らないのでしょう。
だけど、そう考えるとなぜインス大妃はソファの人間性を見抜けなかったのか、
どうしても不思議です。
だからこそ、ソファを責めるインス大妃に腹が立ってしまうわけで…(汗)

>その強い態度を見た大王大妃は成宗を認めますが
いつもなら王室最優先のチョンヒ大妃。
こういうところでは、人の気持ちもちゃんと尊重して考えるんですよね。
ちょっと矛盾している気はしますが、「人間の気持ちを無視できない」という、
チョンヒ大妃特有の性格なのかな…と、感じました。
これはミギョンさんでなければやっぱり違和感バリバリだった気がします。
チョンヒ大妃の人選正解だったなと思った瞬間でした。。。
[ 2009/06/09 23:57 ] [ 編集 ]
連続投稿すみません。

>仁粹大妃の書いた婦徳という本
そういえば、何話だったか忘れましたが、
「女人天下」で文定王后が側室達にその本のことを言ってましたね。
私は「王と私」の方を先に見たので、「女人天下」で王妃がそれのことを言った時点で、
「王と私」のインス大妃が浮かんで思わず笑ってしまいました…。
[ 2009/06/10 00:20 ] [ 編集 ]
おはようございます^^

チョンヒ大王大妃の態度には私も感動でした。
そしてなぜソファだけは見抜けない仁粹大妃・・?

「婦徳」、やっぱり女人天下でも出てくるのですね。
内容は想像つきますが、やっぱり読んでみたいです。
こういう形でドラマ同士がつながるのも面白いですね♪

それ以上に私が笑ってしまうのは、(ドラマでだけど)あれ
だけ「婦徳」か?みたいな権謀家&政治介入&声がでかい
&怖い・爆の仁粹大妃が書いた「婦徳」の書、ってことで・・
たぶん上記に反することがかいてあるんじゃないかなーと
思ってるんですが。中国と韓国の婦徳じゃ違うかな。

あ、でも大妃になったら政治に多少は介入せざるをえないか。
でも仁粹大妃ほどはどうかと(笑)。個人的にはスキだしかま
わないけど、婦徳的にNGな気がします!!

それと仁粹大妃とハンミョンフェは別の一族です(たしか)。
利益のために結託してるだけのはず。「王と妃」では、仁粹大
妃の親戚で側近のハンチヒョンという人(「王と私」でハンミョン
フェ役のキム・ジョンギルさんが偶然にも演じています)がでて
きますが、ミョンフェさんは特に血縁とか本貫は別じゃなかった
かな・・?
[ 2009/06/10 08:58 ] [ 編集 ]
ハンミョンフェと仁粹大妃ですが、血縁はなくても姻戚関係
ではったので(ご存知のとおりイエジョンや成宗の第一
王妃はミョンフェの娘たち)、成宗が兄の月山大君をのけ
て王位についたのは、ミョンフェの娘と結婚していたせい
でもある、という説をよんだことがあります。

世祖のクーデターに参加したミョンフェ様ですから、権力
は絶大でしたし、世祖崩御あとの王位継承の混乱をみ
るとそんなのもあるだろうなあと思いました。
[ 2009/06/10 09:01 ] [ 編集 ]
こんにちは。いらっしゃいませ~♪


>黄梅さま

>、「王と私」ではソファが徹底して潔白ですね。好きな
>ドラマだけど、ここまで周囲だけ(ハンスだけ?)悪いというの
>もなんだか違和感を感じてきました。

そうなんですよね~。だから反感もっちゃうんでしょうね・・・
いい子ちゃんには冷たい私たちですね(笑

それにしても「婦徳」を見に行きたいと思うなんてさすが黄梅さまです!
と同時に「ヂャングムの花園」も制覇されているところが、またさすが♪

ハンミョンフェとインス大妃は血縁はないのですね。
黄梅さま、いつもながらよく存知ですね・・・勉強になります!!


>かよさま

>「女人天下」で文定王后が側室達にその本のことを言ってましたね。

そうそう!王妃になりたての頃、側室に覚えさせてましたね。
(女人天下12話→http://r35diary.blog4.fc2.com/blog-entry-221.html
結構受け継がれる名著(?)扱いですよね?
「チャンヒビン」でもでてきませんでしたっけ・・・?
[ 2009/06/19 21:20 ] [ 編集 ]
すみません、何話か忘れましたが、キビシイ明聖王后さまが
確か「婦徳」をすすめてらしたシーンは見ました。
なのでなくなる前の42話以前ということでしょうか・・?

「ジャングム」は、はっきり言ってつまんなかったです!
細かいパロディなどあるのでしょうが、そこまでは知らない
ので確かめられず・・あとNHK出版でなくポニーキャニオン
でした。すみません!

仁粹大妃とミョンフェさまですが(こだわってすいません)、
儒教道徳では父系親族との結婚は禁忌中の禁忌なので
(近親相姦くらいな扱い)、同じ「韓」さんでもほぼ確実に
同族ではないと思います~♪

婦徳系の書って、おしとね編があったりして、意外におも
しろいんですよ!合宮のときは右側に寝ろとか何とか・・
そこまで!みたいな具体的指示があったり(日本のです)。
なので韓国の婦徳書がどんなものか興味津々なのです。
もし見る機会があればご報告しますね^^
[ 2009/06/20 08:44 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは~

> すみません、何話か忘れましたが、キビシイ明聖王后さまが
> 確か「婦徳」をすすめてらしたシーンは見ました。
> なのでなくなる前の42話以前ということでしょうか・・?

明聖王后さまも言及してた気もするし、
王妃も取り上げてた気もするんですよね・・・
わたしもハッキリ覚えてなくて申し訳ないのですが、
「よく出てくるなー、この本」と思った記憶があります。


> 仁粹大妃とミョンフェさまですが(こだわってすいません)、
> 儒教道徳では父系親族との結婚は禁忌中の禁忌なので
> (近親相姦くらいな扱い)、同じ「韓」さんでもほぼ確実に
> 同族ではないと思います~♪

なるほどーー
同族結婚がだめというのは聞いたことがありましたが
父系親族との結婚が厳禁、って初めて知りました。いろいろあるのですね。


> 婦徳系の書って、おしとね編があったりして、意外におも
> しろいんですよ!

おしとね編!!!!!見てみたいです!
右側がいいのか・・・・右側・・・・(ぶつぶつ)
[ 2009/06/26 08:20 ] [ 編集 ]
うめ子さま こんばんは!

右側に寝ろというのは、確か左が上座にあたるため、
褥でも主人に譲るとかなんとかあった気が。でも左右
逆かも・・あいまいでスミマセン。

父系親族というか、韓国でより的確に言うなら同姓で
同じ本貫(父系親族の出身地)だと昔結婚できません
でした。「安東金氏」なら、「安東」が本貫、金氏が姓
で、この二つが同じだと父系血族とみなされます。
(女人天下とかでもよく出てきますよね♪)
ご存知でしたらすみません。

結婚できなかったの、確か10年位前まで続いていた
と思います。民法改正で今はなくなりましたが、それ
まで同姓同本貫カップルは事実婚しか選択肢がなかっ
たそうです。あと韓国人の中でも保守的なお友達から
「日本ではいとこ同士が結婚できて信じられない」と
言われたことがありますよー!

中国でもそうですが、父系のいとこ=きょうだい姉妹、
みたいなところがあるみたいで、いとこ婚=きょうだい
との結婚くらいに見えるようです。もちろん韓国の方
全員では有りません^^母方はどーなんだかイマイチ
つかみきれていませんが・・・
[ 2009/06/26 20:52 ] [ 編集 ]
黄梅さま、いらっしゃいませ~

> 右側に寝ろというのは、確か左が上座にあたるため、
> 褥でも主人に譲るとかなんとかあった気が。でも左右
> 逆かも・・あいまいでスミマセン。

それが理由なんですね!
私は子宮の位置とか性愛の占いなどの関係で推奨場所があるのかと・・・
(そっち方面の想像ばかり逞しくなってます)


> 「安東金氏」なら、「安東」が本貫、金氏が姓
> で、この二つが同じだと父系血族とみなされます。
> (女人天下とかでもよく出てきますよね♪)

なるほど!二つが同じなら結婚できないんですね。
よく「名字が同じだと結婚できない」ときいたことがありますが
正しくは本貫と名字が同じなら・・・ということなのですね。


> 中国でもそうですが、父系のいとこ=きょうだい姉妹、
> みたいなところがあるみたいで、いとこ婚=きょうだい
> との結婚くらいに見えるようです。もちろん韓国の方
> 全員では有りません^^母方はどーなんだかイマイチ
> つかみきれていませんが・・・

へえ・・・・それも知りませんでした。
やっぱりあちらでは「家門」の関係がすごく強そうですね。
[ 2009/06/28 06:55 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント