*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 46話>

チャンヒビン第46話「罠にはまったライバル」

服を届けた針房の下女が呼ばれ、お決まりの拷問が始まります。
チャン禧嬪は王妃の制止も無視して拷問を続け、
ハン尚宮をかばいたい王妃は自分の仕業だと告白しました。

事件を知った粛宗はハン尚宮を捕らえて背後の黒幕を明かそうとします。
王妃は粛宗に自分の落ち度だと謝り、事件は一旦収束。
厳罰を望むチャン禧嬪に、粛宗は広い心で包めとたしなめました。

王妃は拷問を受けた下女をわざわざ見舞い、御医に看病を頼みます。

王妃様とキム貴人(キイン)が怖くてたまりません、オヨヨ~!という
チャン禧嬪の再三の申し出に粛宗は王妃と対決。出て行けと言い渡します。
でも領議政のクォン・デウンはじめ大臣たちは廃妃に反対します。(南人派なのに)
粛宗はソン・シヨル(西人派長老)の処刑を認めるかわりに
王妃を追い出したいと思っているようです。

ここで、キム・チュンテクという男が登場します。
粛宗の最初の王妃仁敬王后(インギョン王后)の父キム・マンギの孫なので
前王后の甥にあたる人物。流刑中のキム・マンジュンはキム・マンギの弟だそう。
都へ戻った彼は、ミン・ジヌ(王妃兄)やホン・チサン(淑安公主息子)と同調します。

チャン禧嬪の女官が庭に何かを埋めるのを、キム貴人付きの女官カンイが目撃。
報告を受けた貴人は庭に行き、女官たちに掘り返させますが、何も出てきません。
ところでこのカンイはまだ禧嬪と通じているのでしょうか?それともあのときだけ?

貴人たちが庭を掘り返していると知ったチャン禧嬪は、
刃物が突き刺さった自分の人形を粛宗に見せて、庭に埋まっていたと告白。
粛宗が庭へと急ぐと、女官に穴を掘らせている貴人がいました。あ~あ・・・。
早速貴人は捕らえられ、宮殿から追放されることに。
キャンキャン吠えるだけで、噛みついて傷を負わすのは最後まで無理でしたねえ。
スポンサード リンク
<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 47話>  | HOME | <「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 45話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント