*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 59話>

チャンヒビン第59話「心変わり」

下女チェ氏が持ち込んだ「謝氏南征記」はやがて中宮殿の女官の手に渡り、
どうせヤらしい本でしょっ!と読んでみた王妃チャン氏(オクチョン)は大~~噴火!
その後、“私への気持ちが尽きていないのなら”と兄の異動を粛宗に承諾させます。

こうしてめでたく総戎使(チョンユンサ)となったヒジェ(王妃兄)に
スクチョン(ヒジェ後妻)は宮中に小説が出回っていないか調べろと助言。
ヒジェが宮殿に向かう道中、前妻チャグンアギは泥をぶつけてます!

ミン・ジャンド(南人派)は下女チェ氏が頻繁に外出していると門番から聞きこみ、
王妃も非番のたびに外出するチェ氏が小説を持ち込んだと目星をつけます。

街に出て民心を知った粛宗は、臣下や民から意見を求める求言(クオン)を実施。
“過去を恥じている”という発言まで飛び出し、南人派は焦ります。
東平君は、粛宗の気持ちの変化を食い止める手立てがないことを悟っていました。

ナム・グマン(西人少論派)、パク・チェセ(先生と呼ばれる人)、に
イ・モン(商人)、ハン・ジュンヒョク(西人少論派)らは、
「謝氏南征記」がキム・マンジュンの文体でありチュンテクの仕業だと見抜きます。

廃妃の誕生日、王妃チェ氏がお祝いをしている者がいないか目を光らせる中、
下女チェ氏は部屋でひそかに祝い膳を用意していました。
巡察から戻った粛宗が両班の服装のままチェ氏の部屋の前に立つと、
王妃を心配するチェ氏の声が聞こえてきました。
チェ氏の部屋に入り、小説のことを訪ねて入手する粛宗。
今夜はここで過ごすという粛宗に、廃妃を裏切ることになるとチェ氏は断り、
粛宗はチェ氏のやさしい心に感動して抱き寄せるのでした。
スポンサード リンク
<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 60話>  | HOME | <「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 58話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント