*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と私」あらすじ 20話>

匿名の貼り紙に怒ったインス大妃が、側室を集めて叱りつけました。
ソファ(ユン淑儀)が真実の究明を願い出て、宮中の捜査が始まります。
紙を貼るのには糊粥が必要!→繍房(刺しゅう担当)が糊粥を使ってる!と
キム・チョソンが突き止めるも、繍房の尚宮はチョン・ハンスが口封じ済み。
繍房からは数々の証拠と亡き王妃が二人のユン淑儀に渡した指輪も発見されます。
スクキョン(ユン淑儀)を次の王妃にという前王妃との約束を守りたいソファは、
自分も指輪をなくしたと大妃に答えて真実をうやむやにしてしまいました。

大妃が拾った人形を見せられたウォラは、呪詛に使われたものではないと判断。
その後、可愛がっていたドンナムが去勢に失敗して亡くなり、ショックを受けます。
女官ホンビを手先に宮中での陰謀を実行してきたソリョン(ノ内侍養女)ですが
ホンビから“お嬢様”と呼ばれる関係だということがこの回で判明しました。

節操のない内侍夫人軍団は、新しい側室二人に挨拶に行き忠誠を誓います。
ばったり会ったチギョム妻チョン氏から失礼な態度をとられたソファが憤っていると、
内侍府長チョ・チギョムが現れまたまた童顔杏里が厳しく叱られちゃいました。

新しい中宮の決定を急かすソファ。王妃になりたいんですか?と冷ややかなチギョム。
そんな折、ソファの部屋がインス大妃の尚宮に捜索され、呪い人形が見つかりました。
罪人をつまみだせ!と大妃が激怒しているところに、なんとソファにつわりが!!
診断したヤン尚薬は、3カ月目なので本人は気づいていたはずと首をひねります。
懐妊を隠していた=つまり野心がなかったと知ったチギョムは、ソファに謝罪。
そんなチギョムに、成宗のためにスクキョンを中宮にしてくれとソファが頼みます。

繍房尚宮の遺体が発見され、ト・グムピョ内官がチョン・ハンスを捕らえさせます。
傷口から「犯人は両班かつ内侍(=ハンス)」だとわかったそうですが、本当ですか?
ハンスを切ろうとするチギョムを、「弟」を殺すのか?と止める養父ノ内侍。
これまでの騒動の黒幕が他ならぬノ内侍だったことをチギョムは知るのでした。

やがてソファが産気づき、男御子(燕山君)が誕生しました。雷が鳴りまくりです~
スポンサード リンク
<「王と私」あらすじ 21話>  | HOME | <「王と私」あらすじ 19話>

スポンサード リンク


>可愛がっていたドンナムが去勢に失敗して亡くなり

このエピソード、こうくるだろうなーと思ったけどちょっと悲し
かったです。この女優さん、「王と妃」ではオム貴人でぶっこ
ろされちゃう役ですが、ここでの慈母っぷりは好きです。
ちょっとひねくれてるし^^

>殺された繍房尚宮の遺体がみつかり

ソックァンを殺したグムピョといい、ハンスといい、このドラマの
暗殺死体の処理は甘すぎますね!

ソファさまの潔白ぶりはわかるのですが、いい子ぶりがあんま
り好きじゃないので、なんかこの回は見てていらっとしました。
ああ、ヘソンさんファンすみません。役柄のせいだと思います!
[ 2009/05/11 01:32 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは~♪

> このエピソード、こうくるだろうなーと思ったけどちょっと悲し
> かったです。この女優さん、「王と妃」ではオム貴人でぶっこ
> ろされちゃう役ですが、ここでの慈母っぷりは好きです。
> ちょっとひねくれてるし^^

ドンナム死んじゃったの悲しかったですね。
私はケドチと一緒に暮らして養子にでもするのかと一瞬思ってました。
ひねくれぶり・・・たしかにいい感じ!
ケドチにはやわらかにツンデレしてますものね。


> ソックァンを殺したグムピョといい、ハンスといい、このドラマの
> 暗殺死体の処理は甘すぎますね!

あはは~!そうそう!そうなんですよ。
なんで埋めたり海に捨てたりしないんでしょうね。
基本が「野ざらし」ですね。
[ 2009/05/14 02:26 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント