*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「紫禁城~華の嵐~」あらすじ 14話>

指輪を門から持ち出そうとした汪(ウォン)公公は、飲み込んでしまって医院送りに。
問い詰める孔武(ホンモウ)に、井戸にあった白骨死体がつけていたと告白します。
孫清華(シュン・チンワー)はその翡翠の指輪をつぶし、皇后に報告。
あの白骨死体は、昔皇后が殺害させた燕貴人(イングァイヤン)だったのです。

その夜、孫清華は珍しく息子・孫白颺(シュン・パッヨン)が滞在する妓楼を訪ねて
酔いつぶれます。父を運び、久しぶりに家で妻と過ごす孫白颺。
妻は気遣いのできるやさしい人なのに、お気の毒ですねえ・・・。

後ろ盾・如妃(ユーフェイ)を失った玉瑩(ヨッイン)は感染病と診断され
延ネ喜宮(インヘイゴン)に部屋を移されます。
気を利かせてそんな診断を下したのだろうと如妃たちは話しますが、
孫白が彼女の身を思いやっての診断だったようです。
感染病なのでお金や持ち物は全て燃やされ、玉瑩は泣き叫ぶのでした。

名札を養心殿(ヨンサムティン)に届けると、今晩お相手できます♪という印。
そう、産後の静養を済ませた如妃が現役側室として復帰しました。
皇帝は早速如妃を訪ねて久々のラブラブトークを楽しみますが
如妃の頭に白髪を見つけて急激に醒めたもよう。
その後宝嬋(ホウシン)が白髪に気づき、如妃は愕然として鏡を見つめます。
“ここ数年で如妃は急に老けてきたからそろそろ引退ね”と皇后が言ってましたね。

糸の切れた凧を追いかけた爾淳(イーソン)は、皇帝とぶつかり名前を聞かれます。
その香り袋をくれという皇帝の頼みを断り、新しいのを作りますと答える爾淳。
そのようすを眺めていた如妃は、皇帝の頼みを断るなんて!と叱ります。
故郷の従兄弟がくれた香り袋なのだと話した爾淳の言葉を信じた如妃は
他に想い人がいるならと警戒心を緩め、玉瑩にかわる手下として目をつけます。

皇帝にあげるなら龍ではなくオシドリの刺繍をするべきですよと爾淳に教え
福貴人(フォッグァイヤン)のようになってはいけないと諭す孫白颺。
あなたがいるから福貴人は寂しくないんじゃない?と爾淳はひねくれてます。

ある日、福貴人を訪ねた爾淳は、彼女が部屋で倒れているのを発見。
また倒れたのねと軽蔑して世話をしない召使を爾淳は叱りつけています。
花形ではない側室はどのドラマでもみじめな扱いなんですねえ・・・。
自分は入宮して1年で貴人になり近づく人も多かったと爾淳に語る福貴人。
でも孫白颺だけが病気になってからも態度を変えなかったのです。

部屋を隔離されて没落した玉瑩は荒れ狂っています。
濡れ衣なんです!と如妃に泣きつくとかんざしを投げ与えられ
顔を傷つけたら信じてやるという答えが返ってきました。
スポンサード リンク
<「紫禁城~華の嵐~」あらすじ 15話>  | HOME | <「紫禁城~華の嵐~」あらすじ 13話>

スポンサード リンク


>皇帝は如妃の頭に白髪を見つけて急激に醒めたもよう。

白髪、シワ、たるみも美しいと思うんですが・・(建前でなくたんに私が
熟女のラブシーンも嫌いじゃないので)、皇帝の趣味は単純ですね!
って普通そうか!

白骨になるのが早くないかと思ったら、別人の死体だったんですね。
また、>自分は入宮して1年で貴人になり、貴人に1年って早いなー
と思ったのに、それだけに惨めさ倍増なのでしょうね。

なんだか玉瑩にあまり感情移入できず、どちらかというと安茜のほうが
気になる私です。あと展開が早くって、さすが香港ドラマ!目が回り
そうです。大陸のテンポが懐かしいです。韓国ドラマだと展開が早くて
も気にならないのに、同じ中華圏の別ペースに慣れていると、余計に
違和感を感じてしまうのかな・・・と考えています。
[ 2009/04/12 22:35 ] [ 編集 ]
黄梅さま、いらっしゃいませ♪

白髪やらシワやらたるみやら・・・まさに思い当たること満載なので
如妃が老けた云々のエピソードは私には見過ごせません(爆


> また、>自分は入宮して1年で貴人になり、貴人に1年って早いなー
> と思ったのに、それだけに惨めさ倍増なのでしょうね。

貴人ってけっこうすごいですよね。寵愛されてたんでしょうね。
福貴人さん、美しいし(西村知美をもっと美形にした感じ?)。


> なんだか玉瑩にあまり感情移入できず、どちらかというと安茜のほうが
> 気になる私です。

たしかに玉瑩には感情移入しにくいですが、
まあこれからもいろいろ起こりますから楽しまれてください♪

私は安茜も爾淳も玉瑩もそれぞれに人間らしくて好きです。
はっ、ナンジョンには全然感じなかった感情ですね。
[ 2009/04/13 18:45 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント