*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王の女」あらすじ 16話>

第16話「不始末」

王妃に誘われて昼食をともにしたケトンは失礼発言をぶちかましています。
懐妊中のヤンファダンには松の実粥を差し入れ、毒入りか?と言われて喧嘩。
しかし反省したのか、信城君を亡くしたヤンファダンを慰めろと宣祖に進言します。
のこのこ訪れた宣祖にヤンファダンはケトンの悪口を言い、怒られます。
王妃とピョン尚宮は、これはケトンの計算ずくの行動だと噂するのでした。

生娘遊女カンアとクォン・ピルはチョン・チョルの粗末な墓へ行きます。
そこへ臨海君がきて(チョン・チョルは臨海君を推していた人なので)
必ず迎えに来るから今日はお参りしないと墓に話して去りました。
ここでカンアと恋に落ちればおもしろかったのに、何もありませんでしたね。
クォン・ピルとカンアが結ばれるより、臨海君とのほうがいい!

明のイ・ヨソンは朝鮮を無視して倭と和平交渉を始めていました。
宣祖は激怒し、戦況を好転させようと宣祖と大臣だけ漢陽に帰還することになり、
王族たちは別れの晩餐をともにします。(お手つきなのにケトンは呼ばれません)
その席に膳を運び入れたケトンは宣祖の前でこぼしてしまいました。

義州(ウイジュ)を出る前、王妃とヤンファダンは珍しく意見が一致し、
先日の粗相を不敬罪だとしてケトンの追放を決定します。
宣祖は都へ戻ったらケトンに官位を授けると言っており、
仮宮での立場は女官のままだったので簡単に追放できたようです。
ケトンは二人に反抗し、いつかは宮殿に戻ると言い捨てて出て行きます。
女官長のヤン尚宮はお金を渡し、また宮殿で会おうと声をかけました。
嬪宮はケトンに手紙を預け、身を寄せる先を教えます。

壬辰倭乱から一年半後、宣祖が都・漢陽に戻りました。
月山大君(成宗の兄ですね)の旧宅に臨時の大殿を設置して政治を行います。
二人の王子、臨海君と光海君も都へ入り、父子は再会。
ところが宣祖は臨海君だけに言葉をかけて褒めちぎるのでした。
スポンサード リンク
<「王の女」あらすじ 17話>  | HOME | <「王の女」あらすじ 15話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント