*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王の女」あらすじ 26話>

第26話「母の秘密」

ピョン尚宮が涙で伝えたのは、王子ではなく王女誕生のしらせでした。
後に王妃と共に西宮に幽閉される貞明(チョンミョン)公主だそうです。
3日間の俗忌があけると宣祖は王妃をなぐさめ、次は王子を産めと激励。
ヤンファダンは祝いの挨拶の席で、子のないケトン(キム尚宮)をけなします。

光海君を王位につけたくないヤンファダンが王妃に王子を産めとすすめると、
わかったけど政治に口をはさまないでよねっ!と王妃に言われてしまいます。

ケトンは嬪宮ユ氏(光海君妃)に頼んでイ・イチョムとの面会を実現し、
ケトン、イ・イチョム、チョン・イノンの三つ巴で光海君を支えることに。
チョン・イノンと袂を分かっていたホ・ギュンも光海君派に入りました。

ケトンの母が「王様に言って解決してあげる!」とホラをふいて
人々からお金を巻き上げ始めたので、ケトンが叱りつけています。

貴人だったヤンファダンがめでたく仁嬪に昇進です!このとき50歳だったとか。
宣祖は倭乱で活躍した者たちに功臣の称号を授与しましたが、
光海君やチョン・イノンには与えられず、相変わらず冷遇されたままです。

娘を産んだばかりと思っていたのに、若い王妃があっという間に二人目をご懐妊。
しかしピョン尚宮とともに隠し通し、いきなり出産してケトンらをビビらせます。
生まれたのは王子で、俗忌の3日間も待てずに飛んでいくほど宣祖は大喜び。
待ちに待ったその嫡流大君は、永昌(ヨンチャン)大君と名付けられました。
スポンサード リンク
<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 61話>  | HOME | <「王の女」あらすじ 25話>



お邪魔します。

この回、同じ人(王妃)が二回も出産するのでみながらポカンとしました。
一人目を生んですぐ妊娠、王様と相性がいいのですね。

ピョン尚書のヤンファダンのへの復讐は本当に楽しそう(?)に見えてきます。
いろいろ悔しかったことや失った夢を新しい王妃に託してるんだろうなと・・

でもホン・スヒョンの王妃、何だか感情移入できません!本来なら好きに
なりそうなキャラクターなんですが(家門の繁栄のため親より年上の王様
に嫁いだり、権威を示そうと思いっきりデカイ態度に出たり・笑)、文定王
后さま@女人天下と似た境遇だけれど、やはり主人公のライバルだから
なのかなーと思っています。うめ子さまいかがですか^^

王妃を入れることで高笑いしたヤンファダンもすっかりくさってますね。
作戦失敗ですものね。初めての挨拶でほかの側室たちにハッパをか
ける姿はさすがムスリ出身!下町っ子みたい!などと感動しました。

ここまで書いてケトンよりヤンファダンばっかり気になる自分に気づき
ましたー。あ、ソンイが光海君の顔相みてましたね。もちろん臨海君
との協同という役目もあるのでしょうが、あの人相観のあやしい爺さん
にソンイがずっと習ってきたのがやっと発揮されたのかーと長い前フリ
に感服しました。やっと出てきたか!という感じです!
[ 2009/04/19 21:01 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは♪


> でもホン・スヒョンの王妃、何だか感情移入できません!本来なら好きに
> なりそうなキャラクターなんですが(家門の繁栄のため親より年上の王様
> に嫁いだり、権威を示そうと思いっきりデカイ態度に出たり・笑)、文定王
> 后さま@女人天下と似た境遇だけれど、やはり主人公のライバルだから
> なのかなーと思っています。うめ子さまいかがですか^^

それはもう、ひとえにこの王妃のビジュアルのせいではないかと(爆
この方、あきらかに脇役なビジュアルですよね。(脚本でも脇役だし)
なので、描き方によってはおもしろくなるはずなのに、
まったく惹かれないですよね。ほんとに残念です。

ドラマ中でケトンが「あの王妃は美しすぎる」ってつぶやいて
宣祖の寵愛を危惧しているシーンがあったのですが、
「え・・・・?」と絶句しちゃいました。
それならもっとオーラのある人使ってよ~と思いました。


ヤンファダンは、光海君の子をあやすシーンあたりから、
現役引退のふしがありますよね。実際おしとねさがりだった気もしますし。
高笑いの質も陰湿な企みとはちょっと遠くなりますし
だんだんコミカルでお茶目キャラになってきますね~。
私も好きです>ヤンファダン♪
[ 2009/04/19 21:57 ] [ 編集 ]
こんにちは^^

>ドラマ中でケトンが「あの王妃は美しすぎる」ってつぶやいて
>宣祖の寵愛を危惧しているシーンがあったのですが、
>それならもっとオーラのある人使ってよ~と思いました。

そうえいば、お美しくはあるんでうすが、オーラというとちょっと・・。
チョン・インファさんは不思議な貫禄があって迫力満点ですものね。
古いですがカリスマとかそういう雰囲気があるなあと思いました。
ホン・スヒョン、現代劇だと好きなのに、「テジョヨン」でもなんだか
あんまり好きじゃなくって、時代劇では敬遠しています(爆)。

パク・ソニョンも「彼女は絶世の美人か?」というツッコミをたまに
見るのですが、「張禧嬪」のときなど品があって温厚な役はお美しいと
・・でも確かに傾城の美女とかそういう類の美貌ではないと思って
います。顔がものすごくきれいというよりは雰囲気が楚々として、
って感じかな・・・?「王の女」で前半結構好きです。

>現役引退のふしがありますよね。実際おしとねさがりだった気もしますし。
>高笑いの質も陰湿な企みとはちょっと遠くなりますし
>だんだんコミカルでお茶目キャラになってきますね~。
>私も好きです>ヤンファダン♪

当時の50代だともうおばあちゃん位ですものね。
コミカルなヤンファダン、大好きです!

またまた別コメントからですが、うめ子さま、ソニョン産毛(?)が気になる
のはどの部位ですか?まさかおひげ?もみあげとかおでことかでしょうか?
しょうもない質問ですみません、私の見ているのはCS録画で、使っている
のも小さい画面のポータブルプレーヤーなので、細かくは見えないんです。
なので産毛、気になっちゃいました!
[ 2009/04/20 09:13 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは!


> ホン・スヒョン、現代劇だと好きなのに、「テジョヨン」でもなんだか
> あんまり好きじゃなくって、時代劇では敬遠しています(爆)。

実は黄梅さまのコメントで、初めてあの王妃役の人が
それなりに名のある方だと知りました。
私はちょい役レベルの人だろうと勝手に思っていて(だって見た目が・・・)
「女人天下」でいえばヒ嬪に似てるな~なんて思ってたくらいなんです。
でも現代劇のお写真をみると女らしい方ですね。


> パク・ソニョンも「彼女は絶世の美人か?」というツッコミをたまに
> 見るのですが、「張禧嬪」のときなど品があって温厚な役はお美しいと
> ・・でも確かに傾城の美女とかそういう類の美貌ではないと思って

私も、絶世の美女とは思えないけど、ぱっと見たときの華がありますよね。
色白でちょっと濃い目の顔だからかな。雰囲気も清楚でかわいいですよね。
王妃の人にはぱっと見の華がないんです~


> またまた別コメントからですが、うめ子さま、ソニョン産毛(?)が気になる
> のはどの部位ですか?まさかおひげ?もみあげとかおでことかでしょうか?
> しょうもない質問ですみません、私の見ているのはCS録画で、使っている
> のも小さい画面のポータブルプレーヤーなので、細かくは見えないんです。
> なので産毛、気になっちゃいました!

眉まわりの処理をあきらかに怠けているのではないかと!
産毛というよりもう少し目立つムダ毛かな・・・
ドアップになるとけっこうわかるんですよ。
肌質も、あんなに古い画面でも「女人天下」王妃さまなんかは
つるん・つやつやって感じだったのに、
ケトンちゃんはマットだし毛の処理のこともあってどうも気になります。
ま、史実に忠実ならマット仕上げの方が正しいのでしょうが・・・
[ 2009/04/20 22:50 ] [ 編集 ]
>ヒ嬪に似てるな~なんて思ってたくらいなんです。
>雰囲気も清楚でかわいいですよね。
>王妃の人にはぱっと見の華がないんです~

確かにちょっと似ていますね!ホン・スヒョンは「テジョヨン」
ジャケットでいかにもか弱そうなお姫様っぽい雰囲気で、
「チュモン」のハン・ヘジンとソン・イルグクの図とそっくりやん
けーと思った記憶が・・・個人的に時代劇であまり魅力を感じないんですが(爆)。王妃ヘアより絶対、女官ヘアの方が似合いそうです!配役にやや疑問あり(笑)。おつき女官でこうるさいタイプ
とか、どうかなーと。現代劇でぷっつんの女性のときはなかなか
よかった記憶があるので・・・。終盤に行くほど無理がでてきま
すよね、この王妃(大妃)さま。

パク・ソニョンは清楚で独特の雰囲気ですよね。華があります。
ヒ嬪って、「煕嬪」って書く人ですよね(違ったらすみません)。
細かいですが台湾版で「禧嬪」と出るのであれは字幕が違う
のかなあ・・

>「女人天下」王妃さまなんかは つるん・つやつや
>ケトンちゃんはマットだし毛の処理のこともあってどうも

そうなんですかー!自宅のテレビ画面で確認したら、
ムダ毛はわからなかったものの(人のCS録画のダビングな
もので画質に難ありです)、ケトンのメイクがパウダーはたき
まくりのようでマットなのはわかりました。どうもフジテレビの
ニュースに出ている安藤優子なみに顔が白く光っているなあ
と思ったら、マット&色白メイクのせいだったのかも・・・。



[ 2009/04/21 18:13 ] [ 編集 ]
黄梅さま、いらっしゃいませ~

ホン・スヒョンさんは現代劇タイプなんだと私も思います。
私は「王の女」で初めて見ましたが
そんな名のある人とは思えないくらいのオーラレベルに見えました・・・

> ヒ嬪って、「煕嬪」って書く人ですよね(違ったらすみません)。

そうです!その人です。


ケトンちゃんの肌は、このドラマが比較的あたらしいのに
マット&眉毛処理(しつこすぎな私)が気になるんですー

ナンジョンの肌がマットだとか口紅が時代遅れな赤さだとか
唇の輪郭のとり方が古臭いとか(要は気に入らない)は
まあ古いドラマだから仕方ないかなと思ってたのですが。
[ 2009/04/21 19:42 ] [ 編集 ]
こんばんは!

そうえいば、メヒャンのメイクはそれほどではないのに
ナンジョンはやたらリップラインが小さめに描かれていて
おちょぼ口っぽいですね。確かに2001年にしてもどうなん
だろう。

尚書さまたちなど、熟年女官の方たちのリップラインの濃さ
にも韓国メイクの美学を感じ取ってしまいます。それから、
別コメントからで恐縮ですが、朴元宗は敬嬪とそんな関係
だったんですか!女人天下でみたはずなのによくわかって
いなかったかも・・・。

それが「女人天下」では一転、敬嬪と趙光祖(チョ・グアンジョ)
としてライバルになるんですねー。面白いです^^「実録」はたぶ
ん売り切れないので(爆)、ゆっくりどうぞ。って、私が売っている
わけではないですが・・でもずっと中古で出てますし♪
[ 2009/04/21 21:12 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは!
コメントの件でいろいろお手数かけちゃって申し訳ありません。

> そうえいば、メヒャンのメイクはそれほどではないのに
> ナンジョンはやたらリップラインが小さめに描かれていて
> おちょぼ口っぽいですね。確かに2001年にしてもどうなん
> だろう。

でしょでしょ~!
メヒャンは王妃はそんなに古臭くないのに
ナンジョンだけメイクの時代が違うのですよ~
「ワールドスター」だから?


> 別コメントからで恐縮ですが、朴元宗は敬嬪とそんな関係
> だったんですか!女人天下でみたはずなのによくわかって
> いなかったかも・・・。

中宗反正の一等功臣のパクウォンジョンだったら、
敬嬪の養父です(「女人天下」では)。
史実で本当に養父かどうかはわかりません・・・
でも「生まれが尚州」とか最後まで一貫性があるエピソードが出てくるので
養父ってのは本当だったのかなあとも思ってます。

実録かったらもっとがっつり!コメントも記事も書けそうなので
入手がんばりまーす。
[ 2009/04/21 21:36 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


スポンサード リンク






 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント