*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 40話>

チャンヒビン第40話「ヒジェの入宮」

大王大妃の見舞いをキム貴人(キイン)から拒否されたチャン昭儀(ソイ)は
粛宗が来るまで大王大妃殿の前で立ち続け、追い出されました(涙)アピール♪
大王大妃は粛宗に外戚を取り調べるなと頼み、一旦取り調べは中止されました。

王妃母が淑安公主に救いを求めても、この件は手に負えないと冷たく言われます。
ナム・グマン(西人少論派)とチェ・サソク(南人派)が
ミン・ジヌ(王妃兄)の赦免を願い出ると、粛宗はあっさり王妃兄を釈放しました。

なぜ王妃の肩を持つ!?とチャン昭儀やヒジェ(昭儀兄)が怒る一方で、
なにか粛宗に考えがあるのだ・・・と冷静な東平君。
その読みどおり、粛宗はミン・ジヌの背後勢力に一撃を与えたいと考えており、
就善堂に出入りしてチャン昭儀を守れと東平君に命じつつ、
ヒジェ(昭儀兄)をそばにおきたいと明かしました。

こうしてヒジェは内禁衛の別将に出世。
普段からマヌケな振る舞いが目立つヒジェの嫁は勝手に土地を買って怒られ、
妓生スクチョンは相変わらずヒジェに尽くしています。

キム貴人はチャン昭儀の懐妊が嘘ではないかと疑い、
医官を呼んでしつこく問いただし始めました。
スポンサード リンク
<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 41話>  | HOME | <「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 39話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント