*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王の女」あらすじ 33話>

第33話「謀反の罪」

臨海君は逆賊として自宅に軟禁され、部下や妓生エセンは投獄されました。
なぜ先王の死の原因を追及しないのか!ケトンを尋問しないのか!
というのが臨海君の主張であり謀反を企んだわけではありませんでしたが、
チョン・イノンとイ・イチョムは強硬に死罪を求めます。
ケトン(キム尚宮)も同意見で、臨海君を消すべきと冷酷に言い放ちます。
それに反対する保守派の3人(イ・ハンボクら)は辞職を申し出て朝廷は紛糾。
光海君は臨海君への極刑には同意せず、兄を信じたいと話すのでした。

投獄されたエセンに、臨海君を陥れるための偽の証言をしろとささやくケトン。
愛する男のために女が何をするかわかるはず・・・とエセンは舌を噛み切り、
ケトンは女心を読めなかった自分が浅はかだったと作戦違いを悔います。
その後、臨海君の部下・チョ隊長やチュビン、100人の配下が拷問で死にました。
イ・ハンボクは軟禁中の臨海君を叱咤し、命あるのは光海君のおかげと話します。

さて今回から王妃(光海君夫人ユ氏)の実家から来たというカン尚宮が登場です。
大妃(宣祖の継妃)付きピョン尚宮の白塗りは少しおさまりましたね。
臨海君のような事件から自分と永昌大君の身を守りたい大妃は、
ケトンが王妃の座を狙っていると王妃に吹き込み、二人の仲たがいを狙います。
そんなとき、ヤンファダン付きだったスパイ女官(ケトン友達)を
中宮殿にどうぞとケトンが差し出したことで王妃は警戒心を高めました。

先王宣祖の側室だったヤンファダン(仁嬪金氏)は、
定遠君(チョンウォングン)や孫の綾陽君(ヌンヤングン)と平和に暮らしていました。
臨海君のしらせを聞いて心を痛めながらも、めざとく流れを読み、
もう大妃の実家とは付き合うなと息子に言い含めます。

光海君を明に承認してもらうために使臣を送ることになりました。
障害となるユ・ヨンギョンと第一王子臨海君を処分しろと迫るチョン・イノンら。
しかし光海君はユ・ヨンギョンのみを死罪にして、臨海君は流刑にします。
ユ・ヨンギョンは賜薬を飲まずに自殺。臨海君は王命を告げる役人を斬ってます!

恐れていたとおり、第一王子の臨海君が王にならなかった理由を調べるために
明から使いがやってきました。やっぱり殺せばよかったのに!とチョン・イノン。
使節と兄を会わせるしかない、兄の血で汚れてまで王でいたくないと話す光海君。
臨海君の替え玉使っちゃだめなんですかね~?

さあ、いよいよ明の使いと臨海君が対面します。
スポンサード リンク
<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 67話>  | HOME | <「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 66話>

スポンサード リンク


おはようございます♪

>ケトンも同意見で、臨海君を消すべきと冷酷に
>臨海君への極刑には同意せず、兄を信じたいと話す

このへん、「パクソニョンだと悪女に見えないなあ」と思ったり、
「そんな光海君だけいい子ってことがあろうか」と思ってみて
ましたが、「実録」だとやっぱり(?)臣下のほうが臨海君や
大妃の処分に熱心で光海君は消極的と書いてありました。

20年間は王位にあっただけ慎重なのかなーと^^
まあ実際兄弟愛だったかはわかりませんし、あまり人殺し
しても禍根が残ってのちのち大変という政治的配慮もあるか
もしれませんが・・

兄弟(王子)殺しまくってる初期(「龍の涙」等)とはさすがに
違いましたね!

>ケトンは女心を読めなかった自分が浅はかだったと
>そんなとき、ヤンファダン付きだったスパイ女官(ケトン友達)を
>中宮殿にどうぞとケトンが差し出したことで王妃は警戒心を

エセンしんじゃまいしたね(涙)。突然だったのでびっくりしまし
たが、このドラマは「愛する男に尽くし身をささげる」(それも内
助の功というより、積極的に協力する)っていうテーマなのか
なーと思いました。

>もう大妃の実家とは付き合うなと息子に言い含めます。

ヤンファダン、ずいぶん警戒していますね。
ご病気なのが残念ですがさすが慧眼といいたいです。
(って、それはもう当然の帰結かも?)。

>ユ・ヨンギョンは賜薬を飲まずに自殺。
>臨海君は王命を告げる役人を斬ってます!
>臨海君の替え玉使っちゃだめなんですかね~?
>さあ、いよいよ明の使いと臨海君が対面します。

お茶目である意味軽い(すいません)と思っていた「王の女」
が、このへん少しだけ違う色を見せ佳境に入ってきたのんだ
なあと思いました。即位後はユ氏もケトンへの気持ちがかわる
のはあるでしょうし。ケトン友達もとヤンファンダンスパイはカプ
ですね!チュンボクとケトンとの3バカトリオ(って言っていいかな)
が好きです。倭乱非難のときは仲よさげでしたね。戦時の
はずがなんか合宿みたいだと思いました。

使者をバッサリやっちゃうあたりさすが臨海君短気ーと思い
ましたが、次回でないたというドラマファン友達が多くて、
ドキドキしました^^

替え玉使えばいいんですよね、本当にそう思います!
あの短気っぷりじゃそもそも王位継承無理そうだし・・
いい人なんですけど・・


[ 2009/04/27 10:25 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは~

> 「そんな光海君だけいい子ってことがあろうか」と思ってみて
> ましたが、「実録」だとやっぱり(?)臣下のほうが臨海君や
> 大妃の処分に熱心で光海君は消極的と書いてありました。

へ~、実録でもそうなんですね。
光海君が積極的じゃなかったと知ってなんとなく安心(なぜ?)


> エセンしんじゃまいしたね(涙)。突然だったのでびっくりしまし
> たが、このドラマは「愛する男に尽くし身をささげる」(それも内
> 助の功というより、積極的に協力する)っていうテーマなのか
> なーと思いました。

「愛する男に尽くし身をささげる」がテーマ、そうだと思います
だからケトンがあくどいことしてもそんなに反感を覚えないんでしょうね~
ナンジョンとはえらいちがいですわ・・・
ケトンはカンアにも妙に同調してましたよね。


> ヤンファダン、ずいぶん警戒していますね。
> ご病気なのが残念ですがさすが慧眼といいたいです。
> (って、それはもう当然の帰結かも?)。

後に孫が王につくことができるくらいですからね~(笑
ほんとは絶対あんな平和な暮らししてないと思います!
毎日臣下あつめて談合してたはず!!


> ケトン友達もとヤンファンダンスパイはカプ
> ですね!チュンボクとケトンとの3バカトリオ(って言っていいかな)
> が好きです。倭乱非難のときは仲よさげでしたね。戦時の
> はずがなんか合宿みたいだと思いました。

カプっていうんですね>あの女官
たしかにあの3人は蹴落としあいとかがなくて
協力しあってて楽しそうだなと思ってました。


> 替え玉使えばいいんですよね、本当にそう思います!

ね~、明の人は初対面だろうから絶対バレないですよね。
どっかの両班にお金わたして
ダメ王子演じさせればいいのにと思いました。
[ 2009/04/28 20:45 ] [ 編集 ]
>光海君が積極的じゃなかったと知って安心(なぜ?)
>ケトンがあくどいことしてもそんなに反感を覚えない
>ナンジョンとはえらいちがいですわ・・・

私も不思議に光海君は応援したくなりましたね。

実は日本語版「実録」は、ハングル版の直訳でなく、いわば
日本語版のための解釈&解説もあって、光海君に好意的
なのはもしかして日本語版筆者&翻訳者の解釈なのかも
しれません!でも、改革派官僚に指示されたり、庶子差別
緩和とか税制改革を試みたり(その後、仁祖の時代に同じ
税制改革が全国に拡張)、王様としてはなかなかいいんじゃ
ないかと勝手に思っています^^

同じ廃位でも燕山君とはちょっと違うし、流刑地でも長生き
したところなんか天晴れ!えらい!と勝手にほめたくなりま
す^^男性のためにがんばる女性ってあまり好きじゃないです
が、そのためにやってるスケールがでっかいので、ケットン
たちは応援したいです!

>ほんとは絶対あんな平和な暮らししてないと思います!
>毎日臣下あつめて談合してたはず!!

そうあってほしいです!ヤンファダンがひよったらつまらな
い(笑)。静かにしようとしても逆に保身のためにも談合が
必要になりそうな気もするんですが。

>明の人は初対面だろうから絶対バレないですよね。
>ダメ王子演じさせればいいのにと思いました。

「実録」読んだら、やっぱり替え玉とはいわなくても明の使者
にあわせない(第二王子が即位するのを阻まれたくない、また
臨海君が粗暴で大事な宗主国の使者の前で何をするかわか
らないため)ようどっかに押し込める(笑)案が出されたそうです
が、お行儀のいい官僚の反対でぽしゃったみたいです。

儒教政治は礼にキビシイですねー。
卑しい輩の私からすると替え玉策に一票入れたいものです!
押し込められる第一王子もシュールで見てみたかったなあ


[ 2009/04/28 23:18 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント