*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 90話>

チャンヒビン第90話「標的のチュンテク」

粛宗は禧嬪チャン氏(オクチョン)と淑嬪チェ氏がいる就善堂へと向かいました。
急いで喪服に着替えた禧嬪に、色物を着ていただろう!と疑いをぶつける粛宗。
いつになれば改心するのだ!と叱りつけて去って行きます。
高熱があったのですぅと禧嬪が泣いてすがっても無視!あの人骨は効果なしですね~
かけつけた王世子が、禧嬪様はお倒れになったのです!とかばうと、
母親に向かって“禧嬪様”だと?と禧嬪から引っぱたかれちゃいました。
最近の王世子は亡き王妃を“母上!”と呼んで慕ってましたからねえ・・・

クォン尚宮のすすめで席藁待罪(ソッコデジェ)を始めた禧嬪。
そういえば昔はよく演技で席藁待罪して、粛宗の心を掴んだものでしたね♪
王世子夫妻も席藁待罪を始め、ナム・グマンもとりなし、粛宗は禧嬪を許します。

恩赦によって都へ戻ってきたキム・チュンテクを、南人派は監視し始めました。
キム・テユンが復活の足がかりを掴もうとチュンテクに会いに行くと
王妃を侮辱するな!といきなり激昂するチュンテク。ちょっとヘンです~
一方、ミン・オンリャンはナム・グマンにヒジェの追放を願いに行きました。
ヒジェに手を焼いた済州島の牧使と中軍(パク)は、要求どおり船を与えつつ、
ヒジェが逃走したという書状を備えておくことにしようと話し合います。

禧嬪の悪事の証拠を掴みたいチェ氏は、チュンテクの助言に従い、
宮殿の女官や内侍への聞き込みで祭壇の痕跡を探そうとします。

フィ(ヒジェ息子)は母チャグンアギが殺されると知り、母親のもとへ急ぎます。
しかしチャグンアギが不在のため、チュンテクとチェ氏父に危機を知らせます。
その頃チャグンアギは、スンミョンやスクチョンの手中におちていました。

殯殿(びんでん=王妃を祀る部屋)に入り浸る粛宗と王世子夫妻。
粛宗に休息をすすめても断られ、息子である王世子からは“禧嬪様”とまた呼ばれ、
そなたを守ろう・・・と言ってくれた昔のやさしい粛宗を禧嬪は思い出すのでした。
スポンサード リンク
<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 91話>  | HOME | <「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 89話>

スポンサード リンク


おはようございます^^

>母親に向かって“禧嬪様”だと?と引っぱたかれちゃいました。
>最近の王世子は亡き王妃を母上!と呼んで慕ってましたからねえ・・・

このへん、生母ヒビンvs嫡母の王妃みたいで面白かったです。
生母の恨みつらみ、また側室から生まれた王子の怨恨(?)は中国ドラマ
でも大好きです♪墓所問題で仕返ししたり(爆)、うらみは深いですね!

>といきなり激昂するチュンテク。ちょっとヘンです~

チュンテク、最初はわりとクールで的確な判断を下す人というイメージがあった
んですが、だんだん事がうまく運んでくると「??」な行いが増えてませんか?
後半、変な人ばっかりになってきたような気もします、はいいすぎか。

でも意外に活躍するチェ氏父はお気に入りです。なんかかわいいおじいさんな
ので・・

[ 2009/05/29 06:47 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは!

> チュンテク、最初はわりとクールで的確な判断を下す人というイメージがあった
> んですが、だんだん事がうまく運んでくると「??」な行いが増えてませんか?
> 後半、変な人ばっかりになってきたような気もします、はいいすぎか。

復位をさせたのは俺の功績だ!ってなかんじでいばりくさって
ヒビンを殺さない官吏たちに文句いいまくりですよね~
かんじわるーい!です♪


> でも意外に活躍するチェ氏父はお気に入りです。なんかかわいいおじいさんな
> ので・・

このお方、女人天下では士林派の清廉な大臣なんですよ~
(役名わすれました、後半に出てきます)
[ 2009/06/07 14:45 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント