*韓国ドラマあらすじ部*

韓流時代劇(韓国歴史ドラマ)の最終回までの全話あらすじストーリー(ネタバレ)&感想レビュー&人物相関図など。女人天下、同伊(トンイ)、王女の男、チャンヒビン、馬医、王と私、王の女、正祖イサン、大王世宗(テワンセジョン)、太陽を抱く月、キムマンドク、インス大妃etc

おしらせとご案内 時系列順ドラマ一覧 あらすじ部 新館 あらすじ部 古代・中世館 あらすじ部 資料館
【ダイナミックパッケージ】 ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(最大20,000軒)を自由に組み合わせて、あなただけのオリジナル旅行が作れます
スポンサード リンク

<「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 38話>

チャンヒビン第38話「新たな朝」

大きな虎の夢を見たとチャン昭儀(ソイ)(=オクチョン)が粛宗に告げると
喜んだ粛宗は約束したままの別堂の工事を再開させました。
そして大臣の辞表を差し戻し、王妃兄を赦免、東平君の人事権を取り消します。
勢いづいた西人派は今こそ東平君をつぶそうといきりたちますが
西人派重鎮のソン・シヨルはそれを止めました。

チャン昭儀が夜空を見上げて実家の母を恋しがっていると、粛宗が訪れました。
オクチョンの兄のふるまいにも感心していた粛宗は、
チャン昭儀の実家に新しい家と奴婢100人を下賜します。
新居があるのは両班しか住めないという高級住宅地キョドン。
(「女人天下」の王妃の実家も、嫁いだ後でキョドンに引っ越しましたね)
ヒジェ(昭儀兄)は毎月上納金(綿)を納めて自由の身になりたい者と
家に同居して働きたい者とに振り分けて奴婢をうまく使いこなしました。
これを知った西人派や淑安公主はますます怒りを募らせています。

領議政のナム・グマン(西人少論派)は数日都を離れたいと粛宗に願い出て
パク先生とよばれる人物のもとを訪れていました。

ある日の經筵(けいえん)の後、(以前も上奏文で処分された)イ・ジンミョンから
再びチャン昭儀のことを進言されて粛宗は激怒します。
なのにまたイ・ジンミョンがまたまた同じ内容の上奏文を提出。
領議政ナム・グマンが不在のため、上奏文を粛宗に見せるか否かで臣下は揉め、
結局上奏文の存在を知った粛宗は怒ってます~。

別堂の工事人たちに食べ物を差し入れたり、
完成したら殿下への思いがこもったものを集めて飾りたいと話したりと、
別堂ができるのを心待ちに過ごすチャン昭儀につわりの症状があらわれました!
スポンサード リンク
<「王と私」あらすじ、始めます>  | HOME | <「チャン・ヒビン(張禧嬪)」あらすじ 37話>

スポンサード リンク


コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する


―あらすじ掲載作品や韓国史劇に関連する書籍(楽天ブックスへ)―

王妃たちの朝鮮王朝 トンイ(前編)

トンイ(後編)

世界の歴史(12)

朝鮮王朝実録改訂版
韓国ドラマ・ガイド 王女の男
もう一歩奥へこだわりのソウル・ガイド
ヨンアの行きつけソウルガイド
ヒョン様の3泊4日ソウル旅行韓国語 イ・サン(第1巻)

イ・サン(第2巻)

イ・サン(第3巻)

朝鮮王朝史(上) 朝鮮王朝史(下) 韓国の歴史 ラグジュアリ-ソウル








 
張禧嬪 チャンヒビンあらすじ

妖婦 張禧嬪あらすじ

王妃チャンノクスあらすじ

王の女あらすじ

宮廷女官キム尚宮あらすじ

同伊(トンイ)あらすじ

王と妃あらすじ

王朝の暁-趙光祖伝あらすじ

太宗大王あらすじ

傀儡王 仁祖あらすじ

正祖大王あらすじ

王女の男あらすじ

大王の道あらすじ

暴君 光海君あらすじ
チャングムの誓いあらすじ

ブログ内検索
最近のコメント