*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王の女」あらすじ 37話>

第37話「国王の裁き」

先王宣祖の嫡流王子である永昌大君は、8歳で亡くなってしまいました。
大妃は明に使いを送って光海君の悪事をバラしてやると息巻き、
宮殿の片隅で呪いかけ始めます。

ケトン(キム尚宮)は光海君から白唐衣を贈られてウキウキ。
白唐衣とは、王妃や後宮に授ける特別な衣装のことだそうです。
そんなケトンは大妃の動きを光海君に伝え、各居(別々に住むこと)をすすめました。
こうして慶運宮(キョンウングン=壬辰倭乱当時の仮宮・月山大君の私邸)で
事実上幽閉されることになった大妃。本当に悔しそうです。
これに反対したイ・ウォニクは追放されてしまいました。

クォン・ピルを覚えていますか?
もと左議政チョン・チョルの一番弟子で生娘遊女カンアと旅した学者です。
彼が久しぶりに登場し、宮殿の前で太鼓を叩き続けて(今なら騒音公害)
光海君との謁見を果たします。そして永昌大君は病死でなく謀殺だと主張。
光海君は驚き、江華島の留守(ユス)を尋問することになりました。

宮中で久しぶりに再会するクォン・ピルとケトン。
今や“九尾の妖狐”として国中に知られる存在となったケトンは
詩を読んで高尚なふりをして他人を批判してばかりだとクォン・ピルを責め、
カンアを一度は抱きましたか?死ぬ前に叶えておけばよかったのにと言います。

永昌大君謀殺の首謀者の疑いをかけられたイ・イチョムが投獄されると、
イ・イチョムをかばうためにチョン・イノンは自分が命令したと光海君に申し出、
“汚れた水に足をつける役”を果たしたのだとケトンの言葉を借りて説明しました。

ケトンは兵を動かして(すごい)、クォン・ピルの家にある詩を押収。
光海君は押収したクォン・ピルの宮柳詩に激怒します。
クォン・ピルは流刑される途中に亡くなってしまいました。

大妃は永昌大君謀殺の罪も暴けないと悲嘆にくれ、西宮で首を吊ります。
スポンサード リンク
<「王の女」あらすじ 38話>  | HOME | <「王の女」あらすじ 36話>

スポンサード リンク


お邪魔します♪
このあたり、光海君の在位40年を一気にやっているから
展開が早いですね!うめ子さまのレビューでやっと思い出す・
理解することも多いです!

>宮殿の片隅で呪いかけ始めます。
>大妃は西宮で首を吊ります。

ほかの俳優さんもそうですがお若いので、ここもなんだか軽く
感じちゃいました・・。なんだかこの大妃さま、うまく説明できない
のですが、首吊りしても絶対成功しないタイプ(騒いでみんなに
とめてもらっちゃうタイプ?)とか、本気で吊る気があるのか微妙
なタイプ(短絡的、ヒステリー?)に思えてならない私です。

息子が殺されたことはないので私の想像力不足かもしれませんが、
ドラマの登場人物としては大妃にはそんな印象があります。
端的にいうと好きじゃないというだけですが(すみませんー)。

>生娘遊女カンアと旅した学者です。
>宮殿の前で太鼓を叩き続けて(今なら騒音公害)

うるさかったですね!夜に音量を落としてみていたので余計に
驚きましたよ(笑)。彼はこのエピソード(永昌大君謀殺を訴える)
のためにはじめいたんだなーと納得しました。話数があればもっと
詳しく見てかったです^^

>今や“九尾の妖狐”として国中に知られる存在となったケトンは
>カンアを一度は抱きましたか?死ぬ前に叶えておけばよかった
>ケトンは兵を動かして(すごい)、クォン・ピルの家にある詩を押収。
>クォン・ピルは流刑される途中に亡くなってしまいました。

カンアって死んじゃったんでしたっけ?(理解不足な私・・)
私もまあ同じ思いでしたが、ケトンの言い方が意地悪だったな(笑)。
ケトン、こんなに面白いのに、ほかの悪女(文定王后、ナンジョン、張
禧嬪、オウゥルドン等)より資料が見つけにくいのが残念です。兵も
動かす後宮(しかも親子二代に侍る)、すごいです。

別コメントからで恐縮ですが、中宗初代王妃の廃妃シン氏、おばさん
は燕山君の王妃なんですよ!なので二人とも「廃妃シン氏」と書かれ
ますが、中宗のシン氏は復位したから端敬王后とも呼ばれるけど、
おばさん(父の姉妹)のほうは復位していないので「廃妃シン氏」の
まま・・。なんかかわいそうです。このおば・姪は悲運!
(ご存知な上に話題がズレてすみません・・)。

でも中宗がたまに(顔は合わせられずとも)シン氏のおうちに寄って
いたのは嬉しいですよね。私もそこで会っちゃえばいいのにーと思い
ますー


[ 2009/05/01 09:45 ] [ 編集 ]
黄梅さま、いらっしゃいませ!


> ほかの俳優さんもそうですがお若いので、ここもなんだか軽く
> 感じちゃいました・・。なんだかこの大妃さま、うまく説明できない
> のですが、

プロフィールで拝見した現代装の姿は
なかなかオーラもありそうでお綺麗だったのですが
この大妃役はあきらかに力(貫禄?オーラ?)不足だと思います~

本当ならけっこう気の毒な大妃なので
もう少し同情できそうな気もするのですが
このドラマではギャンギャンほえるヤ○キーっぽくて
どうしても光海君たち寄りになってしまいます。
この人の存在感が違えば、違った見方ができたかもと思うのですが。


> カンアって死んじゃったんでしたっけ?(理解不足な私・・)

仏門にはいったのかなあ・・・なんて思ってましたがどうなんでしょうね?
クォンピルに言及させてほしかった!


> 私もまあ同じ思いでしたが、ケトンの言い方が意地悪だったな(笑)。

私も最初はそう思ったんですよ。
なんて品の悪い、口の悪いセリフだと。
でもよく考えたら、ケトンは認められない・結ばれない恋の辛さを
知っているからこそ「死ぬ前に抱いて願いを叶えろ」と
本気で言いたかったのかなあとも感じました。
このドラマではいつになく登場人物(ケトン)に好意的なワタシです。


> 別コメントからで恐縮ですが、中宗初代王妃の廃妃シン氏、おばさん
> は燕山君の王妃なんですよ!

何かで読んだことがあるかもしれません。
当時はすごい勢力をもった家門だったということですよね。
反正があったばかりにおきのどくです・・・
[ 2009/05/02 01:38 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント