*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王と私」あらすじ 19話>

流産して自分の死期を悟ったコンヘ王妃は二人のユン淑儀に指輪を贈り、
ソファには「後ろ盾のいるスクキョン(ユン・ホの娘)を次の中宮に」と頼み、
父のハン・ミョンフェ(上党君)には「殿下に権力を与えて」とお願いしました。
さらに父を中心とした重臣が握る権力を成宗に移行させようと努めたのちに逝去。
そんな折、ソリョン(ノ内侍養女)が仕込ませた呪い人形をインス大妃が拾います。

朝廷では、ユン・ホとユ・ジャグァンが成宗の親政開始を提案します。
娘(王妃)も亡くなり権力が揺らぐ危機を感じているハン・ミョンフェは、
自分が推薦する娘を側室にすれば親政に協力するとチョンヒ大王大妃にもちかけ、
権力者の娘であるオム淑儀とチョン淑容が新しい側室に選ばれました。
オム&チョンは、先輩である二人のユン淑儀に早速失礼な態度で挑んでます~

見習いを終え一人前の内官になったキム・チョソンに、チョン・ハンスの手下が謝罪。
ヤン尚役のもとで医術を学んで人命を救いたいと考えるチョソンでしたが、
政治を学べば多くの命が救えると義父チョ・チギョム(内侍府長)が説きます。

念書を盗んだことを土下座するチョン・ハンスに、進退は自分で決めろとチギョム。
護衛内侍の試験に挑んだ結果、ト・グムピョ内官から不合格とされて閑職に左遷。
かつての手下から袋叩きにあっても、助けようとするチョソンを拒むハンスでした。
弱気になったハンスに、ソリョンが自分の過去を打ち明けてハッパをかけます。
売られて内侍の妻になったソリョンの母は使用人と逃げてソリョンを生み、
追いかけてきた夫に殺され、そのショックでソリョンの耳が聞こえなかったとか。

ノ内侍とチョソンの説得でチギョムは妻を許します。(でも妻の性格は変わらず)
チョソンがいなくなって寂しいウォラは内子院の男の子ドンナムを可愛がり、
ケドチはそんなウォラをずっとやさしく見守っています。

ユン淑儀(スクキョン)が生前の王妃からもらった大切な指輪を紛失しました。
チョソンに言い寄っていた女官ホンビが明らかに怪しいですね♪
ハン・ミョンフェが手下の娘を、チギョムがユン・ホの娘を、次の王妃に推す中、
ハン・ミョンフェと結託しているノ内侍が養女ソリョンを使って
「中宮になるのはユン淑儀(ユン・ホの娘)」という匿名書を宮中に貼らせました。
スポンサード リンク
<「王と私」あらすじ 20話>  | HOME | <「王と私」あらすじ 18話>

スポンサード リンク


チョソン、さすが主人公、見習い終わるの早すぎですね♪
このへん、宮中ののろい合戦でもなぜか女人天下ほど
エンジョイできなかった私です(なんでだろう?ソファ?)

リアルタイムで見ていたとき、小さい頃耳が聞こえなかったのに
ソリョンがいつのまにか聴力を取り戻していたので、「早くいって
くれよ」と思いました・・(聴力を失った理由はともかく、再びとり
戻した説明があまりなかったように感じたので)。

そうすると、ノじいさんは自分のもと妻の子?を引き取ったんです
ね。慈善なのか、たんなる気まぐれか、それ以外か気になります。

ハン・ミョンフェの娘はイエジョンといい成宗といい二人王妃にな
ったのに、二人とも夭折して、端宗母(文宗妃、名前忘れちゃい
ました)の祟りだとうわさされたそうですね。さすがの不気味さ
でしたー!!

[ 2009/05/11 01:28 ] [ 編集 ]
黄梅さま、いらっしゃいませ~

> このへん、宮中ののろい合戦でもなぜか女人天下ほど
> エンジョイできなかった私です(なんでだろう?ソファ?)

やっぱりソファにいきつきますか(笑!
あまり緊迫感なかったですよね。女人天下があったかどうかは別ですけど。


> リアルタイムで見ていたとき、小さい頃耳が聞こえなかったのに
> ソリョンがいつのまにか聴力を取り戻していたので、「早くいって
> くれよ」と思いました・・(聴力を失った理由はともかく、再びとり
> 戻した説明があまりなかったように感じたので)。

私もそう思いましたよ!
最初は耳が聞こえないと出てまったくしゃべらなくて、
その後急にしゃべりはじめて、かなり経ってから理由打ち明けてましたもん。


> そうすると、ノじいさんは自分のもと妻の子?を引き取ったんです
> ね。慈善なのか、たんなる気まぐれか、それ以外か気になります。

追いかけて殺した(ほどの)妻の子供ってことで
愛情(執着?)と詫びの心があったのだろうと
私は思っているのですが・・・どうなんでしょうね。


> ハン・ミョンフェの娘はイエジョンといい成宗といい二人王妃にな
> ったのに、二人とも夭折して、

そうそう!二人とも体弱かったんですね。
ハン・ミョンフェも娘の体質までは操縦できなかったかあ~と思いました。
丈夫な娘をうむのも、のしあがるための大切な秘訣ですね!
[ 2009/05/14 02:23 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント