*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 70話>

チャンヒビン第70話「犯人を捜せ」

王妃の看病にスンボンという医女が任命されました。
実はこのスンボン、禧嬪チャン氏の息のかかった医女なのですが、
“善人ぶるのが得意な王妃にだまされて寝返るかも”と禧嬪は危惧してます。

粛宗は禧嬪が頼んでも夜のおわたりをしてくれず
禧嬪の魔性ビームはすっかり消滅してしまったようですね。

淑安公主から禧嬪の家族をかくまっているのではと疑われ、否定する東平君。
でもヒジェを殺すのは賛成だと語っています。

禧嬪の父の墓荒らし事件は、チャン一家の仕業ではと都中で噂になっています。
見つかった呪いの人形や“ウンソン”と記された戸牌を手がかりに捜査が進められ、
兵判シン・ヨチョルの奴婢ウンソンが捕らえられました。
酒場で会った人物に戸牌を盗られたとウンソンは主張。でも拷問で死亡します。

禧嬪はすれ違った淑儀(スギ)チェ氏を下女の出だと卑下してビンタした後、
大殿におしかけてウンソンは毒殺されたに違いないと粛宗に訴えます。
粛宗はいい加減うんざりしているもようです・・・
そのとき、チェ氏の陣痛が始まったというしらせが大殿へ。
王子を産めと伝言させる粛宗を見て、悔しそうな表情の禧嬪なのでした。
スポンサード リンク
<「王の女」あらすじ 34話>  | HOME | <「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 69話>

スポンサード リンク


GWの間は、何故か放送なしの「チャン・ヒビン」  

皆が皆、高速使って遠出するんじゃないのだから、やって欲しかったわ~~。

うめ子さまのあらすじアッは78話までいってるというのに。でも、予備知識を持って見るのもこれまた一興と明日を楽しみにします❤

「王と私」についてひとこと。時々流れるBGM,男性が歌ってる、バラードのような思い入れタップリの・・・あれが苦手です。

「チャングム」のように、伝統音楽に近いような曲(♪オナラオ~ナラ~~)ならマッチしてると思うのですが。

「歴史ドラマ」として見てるのに、いえ、脚色ありの創作とは分かりつつも、思いを馳せながら楽しんでるのに、あの曲が流れると急に「安っぽい恋愛ドラマ」のように感じてしまいます。

その点だけで言えば「チャン・ヒビン」の方がいいですね。

BGMは歌唱なしでお願い~~~と私は思ってますが、皆さまはいかが?
[ 2009/05/06 16:15 ] [ 編集 ]
アヤさま、いらっしゃいませ~

> 皆が皆、高速使って遠出するんじゃないのだから、やって欲しかったわ~~。

私も人ごみ大嫌いなので
ご近所にお茶とちょっと買物くらいしか出かけませんでした。
休みの日は急に番組が変わっちゃって
続きが気になってると尚更むかつきますよね。


> 「王と私」についてひとこと。時々流れるBGM,男性が歌ってる、バラードのような思い入れタップリの・・・あれが苦手です。

そうなんですよね!以前どこかにちらっと書いたのですが
「王と私」はあえてモダンなBGMを選んでるようで
私もあまり好きじゃないです。慣れるまで時間かかりました~


> BGMは歌唱なしでお願い~~~と私は思ってますが、皆さまはいかが?

同感です~。
でも、アヤさまが書かれていたように「チャングム」みたいなのとか
「女人天下」の昭和ムード歌謡みたいなのは
声があってもけっこうしっくりきますよ♪
[ 2009/05/07 21:30 ] [ 編集 ]
それが分かる私って・・。笑。BGMに関して同じように思われていたこと、自分だけじゃなかったのねーと嬉しい気持ちです。あれは、雰囲気ぶち壊しです。盛り上げようとして逆効果です。

あ、でも、「別にいいのでは・・」という視聴者の方が大多数なのかな。

今日の、チャン氏もまぁ、怒り狂ってましたね。迫真の演技。クォン尚宮の困り果てた様子がリアルです。お付き女官も御苦労ですね。上立つ方に仕えるのは大変だけど、それだけで光栄で何とも言えない幸福感があるらしいけど、仕える方にもよりますね。

次回は、チェ氏が次期王たる王子を挙げます。歴史はこうして作られるのねとしみじみ。横車を押しても、生まれるべき者は生まれ来るということでしょうね。

ぶち壊しといえば、ここの「口臭いにショック」の写真、びっくりしました。もう少し、きれいな写真でCMしていただきたいですね。笑。

王朝気分に浸ってるところに、この女性の顔・・・インパクト強すぎですね~。
[ 2009/05/08 13:41 ] [ 編集 ]
アヤさま、いらっしゃいませ~!

> 今日の、チャン氏もまぁ、怒り狂ってましたね。迫真の演技。クォン尚宮の困り果てた様子がリアルです。お付き女官も御苦労ですね。上立つ方に仕えるのは大変だけど、それだけで光栄で何とも言えない幸福感があるらしいけど、仕える方にもよりますね。

チャンヒビンの怒り方はすごいですね。
最近ではすっかり被害者意識が強くなって妄想の理由で怒ってますけど
怒ってる理由には納得できないにしても
とにかく怒ってる演技がすごすぎます。
あんなに「ワナワナ・・・(怒)」がうまい女優さんってあまりいませんよね。


> 次回は、チェ氏が次期王たる王子を挙げます。歴史はこうして作られるのねとしみじみ。横車を押しても、生まれるべき者は生まれ来るということでしょうね。

このドラマみてたら、王妃を攻撃するより
チェ氏殺した方がいいんじゃない?って思うのですけど
王妃ばっかり攻撃してますよね~


> ぶち壊しといえば、ここの「口臭いにショック」の写真、びっくりしました。もう少し、きれいな写真でCMしていただきたいですね。笑。

衝撃的ですよね(笑
広告としてはこういうのが印象に残るのかもしれません。
たしかに王朝気分とは雰囲気まるきり違いますね。
[ 2009/05/10 18:27 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント