*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 62話>

チャンヒビン第62話「届けられた毒薬」

ハン・ジュンヒョクら西人派が廃妃復位のための決起へと動き始めました。
淑安公主やミン・ジヌ(廃妃兄)とは別の動きで、独断のようです。

ミン・ジャンドを今や“ヒジェの犬”だとののしる東平君。
つるんでた三人だけど、東平君はちょっと望む立場が違うみたいですよね。

ヒジェに淑媛(スグォン)チェ氏殺害を命じられたキム・ヘソン(チェ氏親戚)は
王子を産む薬と称して毒薬をチェ氏実家の父に渡します。
目撃したチャグンアギ(ヒジェ前妻)がキム・チュンテクに報告。
チェ氏の女官が外から薬を持ち込んだと知った王妃がチェ氏を咎めようとすると、
毒薬を仕込んだというヒジェからの手紙が届きました(祝!ヒジェ文字習得!)。
でも、キム・チュンテクによって間一髪で毒薬のことが知らされ、チェ氏は無事。
なかなか賢いチェ氏は、中宮殿がこの薬のことを知っているのなら
自分を咎めるかどうかで毒薬への関与を判断できると話します。

ミン・ジャンドが買収しておいたハム・イワン(西人派)の密告という形をとり、
ハン・ジュンヒョクらが次々と捕らえられます。亡き大妃の命日の出来事でした。
チュンテクはチェ氏の父を使ってキム・インという人物に毒殺計画を報告させ、
自分はわざと義禁府に捕まりました。
スポンサード リンク
<「王の女」で妓生エセンを演じるキム・ジョンミンさんについて>  | HOME | <「王と私」あらすじ 11話>

スポンサード リンク


こんにちは^^

コメント欄の件ではご迷惑をおかけしました。
設定を変えてみたので、よかったら再度お試しくださいね。

ヒジェ、この後はへたくそな(失礼!)手紙を乱発しますよね。
ちょっとかわいい・・、といいつつ、韓国時代劇に出てくる習字
がいまいちヘタウマで不思議な私です。

韓国ではあの字体が美しいのか、普段使わないせいか、書家
さんに頼んだりせず素人さんが書いているとか・・・。気になり
ます(細かすぎますね・笑)。「女人天下」のユンの「一片~」の
お手紙も、途中で少しうまい習字に変わっていた気がしてウケ
ました^^

>つるんでた三人だけど東平君はちょっと望む立場が違うみたい

このへん、三人の軋轢が目立ってきますね。ミン・ジャンド、イケ
イケだただけにだんだん浮き上がってきた気も・・。「王の女」で
ヤンファダン兄ですよね。イケイケの強気な悪役がお似合いの
俳優さんだと思いますー。

だんだんやさぐれる東平君も結構好きなこのごろです。
チェ氏とチュンテクは噂にならないんですよね。ちょっと不思議。
[ 2009/04/21 17:52 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは!

> コメント欄の件ではご迷惑をおかけしました。
> 設定を変えてみたので、よかったら再度お試しくださいね。

こちらこそいろいろ申し訳なかったです。
実は午後から3度コメント入れまして
(URL入れたたのははじかれちゃいまいたので伝言を別途3回)
どうにもこうにもコメントが入らないから
こっちで記事にしますねーと書いたのですが
不思議なことにコメントが消滅しているようです。(TT)


> ヒジェ、この後はへたくそな(失礼!)手紙を乱発しますよね。

黄梅さんはヅラと筆跡フェチですね!
私は筆跡まで注意がいっておらず
ナンジョンの「一片丹心」も、“なんかうっとおし・・・”と
横目で見ていたしだいなんです(おいおいっ)
今度からヘタウマな字をチェックしてみま~す。


東平君が出てくるとちょっと画面がひきしまりますよね。
なにげに目が離せませ~ん。(たぶんチュンテクよりも)
[ 2009/04/21 19:29 ] [ 編集 ]
>こっちで記事にしますねーと書いたのですが
>不思議なことにコメントが消滅しているようです。(TT)

すみません、先ほど気付いたんですが、お昼に焦って
コメントのキーワード拒否設定などをいじっていたところ
コメントを通常の状態から承認制にしてしまったみたい
なんです。なので、上記コメントを承認して表示し、コメ
ント形式も非承認に戻しました。本当にすみません!

>ナンジョンの「一片丹心」も、“なんかうっとおし・・・”と
>横目で見ていたしだいなんです(おいおいっ)

確かにナンジョンのあのお習字攻撃はうっとうしいことこの
上なかったですね(笑)。ナンジョンの憎たらしさを余すとこ
ろなく表現していました。習字は、たぶん、普段見ている
中国演劇でお習字のうまい女優さんは貴重だからかと・・

ドラマや映画と違って演劇舞台の習字シーンでは編集が
ききませんから、場合によってはどへたくそな字の人が
「当代一の秀才」という役だったりしてかなりシュールです。

扇に字を書いたり、屏風に詩を書き付けるシーンがたまに
あるんですよ。なので、字がもともとうまい女優さんだと、
そのシーンだけで(字を書いただけだけど)拍手喝采になった
りします(笑)そのクセが抜けないのかも。

ヅラは髪型フェチだからだと思います!
あと「木を見て森を見ず」なので、うめ子さまのあらすじアップで
ちゃんとした筋に気付くことがあります(どこを見ているんだろう・・)。

そうそう、ド・ジウォンさんが妓生役なのは「漢城別曲」でした。
ガセネタをお伝えしてしまい申し訳ありません。また、以前かき
こんだ「燕山君は睿宗の養子」ですが、たびたび申し訳あり
ません、正しくは「成宗は睿宗の養子」でした。

本当に申し訳ありません。
もっとよく見てから書き込みます・・(><)
[ 2009/04/21 21:33 ] [ 編集 ]
黄梅さま、いらっしゃいませ~


> ドラマや映画と違って演劇舞台の習字シーンでは編集が
> ききませんから、場合によってはどへたくそな字の人が
> 「当代一の秀才」という役だったりしてかなりシュールです。

なるほど、舞台だと確かにそうですよね。
中国で舞台人をめざすなら、お習字必須?


> そうそう、ド・ジウォンさんが妓生役なのは「漢城別曲」でした。

調べてみたら、フュージョン時代劇なんですね~
でもト・ジウォンさんは見たいんですよね。
女人天下以外でも敬嬪に会いたくてたまらないのです。
[ 2009/04/22 00:03 ] [ 編集 ]
こんにちは♪

まもなく見る予定ですので感想お知らせしましょうか^^
たぶんブログには書くと思うので・・・

正祖役アン・ネサンと妓生役ド・ジォンさんしか見ないの
で(爆)、見所&出番の割合などお知らせし出来ますよ。

フュージョンは好きですがラブストーリーなのではじめか
ら流し見する気まんまん!(ダメな視聴者)。まだサスペン
スが絡むなら見られるかな、と挑戦してみます!
今ほかにリタイアしそうなドラマが2個あるのでちょうど
すぐ見始められそうです。

まだ見終わっていませんが私も敬嬪ファンになりそうです。
[ 2009/04/22 08:17 ] [ 編集 ]
黄梅さま、いらっしゃいませ!


> まもなく見る予定ですので感想お知らせしましょうか^^
> たぶんブログには書くと思うので・・・

「漢城別曲」ぜひお願いします!楽しみにしてます。


> 正祖役アン・ネサンと妓生役ド・ジォンさんしか見ないの
> で(爆)、見所&出番の割合などお知らせし出来ますよ。

ト・ジオン目当てなので私もそれでけっこうです(きっぱり)


> まだ見終わっていませんが私も敬嬪ファンになりそうです。

敬嬪は私にはいとおしすぎます♪
1回目は悪役としてみていたのですが(それでも好きでしたよ)
2回目には敬嬪の気持ちもわからなくもないという見方になりました。
一番愛されていたし一番先に息子を産んだし
もしかしたら2番目の王妃に敬嬪がなれてた可能性もあるわけで・・・
敬嬪からしたら「自分が手に入れてたはずのものを求めているだけ」
なんだろうな~と思ったりしてます。
[ 2009/04/22 21:53 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント