*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「王の女」あらすじ 11話>

第11話「民衆の怒り」

第一王子として戦地に赴くのが当然と考えていた臨海君(兄)。
世子が国王になるとは限らない・・・と光海君に言った後、
二人でこの国を守ってから再会しようと兄弟で誓い合います。

王族たちはわずかな供だけを連れて漢陽から旅立ちました。
中宮殿付きからはチョンボクだけが選ばれ、他の女官は逃げろと命じられ、
女官には向いてないから別の道に進めとケトンは言われます。
民を捨てるのですか!と反抗する臣下たちに、後ろめたい宣祖はたじたじ。
そこへ光海君が現れてカリスマ性あふれる演説をぶちかましました。
そして、宮殿に一人残っていたケトンを迎えに行きます。
手を握って駆けてきた二人の姿を見た嬪宮ユ氏(光海君夫人)はムッ。
飲んだくれメン・ジチョンが、ケトンは役に立つ存在だと嬪宮を説得します。

民を見捨てるかのように都から避難した王族たちに怒った民は
その後、宮殿(景福宮)を焼き尽くしたそうです。

王族たち一行は、坡州を経て平壌の仮宮へ向かいます。
長距離を歩いて移動する最中、光海君はケトンの足の傷の手当てをしてやり、
王族だけに与えられる少ない食事も分けてやります。ああ、素敵な王子様ですよ。
そして怒り狂う民からの投石も恐れずに宣祖のかわりに演説。
光海君の存在感は高まっていき、民は王位の譲渡を希望するようになりました。
厳しい世論に耐えられずキム・ゴンニャン(ヤンファダン兄)は逃亡し、
やむなく追放されるイ・サネ(領相)はチョン・イノンの重用をすすめて去ります。
イ・サネにかわり、もと左相のチョン・チョルが流刑地から呼び戻されました。

避難生活の中、ヤンファダンが40歳で妊娠!すごい!9人目の子供ですよ~。
それと、今回から入り始めた女の人のナレーションが気になります!
スポンサード リンク
<どっちの王子がお好み?>  | HOME | <「王の女」あらすじ 10話>

スポンサード リンク


おはようございます♪

このへん、光海君独創で見せ場シーンが続きますね。チソン効果?
チュンボクは好きですが彼女だけ選ばれるのも妙だなと思っています笑。

また、前後してしまいますが、9話で
>宮殿の庭でケトンと昼間から抱き会ってます!

これもおおさすが「王の女」!と思いました。ラブシーンは大胆に
ふんだんに濃厚に、そして唐突に^^

>幼い頃から一緒に過ごした弟への思いは人一倍篤いもよう
>妓生エセンは女優っぽくないのですが、本業は演歌歌手

10歳まで光海君は臨海君の腕枕で寝たといってましたよね。
すごい仲のよい兄弟だな、と思いました。早くになくなったお母さん
の話になるとますますそれを感じます。

エセンの歌、お気に入りで、OST探しているんですが・・
誰にも賛同されたことがありませんー。渋くて好きなんですけど。
お顔立ちより(失礼!)歌唱力で採用なのかな、と思いました。
今までの時代劇にない試み(?)でいいなと気に入っています。

>カンア、見たことがあると思ったら「女人天下」の嬪宮さま
>あんなバレバレの男装していた人の正体に今さら驚く演技、
>お疲れさまです!

そういえば女人天下DVDは7月から発売だそうです!楽しみです。
嬪宮さまもそもうち出てくるかな、楽しみです(今38話まできました)。
時代劇の男装、髯がないからバレッバレですよねー人によっては
男装姿のほうが色気があるし(爆)。
[ 2009/04/18 10:35 ] [ 編集 ]
黄梅さま、こんにちは!

> チュンボクは好きですが彼女だけ選ばれるのも妙だなと思っています笑。

たしかに!
そんな優秀な女官だったのか?と突っ込みたくなりますよね。


> これもおおさすが「王の女」!と思いました。ラブシーンは大胆に
> ふんだんに濃厚に、そして唐突に^^

そうそう!唐突なんですよ!
だから一瞬「またケトンの一人妄想か?」と思ってしまいます。


> エセンの歌、お気に入りで、OST探しているんですが・・
> 誰にも賛同されたことがありませんー。渋くて好きなんですけど。
> お顔立ちより(失礼!)歌唱力で採用なのかな、と思いました。
> 今までの時代劇にない試み(?)でいいなと気に入っています。

絶対歌唱力採用ですよね。歌うシーンをあえて作ってますし。
本職は演歌歌手かなにか?と思っているのですが違うのかなあ・・・
エセンがもし歌手ならそっちのCDを手に入れるという手はだめですか?


> そういえば女人天下DVDは7月から発売だそうです!楽しみです。
> 嬪宮さまもそもうち出てくるかな、楽しみです(今38話まできました)。

7月ですか!楽しみだなあ~
嬪宮さまの登場はまだまだ先です~世子が大人になってからなので。
気長にお楽しみくださいませ♪
[ 2009/04/18 11:06 ] [ 編集 ]
こんにちは。
マイルール崩壊の黄梅です。お邪魔します!

>そうそう!唐突なんですよ!
>だから一瞬「またケトンの一人妄想か?」と思ってしまいます。

普通、「ばったり出くわし」⇒「ぎこちない会話」⇒「じれったさに苦悩する二人、
でも感情が高まってきて」⇒高潮しきったところで禁断のラブシーン突入!
となると思うのですが(たぶん)、「王の女」だとそのへんすっとばしていきなり
熱烈ラブシーンに突入でいわば前説小物花火なしでいきなり大物をバンバン
打ち上げる景気のいい花火大会のような感じがします(わかりにくくてすみま
せん)。やはり前説がないと視聴する側の盛り上がりが・・
単純にびっくりするし^^

>絶対歌唱力採用ですよね。歌うシーンをあえて作ってますし。
>本職は演歌歌手かなにか?と思っているのですが違うのかなあ・・・
>エセンがもし歌手ならそっちのCDを手に入れるという手はだめですか?

なるほど!その手がありましたね。アドバイスありがとうございます!
「王の女」OSTは調べた感じもしかしたら韓国でも出ていないかもです
(打ち切りのせいか?)。私の知っているパンソリとはだいぶ違う感じなので
別ジャンル(韓国演歌みたいな)の歌手という線も考えて、継続して調べて
みます、エセン役自身が歌手なら探せるかもしれませんよね。やった!

>嬪宮さまの登場はまだまだ先です~世子が大人になってからなので。
>気長にお楽しみくださいませ♪

ほんとですか。楽しみにしています!
チョン・テウをこの間「テジョヨン」で見たら、天才策士で、なんか「夭折する役」
イメージが固定しすぎた私にはなかなか慣れませんでした・・
彼が死なないと落ち着かないのかも?(ひどいですね・汗)。




[ 2009/04/19 08:09 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント