*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王の女」あらすじ 25話>

第25話「動揺の末に…」

光海君はケトン(キム尚宮)の指示どおり、王妃に懐妊の祝いを述べます。
朝廷では産室庁を設けるという話も出て、ヤンファダンはムッ。
若い王妃に夢中の宣祖に、ケトンが不実を訴えても効果なし。
怒ったケトンは嬪宮にお金を用意させ、流産させる作戦を開始します。

そしてある夜、明火賊牌(盗賊団)を装ったケトンの手先が宮殿を襲いました。
ついでにお化け騒動も起こして宮殿を大騒ぎにさせますが
王妃はけっこう図太いみたいでま~ったく動じず、作戦失敗。
ケトンも嬪宮も、チッ!と悔しそう。

しかしこの件の嫌疑が臨海君にかけられるという思わぬ余波が生まれます。
騒動の夜、本物の明火賊牌たちが、臨海君と不仲だった安東府使と
妓生エセンの元愛人・儒城君を殺していたからです。

エセンが捕らえられると、臨海君は工事監督を殺した理由を宣祖に打ち明け、
息子を信じられないのですか!と直訴。宣祖はエセンを解放しました。

この濡れ衣がユ・ヨンギョンの仕業と知る臨海君は、自分の手で殺してやると宣告。
光海君には、世子の座を奪うつもりがないことを伝えます。

その半年後、王妃が出産しました。
スポンサード リンク
<「王の女」あらすじ 26話>  | HOME | <「王の女」あらすじ 24話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント